タグ別アーカイブ: 広瀬すず

映画「怒り」を観ました。

昨日の深夜に観てきました。24:10からの怒り。なんとも重々しい。

結論、相当よかったです。正直良すぎてまだ解釈しきれていません。ので、もう一度観ます。はい。

鑑賞後、思わず絶句する作品でした。(※ネタバレはしません)

演者一人残らず演技が凄まじくて、息をつく暇がない。全てのシーンがクライマックスなんじゃないかと思ってしまう感覚。演技に体温を感じるから、演技している感、つまりは虚構感が臭わない。 もはやエンドロールの明朝体さえ良いと感じてしまった。笑

怒りって、その感情が深くなればなるほど、外部に当たってどうこうなるものではないはず。本当に強い怒りは心の澱となり、発散されないまま積み重なっていき、ふとしたきっかけで溢れ出し、もう対処もできない。そういった心の中でギリギリのバランスをとっていた感情の揺らぎが、一気に最高潮に達した際に爆発してしまうシーンってたいてい終了間際のクライマックスで、どの劇場作品においても共通に一番の見どころ。

しかし、この作品の場合、その爆発がいつ来てもおかしくない。上映開始後間もなくに、既に爆発寸前なのでは?といった感覚を持ちつつ鑑賞を続けるハメになる。だから、観ているうちに体温が上がった気がしたし、なぜか変に体が重く、汗をかいていた。

宮崎あおいが役づくりのために増量した話を知り、役者魂を思い知ったことに加え、なんといっても綾野剛のカメレオンっぷりには驚き。すごいですね、綾野剛って。型がないというか、あの独特な彷徨い感。広瀬すずちゃんのあの静かに火をともしたような鋭い眼差しと、熱量のある演技も素晴らしかった。妻夫木君のきちんとしたゲイらしさも、森山未來の愛情と憎しみが入り混じってコントロールの効かない役どころも、渡辺謙さんの迫力も、松山ケンイチの余白のある演技も。その他演者さんも素晴らしい。(素晴らしいとしか言えない)

この作品は、素性の知れない男と出会い、親密になり、段々と疑念を覚える…..というストーリーが東京・千葉・沖縄と3つの舞台で展開されるわけですが、各々の場面の切り替えも自然で、無音シーンの取り入れ方も秀逸。監督すごい。 そもそも犯人以外を描いた2つのパートは、事件と全く無関係という、ミステリーとしては相当に斬新な構造。これを一つの作品として脚本に落とし込んだ李監督の力量に感服してしまう。

どんな局面でも、大切な人のことを信じられるか、そして信じようとしている自分自身を信じ抜けるのか。信じることの尊さと難しさを問う作品でした。生きるって難しいですね。

と、同時に、自分の中で真実だと思い込んだことが、いかに呆気なく崩れ去るものなのか、ということを思い知る作品だったなと。原作者の吉田修一先生自身、最後まで犯人を決めずに書いていたらしいですね。

また、対比がとても印象的。

冒頭の殺人現場に書かれていた白い壁への赤い「怒」という文字、そして…(ネタバレなので省略)。
性的マイノリティへの理解の浅さ、田舎という村社会の生きづらさ、米軍基地問題といった外部への怒りを抱いていたところにやってきた、素性の知れぬ男。だんだんと親密になっていく自分、果たして男を信じると決めた自分を信じ切れるのか、そして、信じきれなった自分に対する悔みと怒り

そもそも相手に愛情がなければ、怒りを抱く前に諦めに至るはずなので、怒りって本当は愛情なんだろうな。怒る、怒られるってそもそもすごく疲れるので。その工数を割く程にあなたに愛情を抱いていますっていう裏返しになるはず。

その点、妻夫木君演じる優馬から「お前のこと、疑ってんだぞ」と真正面から言われた際に、綾野剛演じる直人が返した「疑ってるんじゃなくて、信じてるんでしょ」というセリフはとても印象的。この作品の核だったと思いますね。

