給与即日払いサービスを応援したい。

と思いました。というお話をば。

最近、だいぶ仲の良かった同僚が転職したんですよね。

非本質で誰もやりたがらないイベントの司会なども文句言わずにこなすし、いつもまっすぐなので一緒にいて心地よいかなりの好青年でした。(あまり言うと気持ち悪いのでこれくらいに)

(転職理由もかなりポジティブなものなので、別に今の職場を批判したいわけでもありません)

そんな彼が転職時に悩んだのが、資金繰りでして。

というのも、現在の勤務先の給与払いが「当月締め当月払い」で、彼の転職先は「当月締め翌月払い」だったんですよね。

つまるところ、ひと月分の給与がまるまるなくなるような状況に陥ったわけです。

(とはいえ、入社時に前もって貰っていたわけであり、文句等は何も言えない)(かつ、おそらく自分と同じようにいい気になって使ってしまったのかなと)

(そもそも計画性がないのでは、というご意見もごもっとも)



で、そこで助けになったのが今流行り(?)の「給与即日払いサービス」だったと。

日経のメディアに載ったりと、だんだんと浸透してきているのかな…?
>> 日払い給料、正社員にも広がる 思わぬ出費も安心 : NIKKEI STYLE

あと、映画好きな皆さまは知ってるかもですが、ヒューマントラスト系列の劇場では下記のプロモーションが流れますよね。

(いや、もうエリカ様が美しすぎる….)



これから自身も転職をするでしょうし、アルバイターな方々や、今月から新入社員になった夢見る(?)若者たちにも強い味方になってくれるんじゃないかなーと思います。

ようやく手にした初めての給料はそれなりにうれしいものだけど、現実問題、飲み会やらイベントの多い4月を乗り切るのはきついですからね。

(上司がおごる文化でもあればまだよいかもしれないけれど、友人やら恋人やらいろいろあるだろうなと)



とはいえ、法律的に”場合によっては”グレーになりうる可能性があるとのこと。(下記参照)

給料前払いシステムは、2つの資金繰りパターンがあります。会社側があらかじめ前払い用資金をプールさせておいてそこから支払うものと、仲介業者が持っている資金から支払うものです。後者の場合、手数料という名の利息を取って、給料を担保に前借りをさせているのですから、貸金業と同じと見なされかねません。貸金業の登録なしに運営していれば違法と指摘される可能性が大です。

給料の前借りできる分にかかる手数料を利息として考えた場合、給与ではなく金銭の貸付に当たってしまうのではないかという懸念があるのです。仮に「手数料」の6%が「利息」であったなら、法律上は1年間で72%の利息とみなされ、法廷の上限金利をオーバーしてしまいます。これでは消費者金融に借りなくて済むどころか、経営者公認の消費者金融がいるのと変わりません。いわゆる貧困ビジネスじゃないかと指摘する声も上がっています。また、給料が一部とはいえ、雇い主からではないところから支払われる、全額払いされないことなどは労基法に抵触する可能性もあると懸念されています。いま増えている「給料日払い」の仕組みとは? | 10MTVオピニオン



っていう前置き(?)はさておき、前述の彼の転職先が「給与即日払いサービス」を運営する企業だったりするんですよね。(しかもCEOが実は同級生だったりして)

だから彼は自社サービスを利用して自分が助かるかつ、サービス理解にもつながるというめちゃいいフローを踏んでるという。笑



>> Payme|福利厚生制度としての給与即日払いサービス



もちろん、手数料高いよね問題だったり、最近黄色いフィンテック増えすぎワロタ問題とかはあることは前提として、これで助かるユーザーは一定数いるだろうなと。



>> Paymeは企業を隠れみのにしたペイデイローンではないのか
>> 給与前払いサービス「Payme(ペイミー)」という貧困ビジネス – R型思考



上記のようになかなかに辛辣なご意見もあるものの、法的抜け穴やら貧困ビジネスで勝負するためにリスクテイクして起業しているわけでもなく、上記の指摘も理解しつつそれでもより良い世の中を目指しているわけで。

そんなことを考えていたら、下記のことばを思い出しました。(いや、悪口ではないんですけどね)

「人間というのは、悪口を言う側か言われる側だけなんだ。やるべきことをやっている奴は人の悪口など言っている暇はない。悪口を言うぐらいなら言われる側になれ」(立川志の輔)

悪口を言われると、誰だっていい気はしません。悪口は、脅威を感じている人に対して言うのです。つまり、あなたに悪口を言う人こそが、あなたの実力を一番評価している人なのです。悪口を言われたら「評価していただいてありがとうございます」と心の中で頭を下げましょう。(作者不明)

悪口の中においては、つねに言われてる方が主役であり、言ってる方は脇役であるという宿命がある。(寺川修司)


評論される側に立つ彼らを、そして「給料の自由化」という彼らの思想を一個人としては応援していきたいなと思いました。



ちなみにメンバー募集中だそうです。気になった方は是非に。
>> 株式会社ペイミーの募集一覧 / Wantedly

Pocket

好きな音楽についてつべこべ言う。

以下、適当にピックアップ。

the band apart – 夜の向こうへ


イントロかっこよすぎませんか?


