映画」タグアーカイブ

花束みたいな恋をした

ようやく観ました。

<あらすじ>東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦<やまねむぎ>(菅田将暉)と八谷絹<はちやきぬ>(有村架純)。
好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが──。

若年層向けの恋愛指南書的な何某を見ているような感覚になったし、サブカルに傾倒する彼ら(自分も含め)を世間はどう見てるかが如実に表れてる気がして、少し虚しくなった。そんなこと気にする必要がないということは前提として。

反面、社会に忙殺され、次第に新たな作品に触れることに頭のキャバを割けなくなるあの感じが妙にリアルで、これら作者も含め皆に共通してあるものなのかと少しホッとした。

ジャックパーセルな足元が揃うカップル、果たしてどのくらいの確率で出会うのだろう…起因してものすごく売れてそう。(調べてみよう)

麦くんが放った”絹ちゃんとずっとに一緒にいたい、現状維持で満足”的なセリフ、作中だとそれなりに幸せ絶頂期ゆえ、絹ちゃんはニコニコしてたような気がしたけど、あれは満足だったのか。クソつまらん発言しておるやん。とか思わないのかな。(自分だったら確実に思う)

学生時代にまともに恋愛をしてこなかった勢からすると、そこまで過去を抉られるような共感やエモみを感じられなかったのだけれど、始まってしまった恋愛は決して同じスピードでは走りきれない、あの特有な辛さを想った。

花束みたいな恋をした

このタイトルの意図を考えていたのだけれど、どれだけ美しい花(思い出)をいくつ束ねても、月日は残酷で、最後には萎れ、枯れていくさまを重ねたのだろうか。

ずっとそばに飾っていたくなるような、そんな素敵な花束(思い出たち)だった、ということだろうか。答えはわからない。

と、いろいろ書いたものの、本作の2人の別れ方、これは別れ方の理想系なのかもしれない。

そんな恋をまたしてみたい。などと言ってみる。

22年で観た映画たち

の、感想がてらを書いておきます。


街の上で

<あらすじ>下北沢の古着屋で働いている荒川青。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。

空気感が生々しくてずっと観ていられました。下北沢の日常をのぞき見しているような感覚。

カルチャーに傾倒することで何者かにでもなれたような錯覚は、この道を志した者には永遠に付き纏うものなんだろうな。

今泉監督が撮る女の子はなぜかいつも魅力的だけど、自分は城定さんに惚れました。

ボクたちはみんな大人になれなかった

<あらすじ>あの時も、あの場所も、あの人も、すべてがいまの自分に繋がっている。
1995年、ボクは彼女と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思った。「君は大丈夫だよ。おもしろいもん」。初めて出来た彼女の言葉に支えられがむしゃらに働いた日々。1999年、ノストラダムスの大予言に反して地球は滅亡せず、唯一の心の支えだった彼女はさよならも言わずに去っていった――。志した小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続けたボクにも、時間だけは等しく過ぎて行った。そして2020年。社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳のボクは、いくつかのほろ苦い再会をきっかけに、二度と戻らない“あの頃”を思い出す……

主演の2人がひたすら映える作品でした。

忘れられない人ってのは、やはりみな共通でいるものなのかな…と妄想しましたが、どうも男性と女性の精神年齢の差から、あの時あんなに素敵だった君…と思い返してしまうのは男性に多い現象なのか?というのが個人的な見解。

20代から47歳までを演じ分ける森山未來は、ただの化け物でしたね。

浅草キッド

<あらすじ>舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春映画

よかった。

グショグショなまでにウェットな浅草の人情に心揺さぶられ、矜持を貫き、舞台に命を燃やす芸人のかっこよさに痺れました。

ビートたけしがなぜ伝説的な立ち位置なのかもいまいちわかってなかった身としては、いろいろと衝撃的。

鑑賞後、思わず浅草を歩きました。

まともじゃないのは君も一緒

<あらすじ>予備校講師・大野は、独身・彼女なし。ずっと 1 人で大好きな数学の世界で生きてきた。今の生活に不満はないが、このままずっと 1 人なのかと不安になることもある。自分だって普通に結婚したい。ただ、普通が何かわからない。女の子とデートをしてもなんだかピントがずれているような空気は感じているが、どうしていいのかはわからない大野。教え子の香住はそんな大野を”普通じゃない”と指摘してくれる唯一の相手。大野は香住に「どうしたら普通になれる?普通を教えてほしい。」と頼み込むのだが・・・。

