徒然」カテゴリーアーカイブ

5年ぶりにストレングスファインダーしてみた

転職二社目のタイミングで一回やったことがあるんですが、再度トライしてみました。

ので、メモとして残しておきます。

割と直感的に答えた結果、下記の5項目。

戦略性
戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

持っている才能によって、あなたは、言葉を適切に組み合わせて、自分のアイデアや感情を伝えます。
議論している中で、最適なフレーズや用語を引き出すことのできる語彙力を持っています。
あなたはおそらく、簡単かつ上品に自己表現するでしょう。
生まれながらにして、あなたは、ときどき、機会や状況に没入して対処のヒントを探します。
過去や現在の出来事を元に因果関係のパターンをつなぎ合わせることで、あなたはときどき特定の目標への別な道筋を提案できることがあります。
あなたの不意を打つような物事はほとんどないかもしれません。
なぜそうするかと言うと、複数の選択肢について調べたり革新的な解決策を考えたりして、問題が起こる前にそれを回避しているからかもしれません。
多くの場合、あなたは、必要なときには、適切な言葉がいつも頭に浮かぶことに気づいています。
あなたは、言葉を快適に操ることで、口頭や書面による意見や感情をほとんど苦労せずに表現できます。
他の人たちは、彼らにもわかりやすい言葉を使って情報、考え、感情を伝えるあなたの能力に助けられています。
おそらくあなたは、定期的に、他の人が見落とすような問題点を見極めます。
解決策を練り、適切な回答を見つけ出すかもしれません。
おそらく、あなたは自分自身や他の人、または状況について、ある特定の物事を改善することを切望するでしょう。
また、ある特定の種類の講座や本、活動に惹かれるかもしれません。
それは、あなたが探し求めているスキルや知識をそれらが与えてくれるからでしょう。
強みによって、あなたはときには、一人で仕事をすることを選ぶことがあります。
問題を特定するうえで自分の才能、知識、スキルを信頼しているのかもしれません。
数多くの解決策を検討してから適切な行動を見極めるかもしれません。
ときどき、疑問や答えが大した努力もなく思い浮かぶことがあります。

内省
内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。

強みによって、あなたは物事を自分のペースでやるのが好きです。
読書が決まった日時までに終わらせなければならない課題になってしまうと、読書を苦痛に感じます。
そのため、締め切りがあると、書籍等を読む込むことの喜びが失われてしまいます。
持っている才能によって、あなたは、過去に焦点を当てた本や記事に魅力を感じます。
信じがたい困難を勇気と恩恵によって克服した人々の話を読むと、あなたの感情は揺さぶられます。
読書は、あなたを過去へと連れていきます。
あなたは、心や精神が変身したまま現実に戻ることがよくあります。
あなたは本能的に、いつも、優れた助言をします。
あなたの読む資料の選択は、人々の質問によって左右されることがよくあります。
初めて読む場合でも、再度読み返して記憶をよみがえらせる場合でも、あなたは読書を楽しみます。
他の人に役立つ発見は、あなたに大きな喜びをもたらします。
多くの場合、あなたは、一人でじっくり考えるための静かな時間を邪魔されたくありません。
あなたは、本を書いたり、メディアにインタビューされたり、講演に招かれている人だからといって、その人の考えのすべてを無条件に受け入れることはほとんどありません。
それどころか、あなたは、著者、講演者、哲学者の理論や概念を精査します。
あなたは、批判的な物の見方をする人です。
おそらくあなたは、1週間に最低5時間は一人になって考える時間として決めます。
おそらく雑念や割り込みを取りはらう方法を見つけているでしょう。
家族、友人、同僚、チームメンバー、クラスメなどと過ごす時間が少ないという事実を受け入れています。

適応性
適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

強みによって、あなたは明日の風は明日吹くと考えるときがあります。
なぜなら、あなたは、明日にはまた別の要求、心配、懸念、機会が生じることをわかっているのでしょう。
持っている才能によって、あなたは、他の人の要求や問題を知ったらすぐにそれに取り組むかもしれません。
多くの場合、あなたは、今を生きることに集中する傾向があります。
人生で起こる良いことを謳歌する能力あるかもしれません。
ほがらか、おおらか、希望に満ちた態度について人々からコメントされることがあります。
おそらくあなたは、人生を自然な成り行きに委ねます。
事態が展開するたび道を見出せると自分を信頼しています。
あらかじめ決められた計画や標準化された体系に縛られることを拒みます。
今その瞬間の人生を体験するのが好きです。
自分の人生がどうなっていくのかを楽しみにしています。
生まれながらにして、あなたは、あなたには、休養してくつろぐための時間が必要です。
活動や任務を次から次へと忙しく飛び回ると、精神的、肉体的、または感情的に大きな影響がでるおそれがあります。
そのため、他の誰もがやっていないことをやるのではなく、彼らと同じ方向に進むことを好みます。
通常、あなたは彼らが用いているプロセスを用いるようにしています。
協調的になることは賢明で効率が良いだけでなく、あまり疲弊しないとあなたは考えています。

