20141126_00

「インターステラー」に感じた宇宙映画の最先端

20141126_00

観てきました。”インターステラー”。

クリストファー・ノーラン最新作です。いやー、この人の頭の中を覗いてみたい。と本気で思います。(「ダークナイト」シリーズ、「インセプション」などを撮った監督です)

おそらく彼の集大成となる作品。圧倒的に面白い。ノーラン作品が好きな方は必ず観ましょう。

あらすじとしては、近未来、地球規模で食糧難と環境変化が起き、人類滅亡間近という状況。そんな中、人類が移住可能な新たな惑星の探査飛行というミッションに、元パイロットかつエンジニアの主人公が大抜擢。地球に残してきた家族と人類滅亡の危機。二つの間で葛藤しながらも、宇宙船に乗り込み懸命に奮闘する….。といった流れ。

この人の最近の作品には、”方向”があると思っているんですが、「ダークナイトシリーズ」では、一旦落ちて最後に上がった(ライジング)。「インセプション」では内側に進んでいった。そして、この作品ではどちらかというとマイナススタートで上に上がっていく感じでしょうか。(いや、どの作品もある意味マイナススタートか)

とりあえず見終わって、なぜか身体が熱いんですよ。いい意味でぐったりしてしまって。とにかくインスピレーションの大きさが尋常じゃない。見えている世界が違いすぎて、ただただ考えさせられました(いやまぁ自分と違うのは当たり前なんですが)。

重力と次元の話でも相当すごいんですよ。本当に。ただそこに「愛」を盛り込み、「エゴ」を盛り込み、自分は”何に生きるのか”ということを問わせ、”地球が滅亡しても人類が滅亡するわけではない”というメッセージを感じさせ、人類が今まで(現在進行形か)地球にしてきたことの報いを考えさせ、それを圧倒的な映像美と重々しい演出を魅せる…..

なんだこれは。って感じなんです。本当に。これが3Dであったら半端ないでしょうね。砂嵐のシーン、宇宙でワームホールをくぐるシーンなど。(2Dでもすごいです)

そして、地球があんなにも荒廃するに至った原因が作品中で一切語られないのも、おそらく演出なんでしょう。本当にこの人の作品は、観る人によって観え方が相当に変わりますね。想像力をどこまで掻き立てさせられるのか。

まぁでも相変わらず演出は重苦しい。愛する家族のために地球を救いに宇宙へ旅立つ。これだけを聞くと、もはやアルマゲドンですからね。全く違うんですけど。色調も静寂もダークですから。予定調和的なところもなく、感動大作!!!って宣伝で観れる感じでもない。宇宙に行っても、SF!キラキラ〜っ的な要素は皆無。レベル感としてはインセプションの夢の階層を降りる感じと似てますね。

「相対性理論」、「5次元理論」といった、難解で複雑な理論を掛け合わせていますが(ノーランお得意の手法)、科学系な知識が全くない人でも割と楽しめると思います。自分もうっすーく相対性理論を知っているのみなので。

ただ、知っていれば尚更面白いんだろうなぁ。相当な専門家とタッグを組んで、知識的な面を組み立てているそうなので。(相対性理論の本に、この映画の帯が巻いてあったら売れるでしょう)

そして、この作品は「2001年宇宙の旅」のオマージュなんでしょうね。HALを思わせるロボット、異次元へのワープ映像など。あの荒唐無稽な感じに加え、この作品には家族愛を絡ませた分、温かさがあって、詰め込めるだけ詰め込んだのにきちんと収束しているのがすごいんですが。

となると、キューブリックさんすげえってなりますね。1968年に既にあの作品を撮っているということが。(そういう凄さでいうと、デヴィット・フィンチャーの「ファイト・クラブ」だったり、「ゲーム」は、今見ても本当に新鮮ですごいな。と思っていたんですが、ちょっとレベルが違います。)

また、本編後半、宇宙空間に投げ出された主人公が5次元空間へと続くワームホールを急降下するシーンは、ヒッチコックの「めまい」のポスターデザインへのオマージュでしょうか(?)。

初めの方に感じるひっかかり(”STAY”など)を全て綺麗に回収してくるところも流石でした。「時空を超えた愛」の表現方法も重厚で綺麗だったなぁ。少し展開が希望的すぎるということはありますが、宇宙空間は勿論のこと、娘の部屋が積み重なるあのシーンの映像美は芸術そのものだと思います。(あのシーンの壁紙ほしい)

キャストも、アン・ハサウェイ、マイケル・ケインなどダークナイトシリーズでおなじみの方から、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーなど、演技派が集まっていて、見応え満載です。ただ、マット・デイモンがこういう宇宙系の作品に出ると、どうもエリジウム感が出ますね。

この作品のPVの主人公が地球で家族に別れを告げるまでのシーンが、マン・オブ・スティールの主人公(つまりスーパーマン)が育ての親と地球で過ごすシーンとめちゃくちゃ似ていて、またそういう感じですかね。って感じだったんですが、すみません。ノーランさん。(おそらくそれは、ハンス・ジマーの音楽の調子が似ているからということもあるはず)

ぜひ観てください。おすすめです。(疲れるのでデートには向かないでしょう)

最後に一つ。

ラストシーン。アン・ハサウェイが宇宙服のヘルメットを脱ぎます。あれはノーラン作品おなじみの、結末を考えさせる演出なんでしょうかね。どう思われたか、観た人と話してみたいです。

それでは。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です