徒然」カテゴリーアーカイブ

コロナ。

7月末日、コロナに感染しました。

いよいよか…と思いつつ、遠出等は避けていた and ほぼほぼリモートワーク環境下だった and というかほぼ家にしかいないこともあり、申し訳なさと共に、謎の悔しさがあります。

ご心配・ご迷惑をおかけした皆様、大変申し訳ございません。

幸い自宅療養期間にクライアント訪問等はなく、軽症と診断されたために、普通にリモートワークできたのは救いでした。

ようやく自宅療養の10日間が過ぎ、回復したこともあるので、コロナって実際どんな感じの症状なの?という部分を書いておこうと思います。(もう散々書かれていると思いますが)

## どうしてかかった?(と思う?)

もはやこれはどのタイミングが本当なのか、誰からかというのは厳密には分からないよなーと思いつつ、COCOAアプリを見る限りは、最寄駅近くで通っているジム滞在中に2時間ほどの接触があったとのことでした。

(とはいえ、COCOAが表示している時間的に自宅 or ジムしかありえないという憶測レベルなので、100%とは言い切れない)

そのジムは換気・消毒などなど、結構頑張ってらっしゃる印象だったので、これはもはや防ぎようが…と思っている節もあります。

## 初期症状はどうだった?

上記、ジム接触日からだいたい1週間後から若干の違和感を感じ始めました。

なんとなくの喉の違和感とぼーっとする感じといいますか。

その後、2日くらい経ったタイミングでいよいよ熱が出始め、ちょっと異常なくらい喉の痛み+仄かな頭痛が出てきた感じですね。

熱自体は38度後半というくらいでした。ただ市販の風邪薬と熱さまシート、氷枕など様々使っていたので、何もしなければもっと上がっていたのかもしれません。

## 検査ってどうだった?

熱×喉の痛み×仄かな頭痛のタイミングで、抗原検査のキットを手にいれ、見事な陽性判定がたため、まずは保健所に連絡しました。

保健所からは、居住区域の医院にかかってほしいとのことなので、かかりつけ以外でも往診可能な医院に片っ端から連絡。

ちなみに、目黒区のリストはこちら

大抵の医院ではコロナ外来の枠が決まっており、午前の診療開始から予約の電話が鳴り止まないくらいにかかってくるとのこと。(よってつながらない)

そもそも当日の枠を電話でしか予約できないというのがマジでいけてないかつ、喉の痛い患者に電話させるなよな…と思いつつ、検査枠争奪戦が繰り広げられるわけですね。

自分は抗原検査の陽性反応があった翌日に電話をかけたものの、全埋まり状態だったため、その次の日。つまり発症日の2日後に検査にありつけました。

抗原検査を既に済ませていたため、問診のみで陽性判定してもらえたので、保健所への申請などはわりかしスピーディーでした。

お医者さんからは下記の3点の指示。

1. 自宅療養の際は、当院が体調管理をするため毎日電話するから出ること
2. 厚労省からSMS通知で届く専用システムに毎日体温を記録すること
3. 軽症であるため、5日分の薬を出すからそちらを飲みきること

## 自宅療養ってどんな感じ?

と書いたものの、いたって普通の日常という感覚でした。

非日常なこととしては、厚労省から連絡のあった専用システムに毎朝体温と体調を記載し、担当のお医者さんからくる電話に体調を報告。

これを10日ほど繰り返すこと。

と、このオペレーション冷静にお医者さんの負担重すぎないか?という感じですね。。。なすすべもなく受けていましたが。(感謝しかない)

また、東京都から大量の食糧を送っていただいたのもありがたかったです。

(ふかひれご飯の素やエナジードリンクや、本当にこれだっけ?というものもバラエティ豊かに入っていて少し笑いました)

>> 自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)のご案内

(特定企業の食品に偏っていたけれど、苦しい時に助けてくれたブランドに愛着を持つきっかけになったりするのかな?と妄想)

## 症状の変化はどんな感じ?

おしなべて記載すると下記になります。

Day 1:高熱、のどの痛み、たん、だるさ、寒気、頭痛(体温:38.8℃)
Day 2:高熱、のどの痛み、たん、だるさ、寒気、頭痛(体温:37.3℃)※抗原キット陽性判定、市販の風邪薬を服用
Day 3:のどの痛み、たん、だるさ(体温:36.9℃)※医者にかかり陽性判定
Day 4:のどの痛み、たん、だるさ(体温:36.6℃)
Day 5:のどの痛み、たん、だるさ(体温:36.4℃)
Day 6:のどの痛み、鼻づまり、たん、咳(体温:36.4℃)
Day 7:鼻づまり、鼻水、咳(体温:36.5℃)
Day 8:鼻水、咳(体温:36.5℃)
Day 9:咳(体温:36.4℃)
Day 10:咳(体温:36.4℃)※自宅療養機関終了

