シティ・ポップ独特のやるせなさがいい。

最近、いわゆる「シティ・ポップ」という類が好きらしい。とはいえ、定義はよくわからん。ということでひとまず調べてみる。

シティ・ポップとは、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 主に1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称である。「和製AOR」などとも呼ばれる。

上記はwikipedia先生参照。

きっかけは、今年のVIVA LA ROCKで、Suchmosあたりを聴いたのと、back numberのボーカルがAwesome City Clubを聴いているのを知ったから。例えば下のやつとか。

このボーカルの絶妙な気持ち悪さがポイント。非常にジャミロクワイチック。

おしゃな日常を送ってるんだろうなぁ、この人たち。

かわいい。

うん、かわいい。

なんか落ち着くんだろうな、あまり無理して歌ってないところとか。歌詞も重たくなくて、アーティスト自体も非常にファッショナブルでなんだかイマドキというか。(カタカナ多い。笑)

そんな中でも自分は、独特の軽やかさとゆるさ、そして、やるせなさを感じる曲が好きらしい。下記はその中でも大好きな4曲。

これはもうおしゃれすぎる、超popeye系男子。

あとの3つは夜に聴きたい曲。

浮遊感最高。

帰宅途中に聴いてしまう。番組?ラジオ?で、乃木坂の橋本奈々がオススメしてたとか。いいセンスやなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA