スカイウォーカーの夜明け

8で割とぐちゃってしまった感が否めず、今回どうなんだろな…と思ってたんですが、結論、期待値以上によかったなと。

映画作品単体としたら評価が割れてしまいそうだし、ツッコミどころも相変わらず満載なんですが、スターウォーズファンという前提で観ると最高だと思います。なんてったってオマージュだったり、細かな設定が満ち溢れているので。

(とはいえ、結構温かな目で見ないと評価はできなそう…。)

下記、思ったことを忘れないように諸々メモしたいと思います。(ネタバレがあるのでまだの方はここまで)

・海で戦うシーンはエピソード3のオマージュに当たりそう
レイのフォースに力が宿りすぎてびびったけれど。

・パルちゃん強すぎ
一人で艦隊レベルやん。というか、原子炉ファンに落ちていって生きているってどういうこと?

・最後二人の墓?にライトセーバー埋めにいくのよかった
レイアがライトセーバーのトレーニングしてたの初耳すぎてびっくりしたけど。ただ、ファミリーネームがないレイがその地で名乗る意義…。

・ルークがまたXウイングあげるのよかった
そのXウイングにルークのヘルメット被って搭乗するのもファンとしてもたまらん…。

・ハンソロの名誉勲章をチューバッカがもらうの素敵
だけど、マズ・カナタなんでも持ってるキャラになると、なんでも成立してしまうことになるな…。そもそもルークのライトセーバーも持ってたのなんで?

・レイアのライトセーバーが白かった理由
これは、アニメ版?か何かに出てくるらしく、ジェダイを守る意思を象徴する色らしい。枯渇したジェダイ、スカイウォーカーの血統を大事にしていくという意思を重ねるとなるといい演出だなと。

・シス・ウェイファウンダーという名前…
ダサすぎないか…

・フィンはレイに何を言おうとしてたんだ?
自分もフォースが使えるって報告?愛の告白?

・どことなく「ダンケルク」
民間船が集結する感じが。

・連続ハイパースペース・ジャンプかっこよかった

・ランド・カルリジアンなのになぜか感動しなかった…。
登場シーンが残念すぎる

・全体的に理由が薄いよね
生きていた理由、回復した理由など、諸々謎を残しすぎていていくらでもつっこめてしまう。ただそれが製作陣の意図ならばもう仕方ないなと

・ライトサイド、ダークサイドと血筋が入り組んだ選択が良かった
ライトからダークに行ったアナキン、それを取り返したルーク。今回は血筋はダークなレイと、ライトなカイロレンがお互いに交差しようとするんですよね。この構成は最高だった。

話は変わりますが、エピソード7でライトセーバーの構え方を見た瞬間に”レイの正体”に気づいた友人、ほんと尊敬だなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA