タグ別アーカイブ: アバウト・タイム

家族もので涙腺が緩みやすい方は、「龍馬伝第七話」を観るといいと思う。

(おそらく、号泣するはずなので。)

龍馬伝」は、福山雅治主演のNHK大河ドラマ。

龍馬と深い親交があったという同じ土佐藩出身の岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)を香川照之が演じており、他にもなかなかに豪華なキャストで展開されてたような。

Wikipedia先生は下記。
* 龍馬伝 – Wikipedia

放映は2010年ということで、自分はちょうど浪人生(龍馬も浪人とか言いたいわけではない)。日曜の20:00からは必ずテレビの前でスタンバイするくらいにはドはまりしてました。(同じく金曜の22:00も絶対に観るようにしてた)(作品名はなんでしょう)

SPECっすね)

この作品は、チーフ演出を大友啓史が務めているのが大きなポイント。(映画「るろうに剣心」のヒットで、日本のアクションに再度火を灯したといわれる監督です)

最近の作品だと小栗旬の「ミュージアム」。これから上映される作品だと「3月のライオン」の監督を務めますね。

(ちなみに「3月のライオン」だと、後編の主題歌で藤原さくらがスピッツ先生の「春の歌」をカバーするとのことで、どんなテイストに仕上がるのかが気になっている)

この監督の映像は、演者同士の交錯した想いであったり、スリル溢れる緊迫感が、映像全体からひしひしと伝わってくるので、個人的にかなり好きなんですが、やはりそれ相応に結構ハードな撮り方らしく。下記はWikipedia先生より。

芝居が終わってもカットを掛けない、10分超え当たり前の長廻し、現場への台本持ち込み禁止といった、キャスト・スタッフの緊張感を高める演出も行なわれた

大友監督×NHKだと「ハゲタカ」、「白洲次郎」とか。ハゲタカを初めて観た時は確か高校1年生とかで、かなり重厚な経済ドラマ(投資ファンドの買収劇)にも関わらず、これめちゃ面白いやん!って感じだったのを思い出す。

バルクセール(保有債権のまとめ売り)ないしは、ゴールデンパラシュート(高額な退職金)など用語の意味が全く分からないのにあそこまで食いついてみられたのは、映像自体の見応えによるところが大きかったんだと思う。

(大森南朋ってかっこいいな、と思ったのはこの作品だった)(しかし、主演の柴田恭兵の肌が汚すぎて、毎回深刻な表情とともに映るドアップに母親が文句言ってたな)

前置き長いすね。すみません。

本題を振り返ると、龍馬伝第七話「遥かなるヌーヨーカ」がおすすめというハナシです。はい。

あらすじを簡単に書くと、龍馬が千葉道場の剣術修行から15ヶ月ぶりに実家に帰ってきて、家族一同揃って龍馬おかえりムード。しかし、実は龍馬不在のうちに龍馬のお父さんの八平(なんと故・児玉清が演じている!)が心臓を患っていて、もう長くないという状況。

龍馬は、剣術を鍛えることに重きを置いて江戸に上ったわけなんですが、そこで偶然見かけることになる「黒船」の存在が頭から離れず、今後の自身の道に少し迷いを憶えているんですね。そんな龍馬を見て、病床の八平が、遺言ともとれるような下記の言葉を伝えます。

…龍馬。わしに構うな。おまんは剣を振り、書を読み。侍が己を磨き、高めよういう気持ちを忘れたら生きておる値打ちは、無いぜよ
…この世に生まれたからには、己の命を使い切らんといかん!使い切って、生涯を終えるがじゃ
…おまんは、一回りも二回りも大きゅうなって江戸から帰ってきてくれた。それだけで十分ぜよ。…我が子の成長が、親にとっては一番の幸せながじゃ

(まぁ正直、ここら辺でもう泣きそうになるんですが)

その後、龍馬の発案で家族一同を桂浜に連れ出すんですね。ピクニックのような感じで。そこで龍馬はお父さんと家族に向けて、自身の夢を精一杯宣言するわけです。そして、それを涙を堪えながら、ただただ聞く八平…。

