映画」カテゴリーアーカイブ

TENET

せっかく観たので走り書きでもしたいなと思います。書いておかないと勿体無いくらいに今まで見た作品の中でもエポックメイキングだったので。

(すみません、ネタバレします)

わかったこと

①:基本的なストーリーのタイムライン。順行と逆行が視点によって入り乱れてるのまじで難解すぎますね。

②:”TENET”に込められた意味。回文。組織の名前。10分間(TEN)の挟み撃ち。ヘルクラウムのワードパズル。

ワードパズルだ!!!!と気づいたときまじでびっくりしました。OPERA、SATOR、AREPO、ROTAS….。全て出てきますね。

また、Nが真ん中に位置する。つまりはニールが真ん中にいる。鍵を担うという含みも素敵。

③:逆行弾で撃たれると致命傷になる理由。順行だと「発射前→被弾→療養→回復」となるはずのところ、逆行弾は「回復→療養→被弾→発射前」だと。

ただ、撃たれた側は順行世界にいるので回復しないんですね…。被弾はするけど時間軸だけ発射前に戻るだけで、回復が来ない。まじでイカれてる。

セイターがキャットを撃った際も、逆行弾ではないものの、両者共に逆行側にいる中で撃たれたから、順行に戻った際に被弾しっぱなしの状況が発生した。すると、キャットが回復しない。

だから主人公たちはキャットを、敵アジトではない逆行装置(オスロ空港)にわざわざ連れて行ったと。

④:赤と青の意味。順行と逆行を上手く表してましたね。キャットの赤いドレス似合ってたな….。

そしてマスクの有無。これがあったからカーチェイスをなんとか理解できました。

⑤:最後のニールの行動。まじでこれが一番難解でした。映像が時系列になってないのまじでやめてほしい(褒め言葉)

最後の10分の挟撃作戦の際は、ニールはブルーチームつまりは逆行側。10分の逆行で爆弾の仕掛けに気付く。

この時すでに順行時間では爆弾が爆発しているから逆光のニールは止められない。

だから順行に戻った際、主人公たちに車で注意しますね。でも止められなかった。

最後はこの順行のタイムラインで「世界を救った」と終わるんですが、実はこのあとニールはまた逆行してるんですね。

そして扉の鍵を閉め、敵に打たれて死ぬ。(だから主人公視点だとニールが生き返って、扉が開いたと見える)

(ここが超絶に分かりにくい!!!!!発狂します)

⑥:最後のニールの言葉。まさかのカサブランカのオマージュで痺れました…。

「ルイ、これは新しい友情の始まりだ。」
– カサブランカ

⑦:エントロピーの逆転。未来の地球がもう散々な状況になっているから、エントロピーを逆転させて、物体を全て逆行させることで人類を消滅させる計画なのは分かりました。

逆行マシンを使わずにそれを実現するのがアルゴリズムであることも。

膵臓癌のセイターがそれを行うという、全てを道連れにしてやっぞ。というサイコパス感。

⑧:カーチェイスで主人公は逆行する自分にプルトニウムを投げた。順行シーンで見たときに違和感があったんですが、ああそういうことかと思いました。確認のためにもう一度見たい。

⑨:セイターが自殺する前にアルゴリズムを奪う理由。セイターが死ぬとアルゴリズムも起動すると。

そして、アルゴリズムの爆発が14日に起きると聞いていたから10分の挟み撃ちで、アルゴリズムへと通ずる地下への道を作った。

にーーーーーーーる!!!!!!

 

本当か?と思っていること

①:ニールがマックス(キャットの息子)説。うーん、キャットをめちゃくちゃ心配する様子やら諸々を考えるとありうる気もする。

また、未来の主人公から雇われてますしね。大方密接な関係なのかな。ラストでキャットのことを見つめる主人公を考えると、そういう仲になるのもまぁわかる。

また、ロバート・パティンソンがわざわざ金髪に染めたという話を知り、リアリティがありそうだなと。

そして、それが正とするとまじで最後のシーンが泣けますね。全てわかって死にに行くとは…。

②:順行と逆行で言葉が通じない?説。言葉が逆に流れているから、とのこと。本当かな。

 

わからないこと

①:主人公の今後。

②:プリヤのタイムライン・知っていること。なんでもありやん。役割も不明。主人公に雇われていたというか、もはや牛耳っていたような。

未来で揉めた?

③:現代のテネット組織はどう出来たの?未来で組織化されたことはわかったんだが。

④:逆行した際の身体的負荷。若返ったりはしない?まぁニールを考えるとしなそうだよね。

⑤:毒薬。偽物だった and 試験だったということは分かったんだけど、末期癌のセイターも同じ毒薬を持っていたような…。

これセイターが使ってたら死んだ?

