洋画」タグアーカイブ

TENET

せっかく観たので走り書きでもしたいなと思います。書いておかないと勿体無いくらいに今まで見た作品の中でもエポックメイキングだったので。

(すみません、ネタバレします)

わかったこと

①:基本的なストーリーのタイムライン。順行と逆行が視点によって入り乱れてるのまじで難解すぎますね。

②:”TENET”に込められた意味。回文。組織の名前。10分間(TEN)の挟み撃ち。ヘルクラウムのワードパズル。

ワードパズルだ!!!!と気づいたときまじでびっくりしました。OPERA、SATOR、AREPO、ROTAS….。全て出てきますね。

また、Nが真ん中に位置する。つまりはニールが真ん中にいる。鍵を担うという含みも素敵。

③:逆行弾で撃たれると致命傷になる理由。順行だと「発射前→被弾→療養→回復」となるはずのところ、逆行弾は「回復→療養→被弾→発射前」だと。

ただ、撃たれた側は順行世界にいるので回復しないんですね…。被弾はするけど時間軸だけ発射前に戻るだけで、回復が来ない。まじでイカれてる。

セイターがキャットを撃った際も、逆行弾ではないものの、両者共に逆行側にいる中で撃たれたから、順行に戻った際に被弾しっぱなしの状況が発生した。すると、キャットが回復しない。

だから主人公たちはキャットを、敵アジトではない逆行装置(オスロ空港)にわざわざ連れて行ったと。

④:赤と青の意味。順行と逆行を上手く表してましたね。キャットの赤いドレス似合ってたな….。

そしてマスクの有無。これがあったからカーチェイスをなんとか理解できました。

⑤:最後のニールの行動。まじでこれが一番難解でした。映像が時系列になってないのまじでやめてほしい(褒め言葉)

最後の10分の挟撃作戦の際は、ニールはブルーチームつまりは逆行側。10分の逆行で爆弾の仕掛けに気付く。

この時すでに順行時間では爆弾が爆発しているから逆光のニールは止められない。

だから順行に戻った際、主人公たちに車で注意しますね。でも止められなかった。

最後はこの順行のタイムラインで「世界を救った」と終わるんですが、実はこのあとニールはまた逆行してるんですね。

そして扉の鍵を閉め、敵に打たれて死ぬ。(だから主人公視点だとニールが生き返って、扉が開いたと見える)

(ここが超絶に分かりにくい!!!!!発狂します)

⑥:最後のニールの言葉。まさかのカサブランカのオマージュで痺れました…。

「ルイ、これは新しい友情の始まりだ。」
– カサブランカ

⑦:エントロピーの逆転。未来の地球がもう散々な状況になっているから、エントロピーを逆転させて、物体を全て逆行させることで人類を消滅させる計画なのは分かりました。

逆行マシンを使わずにそれを実現するのがアルゴリズムであることも。

膵臓癌のセイターがそれを行うという、全てを道連れにしてやっぞ。というサイコパス感。

⑧:カーチェイスで主人公は逆行する自分にプルトニウムを投げた。順行シーンで見たときに違和感があったんですが、ああそういうことかと思いました。確認のためにもう一度見たい。

⑨:セイターが自殺する前にアルゴリズムを奪う理由。セイターが死ぬとアルゴリズムも起動すると。

そして、アルゴリズムの爆発が14日に起きると聞いていたから10分の挟み撃ちで、アルゴリズムへと通ずる地下への道を作った。

にーーーーーーーる!!!!!!

 

本当か?と思っていること

①:ニールがマックス(キャットの息子)説。うーん、キャットをめちゃくちゃ心配する様子やら諸々を考えるとありうる気もする。

また、未来の主人公から雇われてますしね。大方密接な関係なのかな。ラストでキャットのことを見つめる主人公を考えると、そういう仲になるのもまぁわかる。

また、ロバート・パティンソンがわざわざ金髪に染めたという話を知り、リアリティがありそうだなと。

そして、それが正とするとまじで最後のシーンが泣けますね。全てわかって死にに行くとは…。

②:順行と逆行で言葉が通じない?説。言葉が逆に流れているから、とのこと。本当かな。

 

わからないこと

①:主人公の今後。

②:プリヤのタイムライン・知っていること。なんでもありやん。役割も不明。主人公に雇われていたというか、もはや牛耳っていたような。

未来で揉めた?

③:現代のテネット組織はどう出来たの?未来で組織化されたことはわかったんだが。

④:逆行した際の身体的負荷。若返ったりはしない?まぁニールを考えるとしなそうだよね。

⑤:毒薬。偽物だった and 試験だったということは分かったんだけど、末期癌のセイターも同じ毒薬を持っていたような…。

これセイターが使ってたら死んだ?

ってことで、なんだかんだメインストーリーの部分は大方理解したかなーと思ってます。

ただ、もう一度見てぇ….、ご一緒してくださる方募集してます。

スカイウォーカーの夜明け

8で割とぐちゃってしまった感が否めず、今回どうなんだろな…と思ってたんですが、結論、期待値以上によかったなと。

映画作品単体としたら評価が割れてしまいそうだし、ツッコミどころも相変わらず満載なんですが、スターウォーズファンという前提で観ると最高だと思います。なんてったってオマージュだったり、細かな設定が満ち溢れているので。

(とはいえ、結構温かな目で見ないと評価はできなそう…。)

下記、思ったことを忘れないように諸々メモしたいと思います。(ネタバレがあるのでまだの方はここまで)

・海で戦うシーンはエピソード3のオマージュに当たりそう
レイのフォースに力が宿りすぎてびびったけれど。

・パルちゃん強すぎ
一人で艦隊レベルやん。というか、原子炉ファンに落ちていって生きているってどういうこと?

・最後二人の墓?にライトセーバー埋めにいくのよかった
レイアがライトセーバーのトレーニングしてたの初耳すぎてびっくりしたけど。ただ、ファミリーネームがないレイがその地で名乗る意義…。

・ルークがまたXウイングあげるのよかった
そのXウイングにルークのヘルメット被って搭乗するのもファンとしてもたまらん…。

・ハンソロの名誉勲章をチューバッカがもらうの素敵
だけど、マズ・カナタなんでも持ってるキャラになると、なんでも成立してしまうことになるな…。そもそもルークのライトセーバーも持ってたのなんで?

・レイアのライトセーバーが白かった理由
これは、アニメ版?か何かに出てくるらしく、ジェダイを守る意思を象徴する色らしい。枯渇したジェダイ、スカイウォーカーの血統を大事にしていくという意思を重ねるとなるといい演出だなと。

・シス・ウェイファウンダーという名前…
ダサすぎないか…

・フィンはレイに何を言おうとしてたんだ?
自分もフォースが使えるって報告?愛の告白?

・どことなく「ダンケルク」
民間船が集結する感じが。

・連続ハイパースペース・ジャンプかっこよかった

・ランド・カルリジアンなのになぜか感動しなかった…。
登場シーンが残念すぎる

・全体的に理由が薄いよね
生きていた理由、回復した理由など、諸々謎を残しすぎていていくらでもつっこめてしまう。ただそれが製作陣の意図ならばもう仕方ないなと

・ライトサイド、ダークサイドと血筋が入り組んだ選択が良かった
ライトからダークに行ったアナキン、それを取り返したルーク。今回は血筋はダークなレイと、ライトなカイロレンがお互いに交差しようとするんですよね。この構成は最高だった。

話は変わりますが、エピソード7でライトセーバーの構え方を見た瞬間に”レイの正体”に気づいた友人、ほんと尊敬だなと。

「プーと大人になった僕」を観ました

観てきました。「プーと大人になった僕」。

クリストファー・ロビンは、大人になり愛する妻と娘とロンドンで暮らし、忙しい毎日をおくっていた。 ある日、仕事のことで頭を悩ませていたクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての大親友のプーだった! 大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな感動の物語。

結論、想像以上に良くて、ちょっと泣きました。

まず、やっぱりプーさんがかわいい。

製作陣はよくあのぬいぐるみのプーを採用したなぁ..とちょっと感服しました。フルCGやら手段は多々あったろうに。

でもその選択がすごく当たっていたように思います。目のクリクリ感も自然な動きもない代わりに、森で薄汚れていく感じ。壮大な森で風船を持ってポツンと佇むプーさんのあの佇まい。

それはそれは、愛くるしさが爆発してました。(グッズも売れそう)

次に、奥さんが美人。

どこかで観た顔だなーと思っていたら、MARVEL「キャプテン・アメリカ」シリーズのヒロイン!

https://www.google.com/search?q=%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB&sxsrf=ALeKk00XS4pU6p0toVpFCNHVTAVXEk8bjQ:1612355890249&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiuw9vg3c3uAhWLwpQKHXxqCtkQ_AUoAXoECAoQAw&biw=886&bih=766

あの切ないラストを連想して、勝手に寂しい気持ちになってました。笑

そして、ユアン・マクレガーさえもかわいい。

本作、キャスティングがピカイチですね。。。ほんとに。

どことなく少年っぽさを感じさせる俳優としたら、ユアン・マクレガーがご名答すぎました。改めてすごい俳優だこと。

加えて、心に残る秀逸なセリフの数々。

People say nothing is impossible. But I do nothing every day.
– みんなはなにもしないのは不可能だっていうけど、僕は毎日やってる「なにもしない」を。

If there ever comes a day when we can’t be together keep me in your heart, I’ll stay there forever.
– もしも一緒にいられない日が来ても、僕はずっと君の心野中にいるからね。覚えていて。

If you live to be 100, I hope I live to be 100 minus 1 day, so I never have to live without you.
– もし君が100歳まで生きるなら、僕は100歳マイナス1日生きたいな。そうすれば君なしの1日を過ごさなくていいから。

A day spent with you is my favorite day. So today is my new favorite day.
– 君と過ごす日は、どんな日でも僕の大好きな日だよ。だから今日は僕の新しいお気に入り。

イケメン。

それと、”風船は持っているだけで幸せ”的なフレーズもよかった。自分にもいろんなものが新鮮に見えていた頃があったんだなぁ…と、ちょっと悲しくなったりもしました。

ただ、年齢を重ねるにつれてたくさんのことを学び、自然に多くのことが見えるようになってからが、本当の真価が問われるんでしょうね。

何もしないことに一生懸命なプーと、労働中心の生活をしている大人の僕。

これはよくある働くことへのアンチテーゼ作品か?(ドラスティックなのは嫌だな…)

と思いきや、働く・働かないではなく、”大切な人との大切な日々を思い切り楽しみなさい、自分にとって大切なこと、好きなことをしなさいよ。”というメッセージングが、わざとらしさゼロで伝わってきて、観ていて心地よかったです。

そして、やっぱりプーさんはひたすらにイケメンでしたね。

本作、クリストファー・ロビンとプーさんは、長い間離れ離れになりますが、そうすると普通は愛情も友情も薄れていくもの。大切なつながりがあったことも忘れてしまいがち。

でも、プーさんはクリストファー・ロビンのことをずっと信じ続けているんですよね。会わない間もずっと会いたいと思い続けている。いやぁ痺れる。イケメン(3回目)。

現代人にはプーさんの哲学が必要かもしれません。

そんなプーさんが初めて出版されたのは1926年。今年で92歳とのこと。