着想
着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

多くの場合、あなたは、可能性を考える人たちと時間を過ごすのが楽しいのでしょう。
彼らが誰も考えなかったような興味深いアイデアを提示してくれるときは、特に楽しいです。
あなたは、医学や政治、ファッション、再生可能なエネルギー源、人道的支援、芸術などの最先端について探索するのが好きです。
持っている才能によって、あなたは、特定の種類のプロジェクトに関する革新的な考えを編み出すコツを心得ているようです。
改良や改善が必要な物事への取り組みに魅力を感じているはずです。
あなたは本能的に、従来の手法とは異なった、または新しい方法を無意識に考えます。
あなたの頭はアイデアであふれています。
おそらく自分の話を聞いてくれる人なら誰にでもアイデアを熱心に伝えるでしょう。
おそらくあなたは、ときどき、立ち止まって新しい考え方をするように他の人を仕向ける発言をすることがあります。
強みによって、あなたは人々の言葉に耳を傾け、彼らが自分のことをどう考え、どう話しているかを突き止めます。
あなたは、人々があなたをどう見ているかを敏感に察しています。
あなたはおそらく、一部の心をつかみ、その他の人を感心させたいのでしょう。

個別性
個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

おそらくあなたは、困っている人を支援することで、大きな喜びを得ます。
持っている才能によって、あなたは、さまざまな人々を人生に招き入れることがあります。
おそらく、彼らの違いを尊重するのは、あなたにとって簡単なことなのでしょう。
あなたはたぶん、それぞれが得意なことを見つけるでしょう。
その洞察により、才能や技術、知識に基づいてグループのメンバーを組み合わせることができます。
あなたはおそらく、協力体制が例外ではなく当たり前になるように、人を配置するでしょう。
生まれながらにして、あなたは、先を見ている人たちと共に過ごすことが大きな楽しみです。
あなたは、そのような人々を喜んで支援しようとします。
それはおそらく、そのような人々と一緒に仕事をするときに、あなた自身や他の人々の数か月、数年、または数十年先の見通しが得られるからです。
あなたは本能的に、忙しい状態、特に助けを必要としている人のために奔走するのが好きです。
家庭や職場、学校や社会でも誰かの良いパートナーであることが多いでしょう。
期待された以上のことをする傾向があります。
なぜなら、おそらく時間を無駄に過ごしたくないからでしょう。
そのため、志願してプロジェクトに参加したり、追加の仕事を求めたりします。
多くの場合、あなたは、人々が目標を達成するためにはどんなことでもやるべきであると考え、そのように駆り立て、導き、ときにはそれを要求します。
あなたが前面に出て権力を行使しようとするとき、ほとんどの人はより良い方向に進むようにあなたに後押ししてほしいと望むでしょう。

とっても直訳的な文章に笑いましたが、5年前と少し結果が違っていたのは面白かったな。

“適応性”などと聴こえの良い言葉が用いられているけれど、裏を返せば計画性がなく人生のプランニングが甘い部分があるので、少しばかりは方向性を組み立てていかんとなー。

ただ、内省の「おそらくあなたは、1週間に最低5時間は一人になって考える時間として決めます。」とかは、選択肢をそのままコピペしたような文章なんだけど、結構適当説あるのかな。

競争性がなくなり、着想と個別性が新たにランクインしたのは、代理店に転職したことが影響してたりするのかな?それは影響受けすぎか。

フリーランスを挟んだことも大きな要因になっていそう。

定期的にやってみると、また発見があって良さそうだなーと思いました。

過去の結果はこちら

2022

あけましておめでとうございます。

気づけば新年を迎えていましたかつ、あっという間にもう10日ほど過ぎててびっくりです。

昨年のラップアップとしては下記の通り。

・とうとう三十路を迎えてしまった
・フリーランスでご一緒する企業が40社を超えた
・十社以上同時進行すると息をするかのように働かざるを得なかった、割と稼働の限界が見えた
・刺激的な案件が多くとても楽しかった、ありがとうございました
・家から出なさ過ぎたな、お酒飲み過ぎたな
・ベンチャーを歩んできた身としてフリーランスを経由して大企業に転職という決断をした(これが一番のハイライト)
・ウェビナーに10本くらい登壇した
・川崎フロンターレ2連覇おめでとう、Jリーグが唯一の楽しみになりつつあった
・昨年に比べ、より戦術的に俯瞰してサッカーを見ることができるようになった(気がする)
・確定申告はやはり計画的にできなかった
・さらば青春の光、ラランドのyoutubeにハマった
・まさかのパクチー克服
・Ubereatsし過ぎて反省、今年は少し控えます(配達員さん本当にありがとう)
・美術館に宿泊する童貞を卒業した
・ひたすら公開用のnotionを作成する職人だった時期があったな(採用サイトなど)
・東京オリンピックの久保くんの涙…
・漫画をたくさん読んだな
・韓国ドラマやっぱすごいし、オーディション番組最高でした
・ヴィンチェンツォ、大豆田とわ子と3人の…が印象的
・ガルプラをはじめオーディション番組の楽しさを知った、そしてK-POPは歌だけでなくダンスもラップもあるのすごいな

先月から正社員となり、カルチャーギャップが凄過ぎてもはやわかりやすくやられてますし、もう一生慣れることなどないのでは?と思うのですが、いち早く楽しめるように頑張らねば…と思う2022年の始めです。

(個人事業主の廃業届を出すのは時代に逆行しているというか、少し寂しい気持ちでした)

そして、少し減量するぞ!人にたくさん会うぞ!新しいことをするぞ!いつ何時も今を最優先し、あの頃ああすれば思考はもうしないぞ!たくさんカルチャーに触れるぞ!クリエイター側に回るぞ!

と、そんな感じで、不束者の私ですが、今年も皆様よろしくお願いいたします。

気がつけば、三十路

になりました。毎年実感はゼロですが。

お祝いしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

友達が本当に少ない勢かつ単純なので、こういった機会に人に恵まれていることを実感しますね。

「”一瞬を逃すな”って大人は言うけど何でだと思う?」
「人生はそのときそのときの一瞬一瞬が付いて回るものだ」

上記のようなスタンスで生きていければと思っていたので、これまで道のりを気にせずに比較的“猪突猛進や!”と生きてきた質ですが、まだまだ人生は長い。

(ちなみに、上記はとある映画のセリフ。これだけで分かった人は今度飲みましょう)

例えば、20から70まで働くとしたら、まだ10年のみ。まだ80%を残していますしね。

そして段々と身体は老いていき、無茶な働き方もできなくなる。(すぐ働くで考えるのほんとどうかと思いますが)

そういった点も、少しばかりは意識する歳にしていきたいなと思います。

いい機会なので、改めて大事にしたいポイントを書き記すことにします。

・会いたい人に積極的に会いに行く
コロナ出不精という言い訳により、本当にさまざま申し訳なかったです…。忙しかったというのももちろんありますが。

今しかない今を、より大切にしていきたいと思います。

・知らない人と出会う機会を増やす
上記と通ずる部分が大きいですね。

・作品を浴びる、触れる
振り返れば29歳のうちに鑑賞した映画はたったの4本。そして積読の冊数は数知れず…。

数が正義とは決して思っていないものの、もう少しどうにかしたいなと。

その点、新たなドラマにハマったり、オーディション番組で輝く演者のプロ意識に感化されたりと、外出自粛のいい面もありましたが。

・限界まで遊んでみる
遊びましょう。

ここまでわりかし真面目路線で生きてきた(はずな)ので、一旦脱却したいな感が強いです。

・積極的にアウトプットする
まだまだ人目を気にしてしまう節が。

よろしくないですね。お構いなしにいきます。

・ふらりと旅に出てみる
新たな職場が月1で有休付与?とのことなので、有効活用したいな〜〜〜〜〜

・続けられる趣味を一つ増やす
候補としてはギター(所持)、キャンプ(車がない…)、ドラム(置けるけど音どうしよう)、楽曲制作(ピアノやってたしこれが一番可能性ある?)。

・身体をより鍛えてみたい
アルコールでチャラになっている感がありますが、頑張るぞ

と、人生の長さとは全く関係のないポイントを列挙しましたが、怪我や病気なく健やかに過ごせればいいな、と思っています。

ちなみに約5年前、5歳上の姉に向け、下記のようなことを書いていたようです。
>> 30歳って。

意外といいこと書いてる(?)という自画自賛。いや、引用ばっかりだった。

ちなみに、フリーランスとしてご一緒している尊敬できるパイセン方に、30歳ってどうでした?と聞いてみたところ

・30で起業した
・まだまだ若手、これからの先は長いから気にするな
・高校の同窓会で当時好きだった人に同じ思いだったことを告げられ、とってもエモかった
・君はもう32くらいかと思ってた
・離婚した、浮気がバレた
・ちょっぴり嬉しい額の宝くじが当たった
・十進法だから気にしていない
・初恋の相手の結婚式に参列して号泣した
・いや、俺まだ29歳
・同僚と結婚したら、同僚に妬まれた
・ラーメン二郎が厳しくなった
・イタリアでスリにあった
・モテると言われていたが、結構モテた
・車を買って翌日に傷がついた
・30で死ぬという心持ちで20代を過ごしたから、今は40で死ぬというスタンスでいる
・世界一周した

とのことです。(順不同・掲載できないものは省きました)

まぁ、十人十色。あくまでも自分らしく。

今年も精進していきます。現場からは以上です。