そんな上記ゲイカップルの2人は決して向かい合うことがなく、ラーメン屋の描写だって、窓際だって、ベットシーンであっても、常に同じ方向を向いていました。相手を見つめると、自分がマイノリティであることを否応なしに自覚してしまう。そのことを避けているんですね、とても象徴的な撮り方。

作品の中で2つだけ突っ込みどころ(というか、プラスに思わなかったこと)を挙げるとするならば、高畑充希ちゃんの鼻が喋るたびにピクピクするところと、号泣する妻夫木くんが”涙そうそう”に見えてしまうところくらい。逆にそれくらいしかなかった。笑

泉ちゃんのセリフから、あるドイツの諺を思い出したので、最後に。

“怒りに対する最上の答えは沈黙”

Pocket

ありがとう、目黒シネマさん。

観てきました。目黒シネマさんの「ちはやふる」上の句・下の句同時上映。

ちはやふる

とにかく瑞々しすぎる。千早の通う”瑞沢高校”の瑞は、瑞々しいの瑞なんだろうか。
純粋に青春ど真ん中を疾走する主人公。ためらいつつ、彼女の輝きに魅了されてしまう少年たちの葛藤。その描き方がお見事。思わず共感する人が多いはず。

千早が新からもらった情熱が、太一をはじめ瑞沢チームのみんなに伝播し、最後には新に戻り、観客の心をつかんでいく。
とにかく中高時代へのノスタルジーがすごすぎて、こんな情熱を持って部活に向き合っていれば…と、少し人生を後悔する映画ランキング3位以内超個人的野村周平くんのイケメン度が光る映画ランキング1位にランクインしました。

個人的に太一君には共感せずにはいられなかった。(やはりかっこいいぞ、野村周平くん)そしてこんなに三角関係をきれいに描いている作品は久しぶり。
また、キャストたちの演技もさることながら、國村隼の声にしびれる。

特に競技シーンの映像には見入ってしまう。競技かるたの激しい体の動き、手さばきを撮影するため、1秒で約1000コマの撮影が可能なハイスピードカメラ「ファントム」を用いたとのこと。
光の当て方も絶妙で、あの光り具合を出すためには照明をガンガンをたく必要があったはず。パンフレットによると”18kwの照明を至近距離で2台”用いたらしい。(もはやアクション映画。笑)

また、クイーンを演じた松岡茉優が本当に札一枚の端っこを綺麗にとれるようになった。というエピソードは、”カルター”になるためのキャスト陣の猛特訓ぶりに感服してしまう。

しかし「下の句」には突っ込みどころも多い。
特に許せないのが、北央からもらった超貴重なノートをカバンにいれたまま、太一の帰りを土砂降りの中で待つシーン。思わず「おい!」とまた思った(鑑賞2回目)。

ちなみに、多くの人がきっと気になっているであろう、「ちはやふる」の”ふる”がなぜ濁点のつく”ぶる”ではないのか

それは、平安時代は濁点が使われなかったため「ふる」と書いて「ぶる」と読み、いまでは「ぶる」表記になっているものも多いものの、タイトルに濁点をつけたくなかったことと、「ふる」の方が細胞の揺らめきみたいな繊細さが感じられて、見た目も響きもカワイイと思ったから。

また、小学生くらいの子供がはじめて古典の札を見たとして「ふる」と書いて「ぶる」と読むとは思わないだろうという考えと、実際に原作者が幼少期にそう読めなかったから名付けたとのこと。

小倉百人一首それぞれの歌に込められたストーリーをもとに、登場人物たちの青春を描くという作品自体の構成は、本当によくできているなと思う。漫画1巻につき、二首ずつをテーマにストーリーを作っても、ざっと50巻分の展開は可能。頭いいな。

また、この作品で外せないのは主題歌の「FLASH」。本編が終わっても心地よい余韻が残る。”百人一首”と”デジタルサウンド”という真逆のものを合わせることを斬新だなぁと思いつつ、作品のテーマにぴったしと合う。
競技かるたは一瞬一瞬の勝負の世界。1,000年の歌い継がれてきた歌を一瞬で払いあう。その刹那性が主人公たちの青春の短さとうまく重なっていた。

