月別アーカイブ: 2017年12月

ぐっばい、2017。

振り返ります。2017。

当時投稿していたインスタなどを用いながらの振り返りとなりますので、若干ナルシスト臭がいつもよりも強めな投稿になる可能性があります。

何卒、ご了承くださいませ。


やっぱりララランドがよかった

もう呆れられるほどに褒めてるんですけど。笑

でもやっぱりよかったなと思える作品でした。近年見た中で自分の好みにここまで刺さった作品はなかった。

>> 2017年に観てよかったと思う映画13本。- つわものどもがゆめのあと

>> 映画「ラ・ラ・ランド」は、この時代を代表する作品になるはず。 – つわものどもがゆめのあと


メルカリでめっちゃ売ったよ

突発的な海外旅行やフェス参戦などで、ちょっと生活資金が尽きそうになったことがありまして、IT系なのにお恥ずかしながら今年初めて使いました。

結論、めっちゃ売れますね。すごいなほんとに。配送の工数と手数料・配送料はよく考えないと馬鹿にならない額になりますが。

主に売ったものは下記とか。10万近く行ったような(気がする)。

  • Paul Smithのトートバッグ ×2
  • Panasonic Doltz(電動歯ブラシ)
  • 土屋鞄の財布
  • Canonの一眼レフ
  • 間違って買ったFILCOのBluetoothキーボード
  • マスターピースのバックパック
  • オロビアンコのショルダーバック
  • 本を数冊

などなど。

他にも売りたいもの(例えば、エスプレッソマシンとか)がたくさんあるので、来年もうまく活用したい。

ただ、突発的に本を売ってしまったのは今思うとよせばよかったな…。壁一面の本棚を目指す吾輩としては…。


久々に鹿児島に帰った

4年ぶりに父の実家。何かとおセンチな感情に駆られてしまうね。

ryoさん(@ryoharaguchi)がシェアした投稿 –

大学2年生以来なので、ほぼ5年ぶりくらい?

久々に帰ったら、満面の笑みで喜んでくれたのはうれしかったな。変えるたびにシャキッとしなくちゃ。と思わせてくれるところです。

どうか長生きしてほしい…。


久々の母校がとってもエモかった

もうこれは相当エモかったです…。

(キャンパスの写真もあるけど、友人モロ映りのため割愛)

歩くたびにその場所その場所で起きたこと、あったことが想起されてくんですね。

大学生時代に戻りたいな!!!と、以前は1週間に1回くらい思う時があったけれど、もうそんなこと思わないように今を充実させなきゃな。


転職したよ

人生の初経験。今年起きた出来事としてはこれが一番大きかったのではないかと。

前職の皆さまには本当にお世話になりました。担当していたクライアントの皆さまに悲しんでいただけたり、転職した今の方が近い距離で関係を築けるようになったのは嬉しかったな。

転職自体を成功か失敗か決めるのは難しく、やはり慣れないことも多々ある今日この頃ですが、自分の思いに従ってこれからも動いていければと思います。

転職を機に長々と認めてました。
>> 転職しました。- つわものどもがゆめのあと

もっと多分に動いていきたい かつ できれば年収も上げていきたいと思う(必要十分でいいんですが、自由を得るためのツールとして持ち合わせたい)ので、来年はよりハードに動きます。(コスパも踏まえて副業に走る気が)

まぁお金よりもまずは、より趣味と仕事の境目をあいまいにしていきたい2018年です。


カメラ買ったよ

今年のベストバイかつ、一番高価な買い物はこれでした。

購入したのはSony α7Ⅱ。価格の割に相当使いやすいかつ高性能かと思います。

これからミラーレスを買おうとしている方はぜひチェックしてみてください。

電池が持たないといったレビューが散見されるものの、割と長持ちしているので〇日間電源スポットがない場所に行くとかでなければお気になさらず。

ただ、一つ難点があるとすれば、タッチパネルでオートフォーカスが合わせられる機能があればいいな…と。タッチフォーカスですね。(おそらく一緒に売られてる、α6500にはついてます)


ニューアコ楽しかったな

最高でした!!!

本格的なキャンプフェス初参戦だったので、結構戸惑ってたんですが。

余韻がすごくて、2ヶ月くらいはまたあの芝生に寝っ転がりたいな..と思ってましたね。

他、去年にも増してライブに参戦した1年になりました。(いつもおすすめアーティストを教えてくれる友人の皆さま、本当にありがとう)


台湾行ったよ

念願の台湾。いやー、食べた。また行きたいな。 #メシレコ . . . #HARAGUCHでも出国できてホッとした (修正ありがとう…) #暑いと思って半袖しか持って行かなかったありがとうコート君 #ホテルが2倍の人数で予約されてた事件めっちゃ笑った #漫画に出たらしい胡椒餅がめちゃうまだった #小籠包はいくらでも食べれてしまう #街並みがブレードランナーそのもの #時たま臭豆腐の臭いテロが勃発 #交通機関もごはんもだいぶ安い #マッサージも安いけど激痛すぎて寝れる人の神経がわからん #日本で幾分稼いで移住ってすごくよいチョイスなんだな #タクシーが課金ごとに音が鳴るけど日本じゃありえないね #赤信号間近で急げ表示になるのも文化を感じた #中国語で自己紹介通じてテンション上がった #さて帰国できるかな . . #台湾 #台湾美食 #台湾観光 #台湾夜市 #台湾飯 #台北 #台北美食 #台南 #台南美食 #台南美食 #taiwan #taiwanfood #taiwaneats #taipeifood #tainanfood

ryoさん(@ryoharaguchi)がシェアした投稿 –

長年の望みがようやく叶いました…!