テンポが良くて見やすかった。

成田凌って演技の幅が広いのね。ただ、成田凌が俳優にならず予備校講師をしている世界線がどうも想像できない。

まともじゃないのは僕も一緒でした。

私がモテてどうすんだ

<あらすじ>アニメ大好き!BL大好き!妄想大好き!ヲタク道まっしぐらな花依(富田望生)は、大好きなアニメキャラが死んだショックで1週間も寝込んでしまったら・・・なんと激ヤセして、超絶美人(山口乃々華)に!そんな花依を好きになってしまう同じ学校のイケメンたち――六見先輩(吉野北人)、五十嵐くん(神尾楓珠)、七島くん(伊藤あさひ)、四ノ宮くん(奥野壮)。急にモテまくる恋愛興味ナシの花依は、ついつい彼らをBL目線で見て妄想してしまう・・・。「イケメン同士のカップリングが好きなのに、私がモテてどうすんだ~!」悩む花依が出す、想定外の答えとは?!

正直観たこと自体はだいぶ後悔しました。時間を返してほしい。

ただ、イケメンって存在するだけで価値があるんですね。

イケメンってすごい。

ドント・ルック・アップ

<あらすじ>天文学専攻のランドール・ミンディ博士(演:レオナルド・ディカプリオ)は、落ちこぼれ気味の天文学者。ある日、教え子の大学院生ケイト(演:ジェニファー・ローレンス)とともに地球衝突の恐れがある巨大彗星の存在を発見し、世界中の人々に迫りくる危機を知らせるべく奔走することに。仲間の協力も得て、オーリアン大統領(演:メリル・ストリープ)と、彼女の息子であり補佐官のジェイソン(演:ジョナ・ヒル)と対面したり、陽気な司会者ブリー(演:ケイト・ブランシェット)によるテレビ番組出演のチャンスにも恵まれ、熱心に訴えかけますが、相手にしてもらえないばかりか、事態は思わぬ方向へー。果たして2人は手遅れになる前に彗星衝突の危機から地球を救うことが出来るのでしょうか!?

温暖化という危機に今行動を起こさなければ、地球はとんでもない事になる…それを人々に理解してもらうにはどうしたらいいのか、そう考えながら構想に着手し、あるときジャーナリストとの会話で、温暖化への今の対応は「彗星が地球に衝突しても、誰も気にしないようなものだ」という喩えを聞き、これなら映画になる!と確信したとのこと。

ブラックコメディ〜って感じのあるあるテイスト満載だったけど、クライマックスに差し掛かった時のカット割とタイトルの挿れ方が斬新だったな。

コンフィデンスマンJP 英雄編

<あらすじ>これは、コンフィデンスマン誕生の秘密に迫る物語
“英雄”と謳われた詐欺師〈三代目ツチノコ〉が死んだ。
その元で腕を磨いた過去を持つダー子、ボクちゃん、リチャード。
当代随一の腕を持つコンフィデンスマンによって密かに受け継がれる〈ツチノコ〉の称号をかけ、3人の真剣勝負がはじまる。
舞台は世界中のセレブが集まる世界遺産の都市〈マルタ島・ヴァレッタ〉。
狙うは、莫大な財を成し引退したスペイン人の元マフィアが所有する、幻の古代ギリシャ彫刻〈踊るビーナス〉。
それぞれの方法でオサカナに近づく3人だったが、そこに警察さらにはインターポールの捜査の手が迫っていた・・・。
果たして最後に笑うのは誰なのか!?
まったく先の読めない史上最大の騙し合いが始まる!!
そして、本当の〈英雄〉、最後の〈真実〉とは!?
ザ・ラストコンゲームグランドフィナーレバトルロワイヤル、いざ開幕!!