軽症で済んで何よりでしたが、重たい人はやはり40℃くらいいってしまうとのこと。

総じて最もきつかったのは「のどの痛み」でした。もはやしゃべりたくなかった。

(のど飴を主食としていましたが、栄養素の取れる完全食のど飴があったら爆売れするのでは?と本気で妄想しました)

## 今はどんな症状?

今今は、たまーに咳が出るくらいです。後遺症に苦しむ方も多いそうで、心配ではありますが。

抜け毛が発生する方がいらっしゃるらしく、それは流石に怖すぎるなと思いました。(おそらく栄養不足、生え変わりなどの影響なのでは?と勝手に推察)

>> コロナ感染後に“抜け毛”の相談が急増 「1~3ヵ月後にばあっと抜ける人が多い」

と、こんな感じです。

ただの風邪である、などとおっしゃられる方も多いですが、いずれにせよかからないことが最良かつ、自身は軽症で済んだとしても周りの方を危険にさらす可能性があるため、ぜひ皆さまもお気をつけてくださいませ。

一度かかっても、またかかる可能性があるというので、「二度目はない」と引き続き気を付けながら生活していこうと心に刻む今日この頃です。

2022年のやりたいこと

と、学生時代から毎年やっていた自分の中の行事っぽいやつを、今年もめげずにやってます。

2022はnotionにて。下記。

>> 2022

マスト事項を列挙してるわけではなく、あくまでも”やりたいこと”。

よって、例年30%以上程度達成すればそこそこ充実した一年になるという感じです。(項目は途中で増えますし)

ただ、今年は結構現実的なことも書いているので、50%あたりを目指します。

2月23日現在、進捗は7.568%。先は長い。

これ一緒にやれるよ!みたいなお誘いも大歓迎です。何卒。

キテる音楽たち

そう、個人的に最近キテるやつです。

思わず調べました。(あんまり使ったことない)
>> キテル(きてる) – 用語集 – numan

「キテル」(きてる)とは、「勢いがある」「人々の興味・関心が著しく高まっている」状況を表す用語。 アイドルやアーティストなどの人気に火がつき、一気に認知度が高まったときなどに用いられる。


TOMOO – Ginger

YouTubeのレコメンドに急に挙がってきたんですけど、精度めちゃ高いですね。AI素晴らしいな。

美人なお方だな〜、モデルさんかな〜と思ったら、お前が歌うんかい!!!と思わず吹き出しました。(いや、実際吹いてないけど目がテンくらいにはなった)

お顔に似合わずのハスキーな歌声が素敵。

今度メジャーデビュー?もされるとのこと、おめでとうございます。応援します。

Chilli Beans. – lemonade

これまたYouTubeのレコメンドにて(すごいな)

女性のスリーピースバンドといったら、チャットモンチーで止まってしまっていたんですが、これはハマりそう。

yonige、二人体制になってしまったしね。

鈴木真海子 じゃむ (feat. iri)

最高な二人がコラボしてくれて本当に俺得でしかないですね。はい。

おそらく夏の歌なんですが、とことんゆらめいていて、とりあえず流しておくだけでリラックスできてしまう。

最高にメロウで心地よいので、気の乗らない休日などにオススメです。

chilldspot – Groovynight

冒頭聴いた瞬間、これは売れるな…と思いました。

(もう売れてる説?)

LUCKY TAPES – BITTER!

LUCKY TAPESといえば、初期のGunとかが好みだったんですが、これまた心地よいナンバー。

こんなこと書いてた
>> LUCKY TAPESという超絶おしゃメロウなバンド。

寝る前とかに流したくなる、全てを包み込んでくれるような楽曲。

サッポロビール全面に出しちゃっていいの?と思いきや、結構しっかり目にコラボしてるんですね。

サッポロさん、味も好きだけどセンスもいいな…。(北海道の工場行きたいな)

>> コンビニ限定 サッポロ生ビール黒ラベル『STAR JAM SESSION』キャンペーン 人気アーティスト「LUCKY TAPES」の書き下ろし楽曲3曲とのセッション体験を楽しめる新感覚スマホゲーム公開

MONO NO AWARE “そこにあったから”

最近最も好きな一曲。本当に好き。

バンドメンバーが前職の同僚(めちゃくちゃセンスの良い素敵女子)の知人?とかで、レコメンドされて聴き始めた(当時2017年くらい?)んですが、当時から歌詞もメロディも全てオサレでして。

>> MONO NO AWAREにハマってます。

その中でも、今回の楽曲には、これだ!!!となんというか、しっくりくるような唯一無二なグルーヴを感じました。(言葉にするのが勿体無い)

「いつまでも皆幸せでいて」という祈り、優しさが詰まった一曲。聴けば聴くほどに馴染んでいくの感覚がするのは久しぶりです。



ちなみに、上記素敵女子は結婚式で流したいほどこの曲が好きだとのこと、それは妄想するだけで最高だ。