一緒に行ってくれたTEAM「たいわんにいきたいわん。」の皆さま、本当にありがとう。

もろもろは下記に書いてますのでよろしければ。
>> 台湾。- つわものどもがゆめのあと


博多に移住したくなった

最高ですね博多。

ご飯もおいしくて、物価も安くて、家賃も高くなくて。

出張でたまたま行ったんですけど、はまってしまいそうです..。将来移住したい欲が出てきた。

また伝聞ですが、日本で一番港に近い都市らしいです。確かに漁港が近くにあるから海の幸がとってもおいしかった。

でもそれ以上に刺さったのは、博多で今は流行っているらしき“うどん”!純手打ち麺というらしいですが、つるつる・しこしこ・もちもちな触感で、口の中が幸せでした。

写真のうどんは中でもおいしかった一杯。つけスープにモツが入っていて、モツ鍋っぽく楽しめるかつ薬味の天かすに干しエビが混ざっていて、これまた旨味がぎっしりと詰まっている。

また食べたい…と思ったら同系列店が中目黒にあることに気づきました。行きましょうどなたか。

関連ランキング:居酒屋 | 中目黒駅代官山駅祐天寺駅


ディズニーはやっぱり楽しい

数年ぶりのディズニーランドはやっぱり楽しくて、ダースベイダーのポップコーンバケットにテンション上がっちゃってるの図 #被写体めっちゃ恥ずかしかった #かつ寒い . . スターツアーズ面白かったけど、めっちゃ酔うやん… . . トゥーンタウンがもはやインスタ女子の聖地と化してて、時代が変わったんだなと認識 . . #ディズニーランド #ディズニー #ディズニー写真 #ディズニー男子 #disney #disneyland #東京ディズニーランド #東京ディズニー #tokyodisneyland #tokyodisney #スターウォーズ #starwars #ダースベイダー #ダースベイダー卿 #darthvader #darthvadermask #スターウォーズファン #starwarsfan #startours #スターツアーズ #ワールドバザール #ダースベイダーかっこいい #スターウォーズグッズ #ダースベイダー降臨 #スターウォーズ好き #darth_vader #スターウォーズ部 #スターウォーズ大好き

ryoさん(@ryoharaguchi)がシェアした投稿 –

数年ぶりに行ってきました。(一昨日なんですけど。笑)

年末ディズニーの混み具合はなかなかに凄まじかったものの、そんなこと気にならなくなるくらいにやっぱり楽しかったです。

大学時代とかもう少し積極的に行けばよかったなー。ここまでコンテンツとして成立しているのか…と改めて感心してしまった。

愛してやまないスター・ツアーズが新作スター・ウォーズに合わせてリニューアルしていましたが、なかなかに面白かったです。スター・ウォーズファンは映画の中にいる感覚になれてかなりわくわくするはず。

(しかしながらあっという間かつ、めっちゃ酔う…)

あと驚いた点としては、トゥーンタウンの変わり様。インスタ女子がそろいにそろっておそろいの衣装を着て写真を撮る聖地のようなスポットになってました。

自分の知っているあの昔懐かしい感じとはだいぶ違ってたな…。これが時代の変化ってやつですね。


そんなこんなで割とバランスよく、楽しいことも新しいことも経験できて、総じてよい一年でした。

何のストレスなのか肌荒れがひたすらに治らない一年でもありましたが。そんなことはさておき、2018年も良い年にしたいですね。

ということで、ぐっばい2017。そして、よろしく2018年。

来年もよろしくお願いいたします。
皆さま。良いお年を。

Pocket

【残り5日!】「動物ハンコ」をぜひこの機会に。

WITHSTAMP」、ご存知でしょうか。

>> あなたの動物は何でしょう?|WITH STAMP

谷川商事という印鑑を取り扱う企業と、WWFのコラボレーションプロジェクト。自分の苗字を入力すると漢字の一部が動物に変換されるハンコが作れちゃいます。

例えば「原口」だと下記のように。(購入済み)

原口

変換される動物は、レッドリスト入りしているものでいわば絶滅危惧種。なのでイヤらしさなしに動物たちへの関心を喚起できるんですね。(ちなみに自分は「ギリシアリクガメ」)

・そもそもかわいいからプレゼントに最適
・ハンコとして実際に使える
・売り上げの一部をWWFに寄付できる
・絶滅危惧種への関心の一助となる
・1本2,000円というお手ごろさ

