音楽」カテゴリーアーカイブ

最近グッときた3曲をメモとして

書いておきたいと思います。いつの日か振り返るためのやつですね。

板の上の魔物 – Creepy Nuts


言わずと知れた2020年M1グランプリのテーマソングです。特製ムービーがカッコ良すぎる…。

過去出場芸人もオープニングのカッコよさに嫉妬していたとか。


MVの方も、フェイクドキュメンタリーで面白い。

このお二人が絶対にしないというか、自らがダサいと認定する方々を真似する姿をあえて行ってる感じが、最高に皮肉ですね。

「GODs」…笑

今を闘う受験生には、背中を押してくれる応援ソングになりうるのではないでしょうか。

ちなみに自分の浪人時は下記でした。



蒼く優しくと今年の高校サッカーの応援ソング似すぎじゃないか問題、もっと討論されないだろうか。

 

勿忘 – Awesome City Club


映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソング。
インスパイアにしておくのが勿体ないほどにいい…。逆に主題歌なんなんだろう?
主題歌なしで余韻をもたらすやつかな?

でもどうやら、劇中歌としては流れるみたいですね。

映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

映画の方は、結構周りに絶賛している人も多く、思わず共感してしまうそう。

というかPORIN出てるのか。尚更観たいな。

Awesome、メンバーの脱退などもありめちゃくちゃ大変な時期だったと思うんですが、このような形で大きくfeatureされるの嬉しいですね。

(他の曲に関しては、下記で過去書いてたみたい)

Awesome City Club「青春の胸騒ぎ」のメロディーラインがとっても心地よい。
Awesome City Clubにドはまりしている。


タイトルはどうして花束なんだろう。
きらめきに永遠がないことのモチーフでしょうか。

恋は、始まりの速度のまま走りきれないから難しいですよね。(別の話になりそうなのでまたいつか)

 

罪の香り – 藤井風


もともと、youtubeでカバーやってる人、くらいに思っていたんですが。

なんというか、唯一無二感がすごいですよね。

誰かに似てるみたいなジャンルがなく、ジャンル自体が”藤井風”。


いつか、この歌声を生で聞いてみたいものです。

最近刺さってる音楽たち

いくつかあるのでちょっとメモっておきます。

The 1975 – Sincerity Is Scary


まぁソースはテラハですよね。相変わらず選曲がおしゃれ。

この曲のメロディーラインもそれはそれは最高なんですが、実は歌詞も良いという…。

Why can’t we be friends, when we are lovers?
‘Cause it always ends with us hating each other

僕たちが恋人でいるとき、なんで僕たちは友達にはなれないんだろう?
だって恋は、結局お互いを憎み合って終わってしまうじゃないか

わかる…。

そして、この曲が収録されているアルバムの名前がなんとも言えない。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/70567/2

ところで歌ってる”The 1975″って何者?って思う方が多いと思いますが、そんな方は下記を。

https://www.universal-music.co.jp/the1975/biography/

みゆな – グルグル


こちらはアーティスト気質溢れるマブダチ(死語?)からのおすすめにて。

なんといっても17歳という驚き!!(あまり年齢で人を測るのはよろしくないと思っている勢ですが、それでもびっくりした)

https://www.miyunamiyuna.com/

宮崎から上京して、急遽a-nationってのが最高に推せますね。才能で掴んでる感じ。

個人的には一昔前の宇多田ヒカルデビュー時くらいのインパクトがありました。

Mega Shinnosuke – 桃源郷とタクシー


youtubeのレコメンドで急遽上記「バビデブー×3」を見かけたんですが、絵面の強さにびっくりしたな…。

ちなみに、Mega Shinnnosuke。Twitterによるとなんと本名らしいです…ほんとか?(ネタかな?)

https://twitter.com/MegaShinnosuke

2000年生まれ。なかなかに斜に構えたスタンスで、エモーショナルなPVと楽曲が数多い感じ、人生2度目説ありそう。

http://www.thistimerecords.com/hub/mega-shinnosuke

若林のラップはやっぱりすごいと思う…。

最近、オードリーにハマってます。

日向坂が好きなだけ説もなくはないんですが、着眼点が神がかった若林と、何をするのも厭わない春日の人間性が素敵かつ、仲良しの感じ良いなーと。

そんなオードリーは、ラジオでの共演(?)がきっかけで歌手のmiwaと仲良しなんですが、ちょくちょくライブでコラボなどしてるんですよね。

そんな若様(若林)がまたmiwaのライブでラップを披露したとのこと。

って、この動画を見る限り、歌詞の面白さ、語呂の良さは感じられるんですが、それ以外にも実は結構、凝っているという。

特に歌詞。

歌詞に出てくるキーワードに掛けられている意味は下記の通り。

・飯塚さん奥さん → 指差している女性は東京03の飯塚さんの奥さん
・オールナイト → miwaと若林が仲良くなったのはオールナイトニッポン
・ミューズノート → miwaの冠ラジオ番組名
・リトルトゥース → オードリーのオールナイトニッポンのリスナー
・長谷川陸 → miwaと坂口健太郎がW出演した映画の坂口の役名
・タイムリープ → 上記「君と100回目の恋」の作風がタイムリープもの
・手と手合わせてんの → 上記映画の劇中バンドでMステに出演した際、トーク部分で2人の手の大きさが全然違うと手を合わせるシーンがあり
・焼きチョコベイク → miwaが出演しているCM
・シャイ兄 → miwaの楽曲に「シャイニー」という曲がある
・ストレスフリースタイル → miwaの楽曲に「ストレスフリー」という曲がある
・目黒川 → miwaに「めぐろ川」という楽曲がある
・スプラッシュ → miwaに「splash」という楽曲がある
・ハジ → 「夜空。feat.ハジ→」でコラボしたコラボしたシンガーソングライター
・間にスコリバ → スコット&リバースという音楽ユニット

ここまで凝ったラップを披露されたら、miwaファンはもうたまらないですよね…。

あ、春日さんご結婚おめでとうございます。泣きました。