「君の膵臓をたべたい」の瑞々しさに、心が浄化された(気がする)

観てきました。話題の”キミスイ”こと、住野よるさん原作「君の膵臓をたべたい」。

新宿のレイトショーにて。(終わったら26時)(祐天寺まで歩くのめちゃ大変やったな….)

https://www.toho.co.jp/movie/lineup/kimisui.html

あらすじは下記を参照下さいませ。

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

結論、映画は映画なりに成立していたと思います。観てよかったな、と思えました。

原作者の住野よるさんは、情景の描写にあまり多くのことばを使わず、特段綺麗な表現とその余白で物語を進める方だな。だと認識しているんですが(個人的には)(中でも、この方の作品は登場人物のセリフが好きです)、その分、監督・製作陣・キャストの力量が問われがちで、映像化はなかなかに難しかったはず。

しかしながら、美男美女・桜咲く街並みが織りなす情景がとにかく瑞々しくて。脚本もさることながら、その映像自体に見応えがありました。

泣くことを迫るようなプロモーションはいつまでも受け付けないな。

本作に向けて発言されたのかはわかりませんが、とてもバランス感覚のよい方ですね。

観ようかな…と考えている方は、ぜひ原作との間違い探しをせずに観ていただきたい。(もちろん、出来る限り原作に忠実であるべきだとは思いますが)

お互いを思い合う関係性がやさしくて温かくて、とても好きでした。(ネタバレしてしまいそうなので詳述は避けます)

つい、ああこんな青春がしたかったな….。と思いましたね。

余談ですが、住野よるさん作品だと、「また、同じ夢を見ていた」が好きです。この作品の持つやさしさは結構タイプ。(下記です)

にしても、浜辺美波。もうなんといっても、浜辺美波!!!!!。圧倒的に可愛すぎる…だけならまだしも、声もいいのがずるい。いやぁ可愛い。

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B5%9C%E8%BE%BA%E7%BE%8E%E6%B3%A2&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwik9NfjxLPVAhWBVLwKHew8CbcQ_AUICigB&biw=1401&bih=776

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の”めんま役”で出演した際の儚げな面持ちが印象的で、本作の主人公にぴったりだな…と妄想していたら、今回本当にキャスティングされていてビックリしました。(”じんたん”を演じた、村上虹郎くんもよかった)

https://www.fujitv.co.jp/anohana-drama/index.html

もはや、世の男性陣は「”浜辺美波”の可愛さを大スクリーンで堪能する」という目的で、1,800円を払ってもいいんじゃないでしょうか?(上映中に思わず、かわいいな!って言いそうになった)

他の出演陣みんな好きかつ、小栗旬・北川景子と、なんという豪華な!といった感じだったけど、中でも矢本悠馬くんは凄まじいと思う。(最近うなぎ登りじゃないかな?)

あの立ち位置を演じる役者といえば、もはや彼か濱田岳か?といったところ。ちはやふるといい、本当にいいポジションを確立してるなぁ。

https://www.google.co.jp/search?biw=1401&bih=776&tbm=isch&sa=1&q=%E7%9F%A2%E6%9C%AC%E6%82%A0%E9%A6%AC&oq=%E7%9F%A2%E6%9C%AC%E6%82%A0%E9%A6%AC&gs_l=psy-ab.3..0l8.439897.441240.0.441953.13.10.0.0.0.0.434.2006.0j1j3j2j1.7.0….0…1.1j4.64.psy-ab..9.4.1287…0i4k1j0i4i37k1.6KYp-dnfjK4

そして、主演の北村くん、ただただイケメンでした。号泣シーンがよかった。思わず少しだけもらい泣きしちゃいましたね(原作知ってると泣けなくなるタイプ)(かつ、泣ける!って言われると泣けないんだけどな)(だから、アイアムサムは泣けなかった)。

イケメンの割に、地味な役どころには不思議と合っていたようにも思う。音楽グループで活動してるんですね。存じ上げませんでした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E5%8C%A0%E6%B5%B7

また、”優しさの死に化粧で…”という歌い出しで、本作を彩ったミスチル大先生には本当に感服ですね。

歌詞が本作にぴったしすぎる。さすがはモンスターバンド。

https://j-lyric.net/artist/a001c7a/l041806.html

(同じ文脈でback number先生の”青いまま枯れてゆく…”もすごいと思ったけれど)

青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく

下記にミスチルの桜井さん、原作者住野よるさんの主題歌「himawari」に関するコメントがあったので、気になる方はぜひに。

https://www.cinra.net/news/20170421-kimisui

最後にちょっと話は変わるんですが、”さくら”という名前の女性は、なぜか1人残らず明るい気がする。自分の周りだけかな…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA