カテゴリー別アーカイブ: 音楽

“Wanna be crazy”


夏になると聴きたい曲ってありますよね。

ってだいぶ強引な冒頭文なんですが、最近ハマってますYogee New Wavesの「Summer」

“Wanna be crazy”ってのはサビに出てくるフレーズで、暑すぎる休日の昼下がりにぼーっとしながら聴くのが好きです。

メロディも歌詞も非常にゆるくて。あぁ、チルアウトしたい。

しかしながら、Yogeeでいうなら、「Climax Night」もよきです。

## Yogee New Waves – Climax Night


かわいい彼女とデートして、楽しかった帰り道なんかにぜひ聴いてほしい。

こちら、アルバムバージョンがあるんですが、実はそっちの方が好みだったりします。サウンドがちょっと違うんですね。(youtubeになかったので気になる方は探してみてください)

ひとまずこのMVの服装、どこに売ってるんですかね。

元乃木坂のななみんも好きだとか。

てな感じで、夏に聴きたい曲を紹介していこうと思ってずっと下書き状態になっていたんですが、もう終わりそうですね。夏。

個人的には秋待ち遠しいですが。もう少し夏らしいイベントを楽しめば良かったなと。

って、そんなことを毎年言ってるので、自分は今後も夏の暑さには勝てない日々を過ごしていきそうな気がします。

Pocket

好きな音楽についてつべこべ言う。

以下、適当にピックアップ。

the band apart – 夜の向こうへ


イントロかっこよすぎませんか?


ポルカドットスティングレイ – 人魚

“間違っていたのはあなた 負けたのは私”

というフレーズにここ2年くらい惹かれ続けてる。


あいみょん – 愛を伝えたいだとか

“健康的な朝だな”

って入りがそもそもよくて、どんな朝だろう…日差しが心地よく差して早起きできるあの感じかな?と想像してしまうし、

“明日いい男になるわけでもないからさ”

というのは男性目線のフレーズだけど、おそらくそんなに俯瞰して考えられる男性は少なくて、それこそ「あいみょん目線」が色濃くて、ステキだなと。


乃木坂46 – おいでシャンプー

“これが恋なら夢で会いたい”

って、いいよね。


yonige – ワンルーム


一番ではない相手だとしても帰った後になんとなく空く心の穴、それとなく待ってしまう着信。

と、冒頭から描写がやけにリアルなのすごいなー。


Awesome City Club – アウトサイダー


サウンドやビジュアルに限らず、「外からただ見てる臆病者」と「周りを気にせず進む枠にとらわれない者」といった二重の意味を掛け合わせているのが洒落てるよね。

加えて、親指で”まさぐる“なんて表現よく持ってきたなぁーと、そのセンスにいちいち脱帽する。


never young beach – SURELY


ネバヤンのような夏に憧れてる。


moumoon – 月のワルツ


耳馴染みがよすぎませんか。


aiko – シャッター(Drum Cover)


ユニークな曲調をモノにするaikoはやっぱりすごいなーと思う。

好きな人の前だと素直になれず、好きという気持ちと相反して強がってしまう感覚。その感覚とも相反してポップな曲調にまとめあげるところとか、やっぱりaikoらしい。

「雲は白リンゴは赤」とかもそうだけど、一見失恋の曲だなんて気付かないくらいの曲調だしね。


Suchmos – YMM


もはやド定番だけど、やっぱりかっこよいんだよね。

冷静に歌詞を見たら、俺も俺らもかっけぇ。お前はどう?って言ってることやばいなと思うはずなんだけど、もはや曲のかっこよさが勝ってるから問題ないし、タイトルだって「ヨコハマ ミナト ミライ」とかどうしたのかな?って感じだけど、やっぱり曲のかっこよさが完全に勝っちゃってる。


MONO NO AWARE – マンマミーヤ!


天才的。メロディ、リズム、歌詞、歌声って全てよくないですか?

その上で、MV含めこんなにリスナーを楽しませられるセンス。カップラーメンの3分間に人生をなぞらえるなんて。

(ちなみに歌詞に意味はないとのこと)


WORLD ORDER – BOY MEETS GIRL


Boy Meets Girlといったら、WORLD ORDERでしょ。(※異論は認めます)


bonobos – Gospel In Terminal


メロディーラインの想像がつかない。

変幻自在かつとってもグルーヴ感。癖になるね。

Pocket

私の言葉で誰かがキスをした

最近ハマりました。DADARAYの「誰かがキスをした」。

歌声も曲調もメロディもよいんですが、なんといってもMVのセクシーさ。

数十秒の、女性の悲しい妄想を映像にしました。
彼と暮らす部屋を彩る予定だった花束が、彼と浮気相手のキスシーンを彩るという皮肉。
現実にはせず、妄想にしたのは、より切なくなると思ったからです。
性根がわるいですね。

上記は本MVを担当した岡田文章監督のコメント。

悲しくて悔しくて投げつけられた花びらが、まるで浮気相手との幸せをお祝いしているようで。思わずグッときました。

今すぐここに来て
私を奪って あなたは奪えない

女性の想いを象徴する上記の歌詞と相反するMVの表情もとってもよいですね。それこそ「お幸せに」と言わんばかりな。


DADARAYについては、そういえば前にも書いてたらしく。
>> 最近ハマっている邦楽アーティストを3組ほど。- つわものどもがゆめのあと

楽曲提供はゲス極の川谷絵音なんですよね。そしてベースもゲスの極み(以下略)の休日課長。もうスーパー才能豊かだなこの人たち。なんなんだ。

特にこのバンドは、ベースが重厚かつさりげなく曲を支えている印象。ボーカルの声が特段高いこともあり、休日課長のテクったベースの音色がなければ成立しないでしょうね。

個人的にはボーカル・REISのエキゾチックな顔立ちも好み。この正統派ではないし、どタイプでもないけれど(趙主観)なぜか惹かれてしまう感じ。



ちなみに、DADARAY結成後、2局目にできたのがこの曲だそう。

同じく川谷絵音がやっているバンド、indigo la Endの「夏夜のマジック」という曲がとっても好きだったんですが、どことなく同じような雰囲気かもしれません。


一度でいいからライブで聴いてみたいな…。

>> DADARAY OFFICIAL WEBSITE (ダダレイ公式サイト)

Pocket