あとは、実際に映像を見てほしいと思いますが、上記シーンはもう、結構やばいです。結構泣きます。思い出しただけでちょっと涙目になってきます。

大学生の時、一人暮らしでふと思い出して、2、3回くらいはネットで拾って観ていたんですが、見事に毎回泣いてましたね。今回、紹介がてらdailymotionあたりの埋め込みでもしようとしていたけれど、見事に消えていた…。(残念)

確か、Huluとかで観れたはず(?)なので、気になった方はぜひ観てください。おそらく前後の文脈を掴めずとも、第七話だけを観るだけでじーんと来るはず。

自分が最近泣いた家族ものは「湯を沸かすほどの熱い愛」ちょっと遡ると「世界から猫が消えたなら」、更に遡ると「アバウト・タイム」なので、このあたりが好きな方には特におすすめかもしれません。

ちなみに脱線するけど「アバウト・タイム」で好きなセリフは下記。

私たちの人生も同じよ いろんな天気があるわ

パパのいない人生に興味はないの

(下記、かろうじて一部だけ見つけた。)

1207_02_01_10_遥かなるヌーヨーカ_倒仰8 from kotanigu on Vimeo.

Pocket

やっぱり、アバウト・タイムがよかったと思う。

(ちょっとミーハーだけど。)

だいぶ話題になってたし、ツイッターやらインスタで絶賛している人もちらほらみかけた(自分もした)ので、もう既に観ている人も多いはず。(ちなみに自分は3回観た)

ちなみにストーリーは、
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

といったもの。

年が明けるタイミングでちゃんとブログを作ってみよう。
でもそれまでやらなければならないことはあるし、
いつか「アバウト・タイム」に関するブログを書きたいけど、とっておこう。

みたいなことをずるずると考えながら、今日に至りました。

で、当初は「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」というタイトルの、”愛おしさ”って果たしてどういうことなんだろうと、感覚的にわかっていることについてしっかり書いてみたいな。と思っていたんですが、
考えれば考えるほど、わからない。ので、

この作品のどこがよかったんだろう。というお話にします。
で、いくらか考えたんですが、、、

  • どんな能力を使っても変えられないものは変えられないという教訓
  • “今、生きている” そのことが大事。という素晴らしい終わり方
  • もしかしたら自分もタンスに入ればできてしまうのでは、、と思わせるリアル感
  • 子供をお見送りするシーンなどの光の差し込み加減のあたたかさ
  • ただただキャストがいい
  • クスッと笑えるユーモアセンス
  • わざとらしさが全く見えないその演出
  • 色・風景・インテリア・服装のヨーロピアンテイストがおしゃれ

私たちの人生も同じよ いろんな天気があるわ

パパのいない人生に興味はないの

といった素晴らしいセリフの数々….

なんて、出そうと思えばいくらでも出ると思うんですが、結果、決め手ってないんだろうな。って思うんですよね。
すべて組み合わさっていたというか。

どんなジャンルだとか、いつ作られたとか、どの国で作られたかとか、誰が出ていて誰が監督しているとか、そんなことをツタヤ(登場人物)は超越していた。究極的には「いいものは、いいものだ」。そのことに時代や国籍は関係ないのだ。

と、「モテキ」「告白」「悪人」などを手がけた映画プロデューサーの川村元気さんは著書で言っていますが、まさしく、そんな感じだなーと。

また、この作品はおそらく5年後見ても、10年後見ても、同じく感動を覚えるんじゃないかと思います。
それは、時間、家族という永遠のテーマを扱っているという点が大きいし、このくらい映像が綺麗になったことに加え、作中でなにかしらのIT技術を使っているわけではないために、おそらくこれを観て「うわ、古いなー」とは思わない。違和感なしに観れるのではないかと。

定期的に観たい。そして、
できれば大事な人と。家族ができてもこういう作品を観ていきたい。
そう思える作品でした。

個人的には、主人公ティムを演じたドーナル・グリーソン(ハリポタでロンのお兄ちゃんでした)の優しさ溢れるあの風貌、ヒロインを演じたレイチェル・マクアダムスの可愛いと感じない人はいないと断言できるほどのあの可愛さ、お父さん役のビル・ナイのコミカルな演技と温かさ、このお三方がとにかくよかったですね。

ちなみに、アバウト・タイム(about time)というタイトルには、リチャード・カーティス監督の引退の意味も含まれているというおしゃれさ。(about time = 今がそのとき)

やりますね。監督。

Pocket