音楽」カテゴリーアーカイブ

最近グッときた3曲をメモとして

書いておきたいと思います。いつの日か振り返るためのやつですね。

板の上の魔物 – Creepy Nuts


言わずと知れた2020年M1グランプリのテーマソングです。特製ムービーがカッコ良すぎる…。

過去出場芸人もオープニングのカッコよさに嫉妬していたとか。


MVの方も、フェイクドキュメンタリーで面白い。

このお二人が絶対にしないというか、自らがダサいと認定する方々を真似する姿をあえて行ってる感じが、最高に皮肉ですね。

「GODs」…笑

今を闘う受験生には、背中を押してくれる応援ソングになりうるのではないでしょうか。

ちなみに自分の浪人時は下記でした。



蒼く優しくと今年の高校サッカーの応援ソング似すぎじゃないか問題、もっと討論されないだろうか。

 

勿忘 – Awesome City Club


映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソング。
インスパイアにしておくのが勿体ないほどにいい…。逆に主題歌なんなんだろう?
主題歌なしで余韻をもたらすやつかな?

でもどうやら、劇中歌としては流れるみたいですね。

映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

映画の方は、結構周りに絶賛している人も多く、思わず共感してしまうそう。

というかPORIN出てるのか。尚更観たいな。

Awesome、メンバーの脱退などもありめちゃくちゃ大変な時期だったと思うんですが、このような形で大きくfeatureされるの嬉しいですね。

(他の曲に関しては、下記で過去書いてたみたい)

Awesome City Club「青春の胸騒ぎ」のメロディーラインがとっても心地よい。
Awesome City Clubにドはまりしている。


タイトルはどうして花束なんだろう。
きらめきに永遠がないことのモチーフでしょうか。

恋は、始まりの速度のまま走りきれないから難しいですよね。(別の話になりそうなのでまたいつか)

 

罪の香り – 藤井風


もともと、youtubeでカバーやってる人、くらいに思っていたんですが。

なんというか、唯一無二感がすごいですよね。

誰かに似てるみたいなジャンルがなく、ジャンル自体が”藤井風”。


いつか、この歌声を生で聞いてみたいものです。

夕方からのドライブで流したいプレイリストといえば…

7月頭に慰安旅行?ちょっと名目は忘れたんですが、男3人で熱海旅をしました。温泉も海鮮も男子トーク(需要)も楽しめて、結果めちゃくちゃいい旅で万々歳。

行きも帰りも、レンタカーを安全運転してくれる友人に全てお任せ状態だったんですが、帰り道の車内BGMを担当したところ、思いのほか評判が良く。

「ううわ、これはイケてるわ…」というお言葉もいただいたので、もし需要があるなら嬉しいなぁ…と思い、夕方のドライブでオススメの曲を下記に残しておきます(キリがないので超一部ですが)。

(邦ロックとはこういうモノやで!を自分に教えてくれて、ライブに連れ回してくれた新卒時代のパイセンにただただ感謝だなぁ…と思う車中でした。)

とはいえ、熱海旅の一人は筋金入りの乃木坂オタク、もう一人はバイオリン弾きのコンサートマスターなので、一般の方々の評価が受けられるのかは、かなり不明。

Summer Gate – 佐藤千亜妃

まずこの曲を聴きたくなりますね…。夏〜って感じがする。

夜明けのメモリー – フレンズ

フレンズの夜三部作、最高ですよね。よって、いい感じだなと思ったのであれば「夜にダンス」「NIGHT TOWN」「iをyou」「NO BITTER LIFE」「0:25」あたりは立て続けに流せばいいと思うよ。

WI ING WI ING (위잉위잉) – HYUKOH (혁오)

三浦春馬の作品でハマりました。歌詞も素敵。

夏夜のマジック – indigo la End

思い出がありすぎる。

Cruisin’ Cruisin’ – bonobos

20代史上、一番ハマった曲でした。

CLIMAX NIGHT – Yogee New Waves

最高。乃木坂の橋本奈々未も好きと聞いて、尚更好きになりましたね。笑

琥珀色の街、上海蟹の朝 – くるり

初見でタイトルだけを見て、ふざけた音楽だと捉える方と親友になれたことないです…。実際に憧れて上海も行きました。

HIT NUMBER – EVISBEATSとPUNCH REMIX – おかもとえみ

自分はこの曲を知ってフレンズへと好きが波及しました。いやぁ…付き合ってほしい(唐突)。またこの曲が心地いいと感じた場合、リミックス担当してるEVISBEATSの「夜風に吹かれて」を聴くと良いかと…。