ポルカドットスティングレイ – 人魚

“間違っていたのはあなた 負けたのは私”

というフレーズにここ2年くらい惹かれ続けてる。


あいみょん – 愛を伝えたいだとか

“健康的な朝だな”

って入りがそもそもよくて、どんな朝だろう…日差しが心地よく差して早起きできるあの感じかな?と想像してしまうし、

“明日いい男になるわけでもないからさ”

というのは男性目線のフレーズだけど、おそらくそんなに俯瞰して考えられる男性は少なくて、それこそ「あいみょん目線」が色濃くて、ステキだなと。


乃木坂46 – おいでシャンプー

“これが恋なら夢で会いたい”

って、いいよね。


yonige – ワンルーム


一番ではない相手だとしても帰った後になんとなく空く心の穴、それとなく待ってしまう着信。

と、冒頭から描写がやけにリアルなのすごいなー。


Awesome City Club – アウトサイダー


サウンドやビジュアルに限らず、「外からただ見てる臆病者」と「周りを気にせず進む枠にとらわれない者」といった二重の意味を掛け合わせているのが洒落てるよね。

加えて、親指で”まさぐる“なんて表現よく持ってきたなぁーと、そのセンスにいちいち脱帽する。


never young beach – SURELY


ネバヤンのような夏に憧れてる。


moumoon – 月のワルツ


耳馴染みがよすぎませんか。


aiko – シャッター(Drum Cover)


ユニークな曲調をモノにするaikoはやっぱりすごいなーと思う。

好きな人の前だと素直になれず、好きという気持ちと相反して強がってしまう感覚。その感覚とも相反してポップな曲調にまとめあげるところとか、やっぱりaikoらしい。

「雲は白リンゴは赤」とかもそうだけど、一見失恋の曲だなんて気付かないくらいの曲調だしね。


Suchmos – YMM


もはやド定番だけど、やっぱりかっこよいんだよね。

冷静に歌詞を見たら、俺も俺らもかっけぇ。お前はどう?って言ってることやばいなと思うはずなんだけど、もはや曲のかっこよさが勝ってるから問題ないし、タイトルだって「ヨコハマ ミナト ミライ」とかどうしたのかな?って感じだけど、やっぱり曲のかっこよさが完全に勝っちゃってる。


MONO NO AWARE – マンマミーヤ!


天才的。メロディ、リズム、歌詞、歌声って全てよくないですか?

その上で、MV含めこんなにリスナーを楽しませられるセンス。カップラーメンの3分間に人生をなぞらえるなんて。

(ちなみに歌詞に意味はないとのこと)


WORLD ORDER – BOY MEETS GIRL


Boy Meets Girlといったら、WORLD ORDERでしょ。(※異論は認めます)


bonobos – Gospel In Terminal


メロディーラインの想像がつかない。

変幻自在かつとってもグルーヴ感。癖になるね。

Pocket

私の言葉で誰かがキスをした

最近ハマりました。DADARAYの「誰かがキスをした」。

歌声も曲調もメロディもよいんですが、なんといってもMVのセクシーさ。

数十秒の、女性の悲しい妄想を映像にしました。
彼と暮らす部屋を彩る予定だった花束が、彼と浮気相手のキスシーンを彩るという皮肉。
現実にはせず、妄想にしたのは、より切なくなると思ったからです。
性根がわるいですね。

上記は本MVを担当した岡田文章監督のコメント。

悲しくて悔しくて投げつけられた花びらが、まるで浮気相手との幸せをお祝いしているようで。思わずグッときました。

今すぐここに来て
私を奪って あなたは奪えない

女性の想いを象徴する上記の歌詞と相反するMVの表情もとってもよいですね。それこそ「お幸せに」と言わんばかりな。


DADARAYについては、そういえば前にも書いてたらしく。
>> 最近ハマっている邦楽アーティストを3組ほど。- つわものどもがゆめのあと

楽曲提供はゲス極の川谷絵音なんですよね。そしてベースもゲスの極み(以下略)の休日課長。もうスーパー才能豊かだなこの人たち。なんなんだ。

特にこのバンドは、ベースが重厚かつさりげなく曲を支えている印象。ボーカルの声が特段高いこともあり、休日課長のテクったベースの音色がなければ成立しないでしょうね。

個人的にはボーカル・REISのエキゾチックな顔立ちも好み。この正統派ではないし、どタイプでもないけれど(趙主観)なぜか惹かれてしまう感じ。



ちなみに、DADARAY結成後、2局目にできたのがこの曲だそう。

同じく川谷絵音がやっているバンド、indigo la Endの「夏夜のマジック」という曲がとっても好きだったんですが、どことなく同じような雰囲気かもしれません。


一度でいいからライブで聴いてみたいな…。

>> DADARAY OFFICIAL WEBSITE (ダダレイ公式サイト)

Pocket