月別アーカイブ: 2013年9月

SPECはどうして面白いのか。

image
今日、映画につながるドラマ「SPEC 零」の放映があるということで、SPECがどうして面白いのかをちょっと考えてみました。

SPECはどうして面白いのか

1, なぜなら、俳優の演技力があるから

戸田恵梨香と加瀬亮。主演二人の名演技は外せないポイントでしょう。他スペックホルダーも凄い。神木くんの可愛げを漂わせながら狂気に走る演技も素晴らしい。

2, なぜなら、登場人物のキャラがいいから

天才故に変人、そして熱血馬鹿。だけど、生き方が真っすぐで人間としてカッコいい主演二人。二人を温かく見守る係長。個性が豊かすぎるスペックホルダーとその他の方々。一人ひとりのキャラが物凄く濃くて、それぞれがきちんと立っているから、コアなファンが生まれやすいんだと思います。(コアなアニメファンが生まれるようなイメージ)(でも、城田優の狂ったキャラは男子が見てもひどいですね)

3, なぜなら、ギャグを許容できる雰囲気があるから

係長がところどころでいれるギャグ。ぶっちゃけ一つ一つを見ると、そんなに面白くはないですよね。それをうるさくもウザくも思わせない作品自体が持つ雰囲気がなかなかなく、この作品の凄いところなんだと思います。はっきりとしたギャグではないんだけど、センスの良い知的な面白さが鏤められているから、ストレートなギャグが出てきた際に、違和感をあまり感じないのかもしれません。
(この雰囲気でつまらないと感じる人もきっといるはず)

4, なぜなら、監督が堤幸彦だから

ギャグ要素はいいとして、この監督の特徴としたら映像の独特なカット。東京都庁?東京タワー?赤坂?(詳しく覚えてないのですが)を上から撮影するカット。超人的な聴力を持つ桂小次郎が出たときのあの上からのカット等が特異で、他の作品ではなかなかないですよね。そして、ほんのりダークでシュールな世界観。ところどころ有名アニメ、ドラマのキャラクター、ネタを入れてくる作風。ドラマ最終回のエンドロールの終わりに、”映画かなんてぜってぇしねぇから”と当麻に言わせておいて、映画につながるドラマのエンドロールの終わりに、”東宝さんよろしくお願いします”と瀬文が言うというキャラを活かしたシュールな面白さが出来る雰囲気を醸し出せる作品を作れる監督が凄い。

5, なぜなら、主題歌がいいから

THE RICECOOKERSの”NAMInoYUKUSAKI
この作品の、なんとなくダークでごみごみした感じにめちゃめちゃマッチするんですよこれが。堤監督の指示で、ドラマ版は各回毎に楽曲にアレンジが入っているのも凝ってますよね。ドラマ版のエンドロールのデザインもオシャレなことオシャレなこと。

6, なぜなら、大ヒット作品の続編だから

主演2人に台本が初めて渡された時には、SPECというタイトルは決まっていなくて、ケイゾク2という名前だったという事はご存知ですか?主演の2人は、大ヒットドラマの続編ということで、かなり重荷に感じていたそうで。もともと中谷美紀と渡部篤郎のタッグでした。以下、wikipedia先生からの引用。

“ケイゾク”と呼ばれる、迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課弐係(架空の部署)に配属された、東大卒のキャリア警察官僚柴田純と、元公安の叩き上げ刑事真山徹が難事件を解決していくミステリードラマ。シリーズ前半は持ち込まれる事件を解決する刑事物として、小ネタを散りばめたコメディー要素の強い一話完結のスタイルを採りつつ、シリーズ後半に向けての伏線を少しずつ描いてゆく。シリーズ後半では真山と快楽殺人犯朝倉の因縁を巡る物語をシリアスに展開させるという構成となっている。[1]タイトルの『ケイゾク』は「現在も鋭意“継続”捜査中である」という事に由来している。 警察の実情とは異なる設定が多いほか、これまでの刑事ドラマと比べ無機質で暗鬱とした雰囲気を醸し出しており、メイン演出の堤幸彦による演出スタイルは新鮮さと特異性に溢れていた。過去の刑事ドラマへのリスペクトを感じさせながら、2000年代以降につながる斬新さを持つドラマであるとも評価されている[1]。