202 feat. 泉まくら – ラブリーサマーちゃん

過去記事に反応してくださった方に教えてもらった一曲。メロディも声も好みすぎて最高でした…。

クロノスタシス – きのこ帝国

まぁもう定番ですよね。きのこ帝国のおかげで邦ロック好き勢に「クロノスタシス」が一般用語化されたことは、物凄い快挙だと思ってます。

青春の胸騒ぎ – Awesome City Club

Awesomeにしては相当エモみ(語彙力)のある楽曲ですよね。この曲一曲だけを紹介してしまうとバンドとしての全体性が全く伝えられないので難しいです…。個人的には「Lesson」が好き。

グルグル – みゆな

年齢で評価するのまじでいけてないですが、まだ18歳。ぱない。

Orphans – cero

いや、「Summer Soul」でしょ!というご意見も重々承知な上で、まぁまずはちゃんと聴いてくれたまえよブラザーというテンションで選びました。

桃源郷とタクシー – Mega Shinnosuke

名前からもMVからも天才性が垣間見えるの最高ですね。

Sincerity Is Scary – The 1975

いやぁ…やっぱテラハの人。センスいい。

誰かがキスをした – DADARAY

ちょっと歌詞に女々しさもあるので、流すタイミングは気を付けねばかもですが、メロディーラインもMVも艶がありますよね。

おしえて – Avec Avec

最高ですよね。

煙と唾 – Ghost like girlfriend

心地良い…。死んだゾンビの方が今を生きているという表現も好き。

夜が明けたら – LUCKY TAPES

動画がなくなってた…すみません。LUCKY TAPESといえば「Gun」って感じだったんですが、すごく柔らかくて夜に馴染む曲なので、オススメです。

ということで何か知らない曲の発見に繋がる and その上でハマるものがあったらめちゃくちゃ嬉しいです。

ちなみに、熱海で泊まったのは下記です。店主さんのホスピタリティが最高すぎてもう最高でした(語彙力再び)

https://www.airbnb.jp/rooms/32816950

いやぁドライブっていいですよね。大学時代からこの空間演出はデートにおいてすごく有用なんだなぁ…と思ってはいたものの、一人で運転して好きに動くのが好きすぎて、そもそも自分に恋愛向いてないなーーーーーーっていつも、そして幾度となく思いました。

って話は、またいつかどこかで。

最近刺さってる音楽たち

いくつかあるのでちょっとメモっておきます。

The 1975 – Sincerity Is Scary


まぁソースはテラハですよね。相変わらず選曲がおしゃれ。

この曲のメロディーラインもそれはそれは最高なんですが、実は歌詞も良いという…。

Why can’t we be friends, when we are lovers?
‘Cause it always ends with us hating each other

僕たちが恋人でいるとき、なんで僕たちは友達にはなれないんだろう?
だって恋は、結局お互いを憎み合って終わってしまうじゃないか

わかる…。

そして、この曲が収録されているアルバムの名前がなんとも言えない。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/70567/2

ところで歌ってる”The 1975″って何者?って思う方が多いと思いますが、そんな方は下記を。

https://www.universal-music.co.jp/the1975/biography/

みゆな – グルグル


こちらはアーティスト気質溢れるマブダチ(死語?)からのおすすめにて。

なんといっても17歳という驚き!!(あまり年齢で人を測るのはよろしくないと思っている勢ですが、それでもびっくりした)

https://www.miyunamiyuna.com/

宮崎から上京して、急遽a-nationってのが最高に推せますね。才能で掴んでる感じ。

個人的には一昔前の宇多田ヒカルデビュー時くらいのインパクトがありました。

Mega Shinnosuke – 桃源郷とタクシー


youtubeのレコメンドで急遽上記「バビデブー×3」を見かけたんですが、絵面の強さにびっくりしたな…。

ちなみに、Mega Shinnnosuke。Twitterによるとなんと本名らしいです…ほんとか?(ネタかな?)

https://twitter.com/MegaShinnosuke

2000年生まれ。なかなかに斜に構えたスタンスで、エモーショナルなPVと楽曲が数多い感じ、人生2度目説ありそう。

http://www.thistimerecords.com/hub/mega-shinnosuke