と、なかなかのメリット尽くし。ほんと秀逸だな…。

そんなWITHSTAMPですが、残念ながら年内(2017年12月31日)をもってプロジェクトが終了しちゃうんですね。(悲しい!!)

withstamp

結構可愛いと思うので、残り5日間ですが興味があらばぜひに。

>> あなたの動物は何でしょう?|WITH STAMP

下記はプロジェクトのコンセプト文章です。

それは、名字と動物が、
いっしょになるスタンプ。

あなたの動物は何でしたか?
馴染みのある動物だった人も、はじめて知る動物だった人も。
自分の名字といっしょになると、なんだか愛着がわきますよね。
でも、じつは。そのあなたの動物、
もうすぐ絶滅するかもしれないんです。

まさかと思うかもしれませんが、トラとか、ゾウとか、コアラとか。
絶滅のおそれがある野生生物をまとめた
「レッドリスト」には、よく知られた動物たちもたくさん。
その数ぜんぶで約2万4000種以上。とても深刻な問題です。

なのに、ここ日本では、なかなか身近に感じない。
手を差し伸べたくても、どうしたらいいのかよくわからない。
というのが実際のところ。

だから、つくりました。WITH STAMP。

たとえば、宅配便や領収書の認印など。
お家や会社での普段使いとして。
たとえば、誕生日プレゼントや入学卒業祝いなど。
記念日の贈りものとして。
つくって、買って、押す。あとは、シェアするだけ。
購入金額の一部が寄付になるから、
毎日の暮らしの中で、誰でも気軽に、簡単に。
野生動物の保護活動を支援できるんです。

日本ならではのハンコ文化で、
人と自然と未来をつなぐ後押しを。

ぜひ、あなたもはじめてみませんか?

Pocket

「お金2.0」を読みました。

メタップス社長、佐藤航陽さんの著書です。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
佐藤 航陽
幻冬舎 (2017-11-30)
売り上げランキング: 8

この方は本当に頭が良いというか、頭の使い方が柔軟かつ理路整然としているかつ、自分の想いに正直ゆえに早稲田を中退して起業されている、その行動力を兼ね備えている感じに一種の憧れを抱いています。

知ったきっかけは学生時代に読んだブログ記事。

>> 佐藤航陽のブログ

そして、お金がないから生活に不自由をきたすという自身の経験から、負の解消をモチベーションとされている点にも共感してしまう。

中でもすごいな…というか超大作すぎて結構感動したのは下記エントリとか。

>> 現実を直視しながら理想を持ち続けることの難しさ、人生の「賞味期限」
>> ロジカルシンキングの弱点を考えてみた:ロジックを超えたロジックの話

仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評価経済と、パワーワードが増えまくっている昨今ですが、かなり体系化された解説が載っているのでこの本を一冊読んでおけばすべて理解はできるはずです。

また、今後の技術発展と経済の回り方の関連性にも触れているため、テクノロジーによるパラダイムシフトをまだかまだか…と待ち望んでいるIT系若手起業志望群にもおすすめかなと。

(ただ、”お金とは?”みたいなそもそもの原理原則の解説を多分に求めている方は、経済学の本でも読んだ方が納得できると思いますのでそちらに)

前半は上記ブログ記事を総ざらいしている感もあるものの、個人的には満足でした。(前作の方が好きかつ当時読んだ時に唸りましたが。)

特段なるほどな、と思えた一節をいくつか引用しようかと思ったんですが、切り取ることで全体を通して言いたいこととズレて語弊が生じそうなので、一つだけにしておきます。

…一方で、評価経済や信用経済に対して何となくネガティブな印象を持つ人も多いと思います。その理由にも触れておきます。

 なぜ多くの人が評価経済や信用敬愛に対して違和感を抱くのかというと、今話題になっている大半の仕組みが「評価」や「信用」ではなく、「注目」や「関心」に過ぎないから、ということがまずあげられます。
 ネットのインフルエンサーが集めているのは、興味・関心・注目であって、世の中の人が考える評価・信用とは似て非なるものです。敢えて奇をてらった発言で炎上を繰り返すような人は、確かに他人からの注目を集めていることは確かですが、世間一般で言う評価や信用を集めているわけではないはずです。
 アクセス数やフォロワー数などのデータは、興味・関心・評価・信用などが混同してしまっていて、それらを明確に区別できていません。その人が多くの人に評価されているのか、注目されているだけなのか、面白がって野次馬的にみられているだけなのかは現在のフォロワー数やアクセス数のような簡単な指標からは判断できないのです。もし、今目の前で起きていることが「注目経済」「関心経済」と表現されていれば、多くの方も納得できたでしょう。
 実際は「注目」や「関心」に過ぎないものが、「評価」や「信用」という高尚な概念に「すり替わっている」ことに違和感を覚えている人が多いのだと思います。

現在のインフルエンサーと呼ばれる方々にえも言われぬ違和感があったんですが、この一節で割と腑に落ちました。

気になる方はぜひ読んでみてください。(なんならお貸しします)

Pocket