タグ別アーカイブ: 音楽

“既存の動画と音楽を組み合わせるあの遊び”が好き。

映像に音楽アテこんで遊ぶやつ、なんて呼べばいいんですかね?

こういうの。

そもそもサカナクションが大好きだから。ってのもあるんですが、タイムラインに回ってくるたび爆笑しちゃうんですよね。

上記は元祖“新宝島ステップ”の少年。目にしてからというものの、ずっと敬服の念を抱き続けてます…。


その他にもいろいろありますね。さすがは新宝島。




オマージュ元のドリフの皆様方もきっとお喜び(のはず)。

ラ・ラ・ランドも人知れず笑いました。(同じチャゼル監督のセッションもおまけで)




こういうの作れる方々、才能を無駄遣いしてくれてほんとありがとうって感じです。

Pocket

好きな音楽についてつべこべ言う。

以下、適当にピックアップ。

the band apart – 夜の向こうへ


イントロかっこよすぎませんか?


ポルカドットスティングレイ – 人魚

“間違っていたのはあなた 負けたのは私”

というフレーズにここ2年くらい惹かれ続けてる。


あいみょん – 愛を伝えたいだとか

“健康的な朝だな”

って入りがそもそもよくて、どんな朝だろう…日差しが心地よく差して早起きできるあの感じかな?と想像してしまうし、

“明日いい男になるわけでもないからさ”

というのは男性目線のフレーズだけど、おそらくそんなに俯瞰して考えられる男性は少なくて、それこそ「あいみょん目線」が色濃くて、ステキだなと。


乃木坂46 – おいでシャンプー

“これが恋なら夢で会いたい”

って、いいよね。


yonige – ワンルーム


一番ではない相手だとしても帰った後になんとなく空く心の穴、それとなく待ってしまう着信。

と、冒頭から描写がやけにリアルなのすごいなー。


Awesome City Club – アウトサイダー


サウンドやビジュアルに限らず、「外からただ見てる臆病者」と「周りを気にせず進む枠にとらわれない者」といった二重の意味を掛け合わせているのが洒落てるよね。

加えて、親指で”まさぐる“なんて表現よく持ってきたなぁーと、そのセンスにいちいち脱帽する。


never young beach – SURELY


ネバヤンのような夏に憧れてる。


moumoon – 月のワルツ


耳馴染みがよすぎませんか。


aiko – シャッター(Drum Cover)


ユニークな曲調をモノにするaikoはやっぱりすごいなーと思う。

好きな人の前だと素直になれず、好きという気持ちと相反して強がってしまう感覚。その感覚とも相反してポップな曲調にまとめあげるところとか、やっぱりaikoらしい。

「雲は白リンゴは赤」とかもそうだけど、一見失恋の曲だなんて気付かないくらいの曲調だしね。


Suchmos – YMM


もはやド定番だけど、やっぱりかっこよいんだよね。

冷静に歌詞を見たら、俺も俺らもかっけぇ。お前はどう?って言ってることやばいなと思うはずなんだけど、もはや曲のかっこよさが勝ってるから問題ないし、タイトルだって「ヨコハマ ミナト ミライ」とかどうしたのかな?って感じだけど、やっぱり曲のかっこよさが完全に勝っちゃってる。


MONO NO AWARE – マンマミーヤ!


天才的。メロディ、リズム、歌詞、歌声って全てよくないですか?

その上で、MV含めこんなにリスナーを楽しませられるセンス。カップラーメンの3分間に人生をなぞらえるなんて。

(ちなみに歌詞に意味はないとのこと)


WORLD ORDER – BOY MEETS GIRL


Boy Meets Girlといったら、WORLD ORDERでしょ。(※異論は認めます)


bonobos – Gospel In Terminal


メロディーラインの想像がつかない。

変幻自在かつとってもグルーヴ感。癖になるね。

Pocket

夏の始まりとSHE IS SUMMER。

だんだんとジメジメとして、いよいよ夏ですね。(とはいえ、まだ梅雨も明けてないけど)(猫っ毛としてはしんどい季節)

個人的には結構嫌いです。夏。

めちゃくちゃ汗っかきなので、まず高温多湿が勘弁してほしい。

正直襟付きとかほんと着たくないし、Tシャツ短パンで生きていきたい。今すぐなんのルールにも囚われない生き方がした…(という話はまたいつか)

あとは虫も苦手なんですよね。

思えば小学生時代にセミにびびっていたし、男子たちが象徴的に憧れるあのカブトムシにも全然魅力を感じなかった。夕飯時にCM放映を行うフマキラーなどは許せな…(という話もまたいつかパート2)

ただ、甲子園と花火が好きだから、今年はその二つを見に行ける夏にできたらなぁ…(って今思いました)(うん、がんばる)

あと、個人的に夏といえば、何故かカレーなんですよね。ただでさえ暑いので、あんまり熱いもの食べたくないんですけど。

夏になるといわゆるカレー周期が早まるというか、通常の1週間に1回から、3日に1回くらい食べたくなってしまう。(とはいえ週1も結構食べてる方か)

何故なんだろう。不思議。

って、夏に関する前置きが長くなったんですけども。

夏のような女性っていいですよね。(いきなりどうした)

なんだか天真爛漫で明るい笑顔を振りまいているような。

女性にはいつまでもわがままを言っていてほしい。(なんの話?)

多分、自分が物静かというか、そこまで進んで盛り上げ役に徹するタイプじゃないから、そういう女性と相性がよいってのもあるんだろうけれど。とはいえキャラは環境に依るのでなんとも言えないか。

でも、ちょっと抜けてるとか、ドジな人好きなんですよね。どことなくツッコミどころがあるというか。何もないところで転びそうになるとか(あれ、夏関係ない)(演技だったらちょっと怖いけど)。

明るく振舞う、その大変さを受け入れる心の広さを人間として尊敬してしまうし、意識しなくてもそうしていられる人とか、素晴らしく惹かれてしまうんですよね。

なんか、もう周りなんて気にしなくていいよ、って言ってあげたくなってしまうんですよ…(という話もまたいつかパート3)(ちょっとキモいですね、すみません)

だからなのか(?)、自分は恋愛の始まりが夏に来ることが多いです。(とはいえ、モテるわけではなく、母数はそんなに多くない)

なので、今年の夏も期待してないけど、ちょっとうかうかしてる自分がいるのかもしれない。(いや、嘘かつ何も起こらないはず)

「SHE IS SUMMER」と言う名前に惹かれて拝聴しました。
失恋ソングなのに軽妙・快活で、それ故に恋に破れた女の子の切なさがより伝わってきます。
が、落ち込んでも、良い意味で計量的・打算的で、決して滅することのないメンタルの強さも感じられて、好感が持てました。しかし、夏はふいに訪れ、忽然と去って行きます。文字通り、女性はみな夏のようです。。。

上記は「SHE IS SUMMER – とびきりのおしゃれして別れ話を」のyoutube動画にあったコメント。

最後の二文にとてつもない哀愁を感じる…。経験からにじみ出るものなんですかね。(プロフィール画像はダンディなおじさま)

ちなみにSHE IS SUMMERは、あの伝説のユニット「ふぇのたす」解散後に、ボーカルのMICOがソロプロジェクトとして始めたもの。

ふぇのたすを知った時点でもう解散していたかつ、解散の原因が夭折ということを知った時、相当残念だったな…。

「今夜がおわらない」は、仕事が終わらない時、約束の相手に送れるのでおすすめ。おそらく笑ってくれるはず(?)

>> ふぇのたす – Wikipedia
>> SHE IS SUMMER

ひとまずMICOちゃんがかわいいし、名前にあえてCを使うセンスとか好きです。

うん、かわいい。

出会ってから付き合うまでのあの感じって、めちゃよいですよね…。あの絶妙で独特な緊張感。

ちなみにSHE IS SUMMERという名前の由来は、かの有名な「(500)日のサマー」。

>> [J-WAVE NEWS] SHE IS SUMMERのMICO スナックで歌い散らかす

きっと大学生時代に一回は観る作品なはず。好き嫌いは別れるかもです。たまに無性に観たくなるんだよなぁ…。

しかし、Amazonプライムさんはなぜか吹き替え版しかないんですよね。なぜや。

ズーイー・デシャネルのかわいさに惹かれ、彼女とIKEAデートをした男性諸君も多いことでしょう。(って方はイエスマンもおすすめ)

下記は、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットの「(500)日のサマー」に対するコメント。

It was a widely misinterpreted movie, I think…. People tend to say, “Why didn’t she end up with him? He was so nice!” But I think that he was really quite guilty of projecting a fantasy onto this girl that she didn’t necessarily deserve, and that, honestly, he was pretty wrapped up in his own selfish point of view… We’ve all been guilty of it. I’m sure I’ve done the same. And we all do it to one degree or another in every relationship. But it’s just funny to me, because I felt like the point of that movie was illuminating this guy who is basically delusional, who keeps projecting all these things onto this girl, and how that’s a problem for him, and how he then sort of grows out of it. But it seems like a lot of the people that see the movie don’t quite catch that. They just think he’s a great guy.

この映画はものすごく誤って解釈されたと思う。僕が思うのは、皆が「なんであの娘は彼と一緒にならなかったの?彼はとっても優しいわ!」と言いがちなんじゃないかな。でも僕は主人公があの女の子に幻想を抱いていたことに本当は後ろめたさを感じていると思う。その幻想は決して彼女がその通りにあるべき必要はないもの。だから、正直なところ主人公は自分勝手で独りよがりな視点に夢中になってしまっているんだ…。僕らはみんなそういう後ろめたさを感じていると思う。僕だって全く同じことをしてしまうこともあるし。誰でも異性との付き合いのなかで、多かれ少なかれそういう面を持ち合わせているんじゃないかと思う。でもただ僕は、そういったところがとても面白いと思ったんだ。この映画の一番のポイントは、主人公が基本的に妄想に走っているところを浮かび上がらせたところにあると思う。女の子にあれやこれやと幻想を投影させて、それが主人公にどんな風に問題になるかをね。そして、それから彼が学び成長していくかを描いているから。でも多くの人はこの映画がそういう描き方をしていると気付かないみたいだよ。みんな、主人公が素晴らしい男だって思っちゃっているんだ。

社会人の男性陣は今だからこそ面白い作品かもしれません。

あぁ、あの時の自分って女性に妄想ばかり抱いていたよなーと、甘酸っぱい期間を少しばかり振り返れる年齢になった時、また違った見え方ができるんだろうなと。

ちなみに新曲の「あれからの話だけど」は、前述の「とびきりのおしゃれして別れ話を」のアンサーソング。耳を澄ますと曲が始まる前、「とびきりの…」が少しばかり流れていたり。

恋とは結末が全てなの

まさしく。ご名答。

Pocket