なんだか余興を観ているような感覚だったけど、このフォーマットなら××編、××編って作りたい放題なところにプロットの優秀さを感じる。

三浦春馬、竹内涼子の役名が出てきて胸熱だったな。そんなところも流石。

空白

<あらすじ>全てのはじまりは、よくあるティーンの万引き未遂事件。スーパーの化粧品売り場で万引き現場を店主に見られ逃走した女子中学生、彼女は国道に出た途端、乗用車とトラックに轢かれ死亡してしまった。
女子中学生の父親は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、疑念をエスカレートさせ、事故に関わった人々を追い詰める。一方、事故のきっかけを作ったスーパーの店主、車ではねた女性ドライバーは、父親の圧力にも増して、加熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく。
真相はどこにあるのかー?少女の母親、学校の担任や父親の職場も巻き込んで、この事件に関わる人々の疑念を増幅させ、事態は思いもよらない結末へと展開することにー。

実際の事件を元にしているとのことだけど、作品中ではいつまでも未遂事件としての”空白”を残しつつ描かれる分、真実と嘘、正しさと正しくなさ、二面性のグラデーションの中で、登場人物誰にでも感情移入できるようで誰にも感情移入できないような。

本作の英語タイトルは「Intolerance(不寛容)、他者のグラデーション、空白を理解することに向き合わされるすごい作品でした。

そんな中、空白の端と端を安易に切り取ろうとするメディア、ネットリンチの描き方は分かり易い反面、少しデフォルメしすぎかなと。

キャストの良さも含め、THE 和製版スリービルボードだね。オープニングが凄まじかったです。目を見張りました。

みんな不器用で独自の空白を抱える中、絵を描き始めたのは空白(娘との距離、娘に対する想い)を埋めるためだったのか。

スクール・オブ・ロック

<あらすじ>破天荒なロッカー教師をジャック・ブラックが演じるコメディ作品。ロックバンドをクビになったデューイは、親友になりすまして小学校の代用教師になるが、生徒たちの演奏を聞き、バンド・コンテストに出場することを思いつく。

すっごく久々に観たけど、暇・確定申告・休みの終わりと憂鬱3連単な日曜日にはピッタリたったな…

ヒメアノ〜ル

<あらすじ>平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

途中までずっとムロツヨシの演技にしか目が行かなかったけど、森田剛様様ですね。ほんとすごいな。感情移入自体、なかなかしづらい作品だったけど、唯一濱田岳が演じた彼がその受け皿というか、ストーリーテラーの立ち位置なのかな。

原作未読のため、だいぶ印象が違う作品に仕上がってる説があるかもだけど、邦画では稀に見えるエログロ表現の正直さも垣間見れて、個人的にはセンセーショナルでした。(褒めてます)

ヒロインのあのいそうでいない美人感が個人的にドンピシャだったりします(何の話)

MOTHER マザー

<あらすじ>ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる自堕落で奔放な女・秋子。しかし、彼女の幼い息子・周平には、そんな母親しか頼るものはなかった。やがて寄る辺ない社会の底辺で生き抜く、母と息子の間に“ある感情”が生まれる。そして、成長した周平が起こした“凄惨な事件”。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——?

すごい作品だったな…。

長澤まさみの怪演にびっくりすると思いきや、奥平大兼くん良すぎませんか。。。初出演だとは全く思えない。第二の柳楽優弥っぷり。

傍若無人な母に振り回される周平君の気持ち、少しわかるな…と思いながら見てしまいました。(レベルは違いすぎますが)。

どのご家庭にもあるであろう幼少期特有のものかと思いますが、見えてる世界が狭すぎて、母がいかに偏見に満ち溢れていたとしても、それを正としてしまうし、生みの親としての感謝・愛情も掛け合わさって、その呪縛から抜け出せないような。

唯一のエアスポットとしては、そんな母・長澤まさみはどのように形成されたのか。あえて描かないことで考えさせる作品に仕立てたのかなと思いますが、そのあたりは事件の経緯や少年の生い立ちなどが詳しく書かれた原作「誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」を読んで確認したいところ。


昨年に比べて圧倒的にいいペースで観れている気がする。

転職したばかり、まだまだ忙しくないからかな。

今年はたくさん観るぞ~

TENET

せっかく観たので走り書きでもしたいなと思います。書いておかないと勿体無いくらいに今まで見た作品の中でもエポックメイキングだったので。

(すみません、ネタバレします)

