月別アーカイブ: 2016年6月

最近、癒しをくれる3曲

最近、癒しをくれる3曲

最近、繰り返し繰り返し聴いてしまう固定曲を、記録もかねてご紹介。

Awesome City Club – Vampire

ポップな曲調とVOCALのPORINの声がベストマッチする一曲。ちょっと切ないけどかわいらしい。女性目線でヴァンパイアを描くのがとても新鮮。

youtubeだと1サビまでだけど、iPhoneアプリの「MusicBox」で、フルバージョンも落ちていたりするのでぜひ。(アプリのURLをリンクさせようと思ったけど、同名アプリがありすぎ問題により出てこないため、割愛)

作詞にはチャットモンチーのクミコお姉さまも参加。豪華。この曲もオススメ。PORINちゃんかわええ。

実は7月8日にライブ@恵比寿リキッドルーム参戦、楽しみだなー。

ハナレグミ – おあいこ

失恋して落ち込んでる時に先輩が送ってきた一曲。優しい声。まぁ弱ってる時はどストレートに効きますね。

全て終わってから改めて気づく、今までもらってきた優しさ。今なら言えるのに、ってことばがどんどん浮かんできたりして。飾らないPVの雰囲気もいい。

作詞作曲は、RADの野田洋次郎。ほんと才能あるなー。

Suchmos – MINT

もう、この曲はかっこよすぎる….。この人たちは日常を映すだけでこんなにキマッてしまうのか。程よい抜け感も心地よい。悩みも迷いも様々あるけれど、聴いてるとモヤモヤが晴れる気がして救われる。

どこまでものびのび自由にやってる感じがたまらなくいいですね。今年の夏はこの曲と過ごす気がするなー。

歌い方が特徴的なため、おそらく歌詞が聞き取れない箇所があるはず。ということで記載。

ハイゲインノイズでノックアウト ふらふらで 大気圏までGOだ
しけた顔は やめとけ 冴えないAll young dude
洒落たカッコじゃ隠せないBaddy never tells A lie
目が慣れたら ひとまず 気の抜けたコーラでも飲んで

周波数を合わせて 調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?
空白の何分かだって その苦悩や苦労を Blowして踊りたい

錆びた弦で良い
破けたジーンズで良い
孤独な夜が あっていい
何も無くても 笑えていればいい
何も無くても 歩けさえすればいい

周波数を合わせて 調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?
空白の何分かだって その苦悩や苦労を Blowして踊りたい

周波数を合わせて 調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?
空白の何分かだって その苦悩や苦労を Blowして踊りたい

PVはリーバイスとのコラボ。最近、アーティストとファッションとのコラボ増えた気がする。大きくくるめたライフスタイルの提案として相性いいんだろうな。

この曲聴きながら、海までドライブとかしたい。

気の抜けたコーラまでカッコよく思えてしまうのは、ちょっとずるい。

Pocket

最近、つい観てしまうバラエティを二つ。

最近、つい観てしまうバラエティを二つ。

しゃべくり007」、「アメトーーク!」、「イッテQ」は当然好きだけど、もはや殿堂入りということで割愛。以前は「SPEC」が好きだったなぁと回想。(バラエティじゃない)

*キスマイBUSAIKU!?

月曜夜11時フジテレビ。キスマイのメンバーが毎週テーマ(軽井沢デート、夜食づくり、サプライズ誕生日など)に沿って、自分が思う“カッコイイ男子”を演じる。その映像を見た一般女性100人が評価してランキング化、という番組。

5歳上の姉貴が藤ヶ谷君にドはまりし、実家でオススメされたので観てみたらまぁー面白い。


とにかく藤ヶ谷君はデキ過ぎる。おかしい。なぜこんなに常にスマートなんだろうか。ジャニヲタをあんなに嫌っていた姉貴が好きになるのもちょっと分かる気がする。


個人的に水回りの横尾君がツボ。宮田君・千賀君のイケてなさ加減もいい。反面教師は勉強になります。

スクール革命!」とかを観る限り、ジャニーズ系って結構面白いんだな、とも思ったけれど、あれはザキヤマと内村先生のリードあってこそか。

*マツコ会議

土曜夜11時日テレ。マツコとディレクター、AD、プロデューサーが集まり、毎週最近話題の気になるスポット(蒙古タンメン、看護師寮、猫カフェなど)に出向く。インタビュアーと中継をつないで、マツコが好き勝手突っ込みまくるという番組。