ってことで、なんだかんだメインストーリーの部分は大方理解したかなーと思ってます。

ただ、もう一度見てぇ….、ご一緒してくださる方募集してます。

最近観た映画について好き勝手書くやつ

タイトルの通り、最近見たものに関する感想を記載しておきます。

とはいえ、最近映画を集中して鑑賞し切ることを憚れる感覚があり、ちょっと頑張りたいところだったり。忙しさにかまけているのか、なんだか、2h近く集中しきることが若干辛く思える。他に考え事が多いだけなのかな。切り替え大事。

グリーンブック

【あらすじ】
時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。
ある日、トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。
粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立った──。

もう本当に大好きでした…。色々語りたいですが特にラストシーン、黒人を召使だと思っているからこそ出たかもしれないフレーズだけど、そうじゃないことを祈っているし、だからこそ好きですね。

それ以外だとやっぱチキンの食べ方が印象的。

あの頃、君を追いかけた

【あらすじ】
10 年前_。水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命するまでは。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める浩介。彼と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2 人の距離は一気に縮まっていく・・・。
誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。多感な十代を送ったすべての人に捧げる、可笑しくて切ない、恋の記憶の物語。

主役が食べてるカップ麺がカップスターだったり、PCがmouseだったり、スポンサーの偲ばせ方が素敵ですね。途中のネタ感溢れる何某は置いておいて…。

ものすごく男性目線だけど、中学高校とフェーズを関係なしに、大好きだった女子を逃さずに動き続けることがどれだけ大事かを思い知りました。

なんだかんだ斎藤飛鳥のことが好きすぎて、偏見で観てしまった感があります。彼女と付き合うためならなんでもするだろうな…というのがありありとリアルに感じられる点が、この作品の魔力的な部分でもあるかと。

つまり、乃木坂ファンはイチコロでしょうね。

ハミングバード・プロジェクト

【あらすじ】
野心家のヴィンセントと従兄弟の天才プログラマーのアントンは、カンザス州のデータセンターからNY証券取引所を、直線 1,600km の光回線で繋ぎ、従来よりも 0.001 秒速いネットワークを実現するプロジェクトを立ち上げた。これが実現すれば、株式の高頻度取引(ミリ秒単位の高速で株の売買を行うシステム)において、年間 500 億円以上の利益を得られる。しかし彼らの前には、一万件の土地買収など、苦難に次ぐ苦難が立ちふさがった―。

ぶっちゃけ言うと、題材が面白いのにちょっと残念でした…。

でもラストシーンだけはいいですね。好きです。

イエスタデイ

【あらすじ】
“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。
しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・
ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!
ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。
幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。

前々から気になっていたものの、テラスハウスに出てい男性(誰だっけ)がオススメしていたのを思い出して、観てみました。

まず、誰一人悪役がいないのがすごいですね。終わり方が優しくてよかったです。後腐れなく観れるというか。まぁあとは割とそんなに印象に残る部分はなかったんですが。

エド・シーランって良い役しかできない顔してるなぁ…というのは再発見でした。

蜜蜂と遠雷

【あらすじ】
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜(松岡茉優)。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石(松坂桃李)。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル(森崎ウィン)。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵(鈴鹿央士)。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

ピアノの表現自体を映像に落とし込むこと自体大変なところ、よく映像化できたなーと思いました。芸術全体に言えることだけど、ピアノを主題とすると、音と人物の心理描写で描きがちなので、どうしても映像表現が狭くなるなと。

その点、結構自然に乗り込めたのはすごいと思っていて、演者起因のところと、ピアノと少し外れた部分での映像表現によるところが大きいですね。

また、松岡茉優のことが大好きだと気付きました….。もう明確にファンです。最高。付き合ってください(遠い目)

ロケットマン

【あらすじ】
音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト 100組」にも選ばれ、「僕の歌は君の歌(Your Song)」や、「キャンドル・イン・ザ・ウィンド(Candle in the Wind)」、「愛を感じて(Can You Feelthe Love Tonight)」、そしてタイトルにもなっている「ロケットマン(Rocket Man)」など、シングルとアルバムの総売上は全世界で3億枚を越える伝説的ミュージシャン、シンガーソングライター“エルトン・ジョン”の半生を描いた話題のミュージカル超大作。

演出の臭さなのか、いまいち入り込めなかったのは反省ですね…。主役の演技力も十分知っているし好きなんですけど。

ただ、それはエルトン・ジョンの人生が臭く感じてしまうほどにドラマチックであるという裏返しなんですかね。となると、自分から言うことはもはやないなと。

一点、演奏中に無重力になるシーンは最高でした。本当によかった。あの演出は初めて見たな…。

パーティで女の子に話しかけるには

【あらすじ】
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

政府的プロパガンダである70年代のアメリカにおける「宇宙人」というのモチーフと、反政府的なパンクロックが混ざり合うとどうなるか。というのはすごく面白いテーマでした。

ただ、それ以外はよくわからなさに圧倒されちゃった感じはあります。原作ではパーティの描写中心の短編らしいですね。

いろいろ言いたいことはあるんですが、エルファニングが可愛いから何時間でも観てられるなぁと(単純)