わかったこと

①:基本的なストーリーのタイムライン。順行と逆行が視点によって入り乱れてるのまじで難解すぎますね。

②:”TENET”に込められた意味。回文。組織の名前。10分間(TEN)の挟み撃ち。ヘルクラウムのワードパズル。

ワードパズルだ!!!!と気づいたときまじでびっくりしました。OPERA、SATOR、AREPO、ROTAS….。全て出てきますね。

また、Nが真ん中に位置する。つまりはニールが真ん中にいる。鍵を担うという含みも素敵。

③:逆行弾で撃たれると致命傷になる理由。順行だと「発射前→被弾→療養→回復」となるはずのところ、逆行弾は「回復→療養→被弾→発射前」だと。

ただ、撃たれた側は順行世界にいるので回復しないんですね…。被弾はするけど時間軸だけ発射前に戻るだけで、回復が来ない。まじでイカれてる。

セイターがキャットを撃った際も、逆行弾ではないものの、両者共に逆行側にいる中で撃たれたから、順行に戻った際に被弾しっぱなしの状況が発生した。すると、キャットが回復しない。

だから主人公たちはキャットを、敵アジトではない逆行装置(オスロ空港)にわざわざ連れて行ったと。

④:赤と青の意味。順行と逆行を上手く表してましたね。キャットの赤いドレス似合ってたな….。

そしてマスクの有無。これがあったからカーチェイスをなんとか理解できました。

⑤:最後のニールの行動。まじでこれが一番難解でした。映像が時系列になってないのまじでやめてほしい(褒め言葉)

最後の10分の挟撃作戦の際は、ニールはブルーチームつまりは逆行側。10分の逆行で爆弾の仕掛けに気付く。

この時すでに順行時間では爆弾が爆発しているから逆光のニールは止められない。

だから順行に戻った際、主人公たちに車で注意しますね。でも止められなかった。

最後はこの順行のタイムラインで「世界を救った」と終わるんですが、実はこのあとニールはまた逆行してるんですね。

そして扉の鍵を閉め、敵に打たれて死ぬ。(だから主人公視点だとニールが生き返って、扉が開いたと見える)

(ここが超絶に分かりにくい!!!!!発狂します)

⑥:最後のニールの言葉。まさかのカサブランカのオマージュで痺れました…。

「ルイ、これは新しい友情の始まりだ。」
– カサブランカ

⑦:エントロピーの逆転。未来の地球がもう散々な状況になっているから、エントロピーを逆転させて、物体を全て逆行させることで人類を消滅させる計画なのは分かりました。

逆行マシンを使わずにそれを実現するのがアルゴリズムであることも。

膵臓癌のセイターがそれを行うという、全てを道連れにしてやっぞ。というサイコパス感。

⑧:カーチェイスで主人公は逆行する自分にプルトニウムを投げた。順行シーンで見たときに違和感があったんですが、ああそういうことかと思いました。確認のためにもう一度見たい。

⑨:セイターが自殺する前にアルゴリズムを奪う理由。セイターが死ぬとアルゴリズムも起動すると。

そして、アルゴリズムの爆発が14日に起きると聞いていたから10分の挟み撃ちで、アルゴリズムへと通ずる地下への道を作った。

にーーーーーーーる!!!!!!

 

本当か?と思っていること

①:ニールがマックス(キャットの息子)説。うーん、キャットをめちゃくちゃ心配する様子やら諸々を考えるとありうる気もする。

また、未来の主人公から雇われてますしね。大方密接な関係なのかな。ラストでキャットのことを見つめる主人公を考えると、そういう仲になるのもまぁわかる。

また、ロバート・パティンソンがわざわざ金髪に染めたという話を知り、リアリティがありそうだなと。

そして、それが正とするとまじで最後のシーンが泣けますね。全てわかって死にに行くとは…。

②:順行と逆行で言葉が通じない?説。言葉が逆に流れているから、とのこと。本当かな。

 

わからないこと

①:主人公の今後。

②:プリヤのタイムライン・知っていること。なんでもありやん。役割も不明。主人公に雇われていたというか、もはや牛耳っていたような。

未来で揉めた?

③:現代のテネット組織はどう出来たの?未来で組織化されたことはわかったんだが。

④:逆行した際の身体的負荷。若返ったりはしない?まぁニールを考えるとしなそうだよね。

⑤:毒薬。偽物だった and 試験だったということは分かったんだけど、末期癌のセイターも同じ毒薬を持っていたような…。

これセイターが使ってたら死んだ?

ってことで、なんだかんだメインストーリーの部分は大方理解したかなーと思ってます。

ただ、もう一度見てぇ….、ご一緒してくださる方募集してます。