マツコ出演はどれも当たりが多いけれど、この番組の面白さは群を抜いている気がする。


これは、渋谷肉横丁編。割となじみ深いとこにずがずがと入り込んでいく感じも新鮮。(マツコさん大きい!言ってる肉寿司女子4人組の一角かわいい。)

マツコは素人一般人にも、ADにも、誰に対してもつっこめて面白くできるのがすごい。思わず確かに!と思わせることを即座に言う。余談だけど、マツコのチャームポイントは口の小ささだと認識。

ちなみに、ドラマでは「ゆとりですがなにか」が面白い。ところどころ、セリフがかなりいい。ということで一部抜粋。(バラエティはどこいった)

「入れそうな大学入って、入れそうな会社入って辞めずに続けてんだよ。すごくね?ゲームでいったらレベルアップしないで何回も何回も同じこと繰り返してるわけじゃん、余裕でクリア出来るステージを。無理だわー、ないわーその才能。だから(自分は)こんな暮らしなんだな!!」

「いきなり押しかけてきて、家族は、兄妹は、会社はって、俺のことは何にも聞かない。俺はどういう人間で、何考えているのかなんて、どうでもいいってことですか。結婚すんのは俺っす。家族兄妹会社、周り関係ねえっす。いやもっと言えば、娘さんが何考えているか、どういうことで悩んでいるか聞かずに、適齢期だから結婚か仕事か選べって、、、わかんねぇっす。」

「何を隠そう先生はね、ゆとり教育を受けた最初の学年です。ゆとり第一世代って呼ばれてます。…学力が低下して、社会問題になりました。おまけに社会に出たら、使えない、覇気がない、ガッツがない、言われたことしかやらない、ライバル意識がない、危機感がない、緊張感がない、予期せぬアクシデントに対応できない。全部言いがかりです。国が勝手に土曜日休みにして、教科書薄ーくして、それでテストの成績下がったからって、ポンコツ扱いしてるんです僕たちを。でもね、ゆとり世代にも、長所はあるんです。他人の足を引っ張らない。周囲に惑わされずベストを尽くす。個性を尊重する。…みんなと一緒に勉強して、みんなと一緒に社会に出るために必要な特別な措置です。大悟が電卓を使っていい時代がそのうち来ると思う。それが本当の平等。本当のゆとり教育だと先生は思います。はい。この話はおしまい…」

さすがはクドカン。

Pocket

ZUNNYが好き。

ZUNNYって?

リクルートが運営する「インフォグラフィック」まとめサイト。

ZUNNY -図にするとわかる-

コンセプトは下記に引用。

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報を
「図に」してみなさんにお届けするサイトです。

新聞などで、事件の記事を補足するために
挿絵や図表が入っていることがありますよね?
このサイトで主役となるのは、記事ではなくて図の方です。

情報を図にすることで、スマホの小さな画面でも
パッと見ただけで内容がわかる。
理解するのが難しい事象や、文字では伝わりにくい内容でも、
図で表すことで問題の本質が明らかになったり、
面白く伝えることができるようになったりする。

そんなインフォグラフィック・ニュースで、
新しい情報の眺め方を見つけてください。

シンプルでわかりやすいものが多い。けど、あまり知られてない(はずな)ので、今回はいくつかご紹介。(すべてお酒関連なのは狙ってはない)

飲みやすいのは? デート仕様・ワインの選び方目安

これはデートでかなり使えるはず。ちなみに自分は「シャルドネ」「カヴェルネ・ソーヴィニョン」が好き。つまりは重め。

ひと目でわかる「クラフトビール」の”違い”早見表

社会人になって、ビアバーに行く機会も多いはず。そんな時うんちくとして使えたらカッコいい?かも?(そんな男ダサいと思うけど)

アサヒスーパードライ、エビスビールはそもそもタイプが違うんだよ。くらいは知っておいてもいいかもね。

実は日本酒と近い?「焼酎のつくり方」を図解

焼酎にはかなり疎い分、これは勉強になった。日本酒は「青二才」とかに行って店員さんと話すと詳しくなれる(はず)。

“無駄だけど人生を楽しくするもの”に詳しくなりたい。と思う日々。

Pocket