ちなみに自分は、下記のYoutuberがこの作品を推してて観ようと思ったので、映画好きで気になっている方は是非に。

学歴の値段 集金マシーン化した米大学の真実

【あらすじ】
全米の大学で問題化している学費の高騰。学費ローンに困窮する学生の実情を追い、学歴社会の問題点を提起したドキュメンタリー。
全米の大学で問題となっている学費高騰の実情を追いながら、学歴社会の問題点をわかりやすく提起したドキュメンタリー映画。高等教育に対する国家予算は年々削減され、学費ローンを組む学生が急増。また、無計画に建設される学内施設や、巨額の報酬を受け取る学長の存在も浮き彫りに。学内が“パーティー天国”と化し、高等教育が金持ちのものとなり、本来あるべき姿を見失っている現状を、関係者のインタビューを交えて映し出す。

結局、すごい流し見しちゃいました…。

いかにも大学の授業での参考文献って感じだったなと。まぁそうだよねー、という。

決してつまらないわけでもないし、起きている事態はとてつもなく重要であることは認知しつつ、100%集中しきるにはちょっと冗長かなと….。

CLIMAX クライマックス

【あらすじ】
1996 年のある夜、有名な振付家の呼びかけで選ばれた 22 人のダンサーたちが人里離れた建物に集まり、アメリカ公演のための最後のリハーサルをしている。彼らの集まる建物には電話がない。山奥のために携帯も通じない。そして、外では雪が降っている。公演前の最後の仕上げともいうべき激しいリハーサルを終え、打ち上げパーティを始めたダンサーたちは、爆音ミュージックに体を揺らしながら、大きなボールになみなみと注がれたサングリアを浴びるように飲んでいた。しかし、そのサングリアには LSD(ドラッグ)が混入しており、ダンサーたちは、次第に我を忘れトランス状態へと堕ちていく。エクスタシーを感じる者、暴力的になる者、発狂する者・・・・一部の者にとっては楽園だがほとんどの者にとっては地獄の世界と化していくダンスフロア。一体誰が何の目的でサングリアにドラッグを入れたのか?そして、理性をなくした人間たちの狂った饗宴はどんな結末を迎えるのか・・・?

正直観ていられなかったな…。ただ追体験ができる点はいいのかなと思います。

このラリり方が演技だと思うと、本当すごいなって感じですけどね。

長回しによる没入感は凄まじくて、カメラアイが動き回ることでシンプルに酔う感覚に襲われ、見ているこちらまで具合が悪くなりそうだなと思いました。実際酔う人は多そうなイメージ。

ぜひ体調のいい日に観ていただきたい…。

スカイウォーカーの夜明け

8で割とぐちゃってしまった感が否めず、今回どうなんだろな…と思ってたんですが、結論、期待値以上によかったなと。

映画作品単体としたら評価が割れてしまいそうだし、ツッコミどころも相変わらず満載なんですが、スターウォーズファンという前提で観ると最高だと思います。なんてったってオマージュだったり、細かな設定が満ち溢れているので。

(とはいえ、結構温かな目で見ないと評価はできなそう…。)

下記、思ったことを忘れないように諸々メモしたいと思います。(ネタバレがあるのでまだの方はここまで)

・海で戦うシーンはエピソード3のオマージュに当たりそう
レイのフォースに力が宿りすぎてびびったけれど。

・パルちゃん強すぎ
一人で艦隊レベルやん。というか、原子炉ファンに落ちていって生きているってどういうこと?

・最後二人の墓?にライトセーバー埋めにいくのよかった
レイアがライトセーバーのトレーニングしてたの初耳すぎてびっくりしたけど。ただ、ファミリーネームがないレイがその地で名乗る意義…。

・ルークがまたXウイングあげるのよかった
そのXウイングにルークのヘルメット被って搭乗するのもファンとしてもたまらん…。

・ハンソロの名誉勲章をチューバッカがもらうの素敵
だけど、マズ・カナタなんでも持ってるキャラになると、なんでも成立してしまうことになるな…。そもそもルークのライトセーバーも持ってたのなんで?

・レイアのライトセーバーが白かった理由
これは、アニメ版?か何かに出てくるらしく、ジェダイを守る意思を象徴する色らしい。枯渇したジェダイ、スカイウォーカーの血統を大事にしていくという意思を重ねるとなるといい演出だなと。

・シス・ウェイファウンダーという名前…
ダサすぎないか…

・フィンはレイに何を言おうとしてたんだ?
自分もフォースが使えるって報告?愛の告白?

・どことなく「ダンケルク」
民間船が集結する感じが。

・連続ハイパースペース・ジャンプかっこよかった

・ランド・カルリジアンなのになぜか感動しなかった…。
登場シーンが残念すぎる

・全体的に理由が薄いよね
生きていた理由、回復した理由など、諸々謎を残しすぎていていくらでもつっこめてしまう。ただそれが製作陣の意図ならばもう仕方ないなと

・ライトサイド、ダークサイドと血筋が入り組んだ選択が良かった
ライトからダークに行ったアナキン、それを取り返したルーク。今回は血筋はダークなレイと、ライトなカイロレンがお互いに交差しようとするんですよね。この構成は最高だった。

話は変わりますが、エピソード7でライトセーバーの構え方を見た瞬間に”レイの正体”に気づいた友人、ほんと尊敬だなと。