邦楽」タグアーカイブ

最近グッときた3曲をメモとして

書いておきたいと思います。いつの日か振り返るためのやつですね。

板の上の魔物 – Creepy Nuts


言わずと知れた2020年M1グランプリのテーマソングです。特製ムービーがカッコ良すぎる…。

過去出場芸人もオープニングのカッコよさに嫉妬していたとか。


MVの方も、フェイクドキュメンタリーで面白い。

このお二人が絶対にしないというか、自らがダサいと認定する方々を真似する姿をあえて行ってる感じが、最高に皮肉ですね。

「GODs」…笑

今を闘う受験生には、背中を押してくれる応援ソングになりうるのではないでしょうか。

ちなみに自分の浪人時は下記でした。



蒼く優しくと今年の高校サッカーの応援ソング似すぎじゃないか問題、もっと討論されないだろうか。

 

勿忘 – Awesome City Club


映画「花束みたいな恋をした」のインスパイアソング。
インスパイアにしておくのが勿体ないほどにいい…。逆に主題歌なんなんだろう?
主題歌なしで余韻をもたらすやつかな?

でもどうやら、劇中歌としては流れるみたいですね。

映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

映画の方は、結構周りに絶賛している人も多く、思わず共感してしまうそう。

というかPORIN出てるのか。尚更観たいな。

Awesome、メンバーの脱退などもありめちゃくちゃ大変な時期だったと思うんですが、このような形で大きくfeatureされるの嬉しいですね。

(他の曲に関しては、下記で過去書いてたみたい)

Awesome City Club「青春の胸騒ぎ」のメロディーラインがとっても心地よい。
Awesome City Clubにドはまりしている。


タイトルはどうして花束なんだろう。
きらめきに永遠がないことのモチーフでしょうか。

恋は、始まりの速度のまま走りきれないから難しいですよね。(別の話になりそうなのでまたいつか)

 

罪の香り – 藤井風


もともと、youtubeでカバーやってる人、くらいに思っていたんですが。

なんというか、唯一無二感がすごいですよね。

誰かに似てるみたいなジャンルがなく、ジャンル自体が”藤井風”。


いつか、この歌声を生で聞いてみたいものです。

(834.194)

4月6日(土)に行ってきました。念願のサカナクションのLIVE。

今回のライブタイトルは(834.194)。

これは、サカナクションが生まれた小樽から東京のスタジオまでの直線距離とのこと。

上記プロモーション映像がよく表してますね。

いやぁ…ものすごく良かった(語彙力)。

特に、「陽炎」とかは前参加したライブで初披露された時とかは、あれ?これは売れなそうだ…とか思いながら聞いていたけど、LIVEで聴くとめちゃくちゃ良かった。Naを言いまくる女性の演出も最高。

また、「新宝島」も最高(語彙力)。

6.1chサラウンドを配備している音響が豪華すぎて、ライブは満員でも赤字ということなので、きちんとグッズを買っておきました。

(ちなみに、大きいスピーカーを前後左右に6つ。そして、ステージ下部に低音を響かせる.1ということで、合わせて6.1とのこと)

来年も絶対行くぞ。

私の言葉で誰かがキスをした

最近ハマりました。DADARAYの「誰かがキスをした」。

歌声も曲調もメロディもよいんですが、なんといってもMVのセクシーさ。

数十秒の、女性の悲しい妄想を映像にしました。
彼と暮らす部屋を彩る予定だった花束が、彼と浮気相手のキスシーンを彩るという皮肉。
現実にはせず、妄想にしたのは、より切なくなると思ったからです。
性根がわるいですね。

上記は本MVを担当した岡田文章監督のコメント。

悲しくて悔しくて投げつけられた花びらが、まるで浮気相手との幸せをお祝いしているようで。思わずグッときました。

今すぐここに来て
私を奪って あなたは奪えない

女性の想いを象徴する上記の歌詞と相反するMVの表情もとってもよいですね。それこそ「お幸せに」と言わんばかりな。

楽曲提供はゲス極の川谷絵音なんですよね。そしてベースもゲスの極み(以下略)の休日課長。もうスーパー才能豊かだなこの人たち。なんなんだ。

特にこのバンドは、ベースが重厚かつさりげなく曲を支えている印象。ボーカルの声が特段高いこともあり、休日課長のテクったベースの音色がなければ成立しないでしょうね。

個人的にはボーカル・REISのエキゾチックな顔立ちも好み。この正統派ではないし、どタイプでもないけれど(趙主観)なぜか惹かれてしまう感じ。

ちなみに、DADARAY結成後、2局目にできたのがこの曲だそう。

同じく川谷絵音がやっているバンド、indigo la Endの「夏夜のマジック」という曲がとっても好きだったんですが、どことなく同じような雰囲気かもしれません。

https://indigolaend.com/

一度でいいからライブで聴いてみたいな…。

https://dadaray.com/