竜雷太も野々村係長として出演していて、ケイゾクを元にしたネタもSPECには出てきます。

7, なぜなら、挿入曲が良いから

渋谷慶一郎さんが手がけているから。(参考URL→http://togetter.com/li/81356)

8, なぜなら、フィクションの中にも現実味があるから

SPEC自体には全くリアリティはありません。SPECなんて現代にはありません。しかし、作品のテイストは妙に人間臭くて、もしかしたら僕もSPECを持っているのでは・・・と、小学生くらいの子が見たら思ってしまうくらいの世界観に仕上がっている。また、これから何年後かにはこんな能力が芽生えるのでは?と思っている人も多分ほんの数%はいるはず(?)。

9, なぜなら、大きなテーマがあるから

SPECは、前半がミステリータッチで、後半からSPECホルダーと主人公たちの対立、スペックホルダーと人間との対立が描かれる。映画で出てくるであろう「シンプルプラン」というスペックホルダー殲滅計画というのにも見える大きなテーマ。

10, なぜなら、伏線の張り方がうまいから

謎がだんだんと明かされていく感じ。実は城田優がドラマ版の黒幕だったという展開。映画に複数残る謎。にしても、ドラマ版と映画版の間に放映された「SPEC 翔」での謎の明かされ方は半端無かったですな。

11, なぜなら、食べ物が特徴的だから

この作品にはなくてはならないニンニクたっぷりな餃子、餃子鍋、マヨネーズがかかったメロン、当麻が飲むハチミツ、さっぱりおろし天つゆネギだこ、流し餃子、柿ピー、駄菓子の烏賊のやつ…..

12, なぜなら、習字の字を中塚翠涛先生が担当しているから

image

これです。中居正広のミになる図書館という番組で、芸能人の美文字鑑定をしてますね。

13, なぜなら、特殊能力が映像的に見劣りしないから

色々な能力が出てきましたが、それに映像が負けてないのが凄いなと思います。ニノマエの時間を止めて銃弾を跳ね返す能力も、当麻の死者を呼び戻す能力もビジュアルがしっかりしてますよね。まぁ、そんなに特殊なビジュアルが必要な能力が出てないというのもあるんですが。映画の伊藤淳史の能力に出てきたタコは、ちょっとなぁと思いましたが。

14, なぜなら、グロいところがはっきりとグロいから

意外と血が出ますよね。

15, なぜなら、謎だから

そもそも設定自体が未詳という謎で、SPECという力の謎。志村がブブゼラ軍団に殺された謎。いとも簡単に津田助広が死んだ謎。地居が津田助広だったという謎。白い男の謎。瀬文が能力を持っているかもしれないという謎。映画化したらその謎が神話に沿ってますます謎を呼び、そしてオカルトチックにもなり….
いやー、映画が楽しみです。
http://www.spec-movie.jp/index.html

Pocket

新しい採用サービス、試してみませんか?


viimo_logo

これまで、「人材×IT」の力を使って様々な新規事業立案に取り組んできたパソナキャリアが、この度、ビデオ面接システム”viimo”をリリースします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆viimoとは ?

URL : https://www.viimo.me/

・面接の度に交通費を払って選考に行くのは、金銭的な負担がツライ・・・
・自分の活動や部活、アルバイトが忙しく、面接に行く時間が作れない・・・
・文字だけの経歴で判断されたくはない・・・
・もっと多くの企業が受けたいのに、時間の都合で受けられない・・・

そんな学生さんの悩みを解決するビデオ面接サービスです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スクリーンショット 2013-09-12 15.37.57
そして今回、正式なプレスリリースの前に、これから就職活動を控える学生さんを対象とした「viimoスペシャルイベント」を開催することになりました。

・WEBを使った新規事業ってどう創るの?
・新規事業を興した人の考え方・ビジョンとは?
・パソナキャリアで働くやりがい、楽しみとは?

といった素朴な疑問に、ランチを食べながらざっくばらんにお答えします。

◆イベント申し込みはこちらから
URL : http://p.tl/Ysrg

<イベント参加までの手順>
①上記URLからエントリー

②担当者からの詳細の連絡を受け取り、ご自身で1分間の自己紹介を撮影

③動画を指定されたアドレスに送付
(動画撮影はとても簡単!お手持ちのスマホを使って、3分で済みます!)

※詳細に関しては、エントリーした頂いたのち、担当者からご連絡します。
※開催日時に関しては、個別に調整のご連絡をさせて頂きます。

希望者には、これまで1000人以上の面接を担当してきた面接官による個別の就活相談会や、ご自身のPR動画に対しての細かなフィードバックも行います。

関心のある方は、ぜひご応募下さい!!

Pocket

“Pintern”β版をリリースしました。

1186251_157702567771903_1714466327_n

9月6日、”Pintern”β版をリリースしました!

———————————————————————————————————————————————–

β版 サイトページ:http://pintern.com/top

Pintern Facebookページ:https://www.facebook.com/pintern.pasona

———————————————————————————————————————————————–

今まで人々の働くインフラを作り、多くの方々に提供してきたパソナグループ。

今回は学生にとっての働くインフラ、成長機会が増えるようなインフラを作りたいという気持ちから、パソナキャリア新卒採用担当の一社員と、パソナキャリア14年度内定者、インターン生が一丸となって、このサービスを作り上げました。

自分もインターンとして、多少なりと携わらせてもらっていますが、少人数なおかつ短期間でここまでこぎつけたのはお世辞抜きで凄いと思います。(特に上司は激務そのものでした。)

“インターン”と聞くと、とりあえず意識が高いだとか、インターンなんてやるよりも自分が本当にやりたい活動に専念した方がマシだと考え方をする人も多いと思います。(SFC生は特に。笑)

しかし、職場でしか得られないこと、経験があるのは確かです。自分も様々な職場を経験しましたがその都度反省があり、学びがありました。(現在もです。)

長期インターンという制度では、日本はまだまだ後進国。特にアメリカでは、大学に入るとすぐに学生は長期インターンを始め、企業で働く経験をもとに、自分の適正を見極め、スキルアップを図っています。

このPinternというサービスでは、より多くの学生に長期インターンの機会を提供し、既存の就職活動のように、3年生になってヨーイドン!で始めるのではなく、1年生の頃から企業でのインターン経験を積むことにより、早いうちから「自分にとって働くとはどういうことなのか?、本当にやりたい仕事なのか?、自分は何を働く上で何を大事にするのか?、軸は何なのか?、雇われて働きたいのか?、雇われずに働きたいのか?、ネームバリューが無ければいけないのか?、ベンチャーで活躍したいのか?….といった、“働く”を考えるキッカケとしてもらえたらと思っています。

既存の就職活動のように、短期間のうちに自分と企業が合うのか合わないのかを判断するのではなく、実際に長期を通し働いてみることで、より企業とのフィット感を図ることが出来、自分に合う企業が見つかれば、就職活動をする必要もありません。

また、“就職活動の為に、とりあえずインターンとかしておかなくちゃ”という考えではなく、純粋に自分のスキルを磨きたい、社会人レベルでより多くの経験を積みたいと考える学生に対して、圧倒的な成長機会を提供します。(“圧倒的”のような言葉を使うと、やらせ感半端ないですね。笑 でもそのくらいの意気込みで頑張っていきます。)スクリーンショット 2013-09-08 16.58.46

まだβ版ですが、これから更により良いサービスに進化させていきます。

応援よろしくお願いします。

Pocket