最後に、予告編を2つ。

いやー、素晴らしい企画をありがとうございます。目黒シネマさん。
このタイミングで再び観られてよかった。自分もあれくらいの情熱を傾けたい。そして、続編が待ち遠しい。

原田先生の「青春全部懸けてから言いなさい」に改めて痺れる。頑張らねば。

“近江神宮参拝の為に滋賀県に行く”という、やりたいことが増えた。できれば和装を着て。

Pocket

日記

尊敬してやまない先輩が同じような形式で日記を書かれていて、一歩近づくためにも真似してみる。というていで、いつかの日記をいまさら更新。おそらくGWのどっか。

先輩の記事を見た限り、できる限り行ったこと・思ったことを詳細に書くことがポイントらしい。なるほど。

・9時半頃起床、とはいえ二度寝。というか最近行き始めたジムのせい?おかげ?か筋肉痛で起きれない。
・SNSをぐだっと見てシャワーを浴びてのんびりと。
・遅刻しかける
・あわてて電車。木村カエラ/東京事変を久々に聴き、かっこよさにしびれる。
・というか、木村カエラって手広いイメージだけど何者なんだろう。と思う
・原宿に到着。人よりまとまりにくい髪の癖を持っている分、少しばかりお金をかける
・営業で短くした分、伸びた分に気になる。切ってもらいつつパーマをかけていただく
・超絶軟毛・猫っ毛・生え癖の3大TOPを兼ね備えている系男子としては、とても効果的のパーマ先生。
・アシスタントさんに「マイ・インターン」を勧められる
・1ヶ月以内に観て、次の来店で感想を伝えるタスクが増える。
・美容師さんにはハンバーガーの話で盛り上がる。新宿のj.sはハンバーガーを舐めているらしい。ハンバーガーでダメでも本業は服だしね!的な雰囲気を感じると。厳しい。
この店は本当におすすめらしい。そこまで言うならいく
・この後、どうするんですか?と聞かれ、飲みに行くんですって答える前に、LINE開いたら今日やっぱ無理と言われる
・おっと。予定がなくなる。
・どうしようかとネットを回遊していたところ、「ちはやふる」に興味をもつ。
・映画好きの友人に観たか聞こうと思ったら、Twitterのプロフ文に「ちはやふる 上の句は5回、下の句は2回見ました。」と書いてある
・気にせずDMしたら、割と何言ってんのかわかんないくらいに絶賛される
・なんとなく観たら面白かった「るろうに剣心」的な面白さと、Perfumeの音楽を楽しみに検索
・池袋の映画館なら上の句、下の句を間15分で観れることが判明
・ポチる。
・久々の池袋へ移動。浪人時代が懐かしい。
・せっかくだからと思い、よく通っていた油そばの春日亭、めっちゃ繁盛店になってた。なんだか父親目線。
・AKBの真夏のSounds good!が流れてた。大島優子好きだったなー…。今も好きだけど。


・カウンターに浪人生。浪人生ってどうして一目で分かるんだろうなー服装かなー雰囲気かなーとかぼんやり考える
・15分くらい待って実食。うん、おいしい。


・美味しく食べて満足だなー
・と思いきや、150円とかで頼める卵かけごはんが大盛過ぎて、ひたすら苦しむ。どうしてそんなにサービスしちゃうの?(宣伝)
・いやー、苦しい。ひとまず苦しすぎるのでトイレのコンビニに駆け込む。
・なんとか解消し、映画館に向かう。
・まだ少し時間があるので駅前デパートで母の日のプレゼントを物色
・マカロンでも贈ろうと思いつつ、映画館へ
・「ちはやふる 上の句」鑑賞。結論、めちゃくちゃいい
・なんというか瑞々しい。興奮した。中高生・部活へのノスタルジー、太一くんへの共感を思った。
・小倉百人一首それぞれの歌に込められたストーリーをもとに、登場人物たちの青春を描くという作品自体の構成に改めて感服。
・15分後に「ちはやふる 下の句」を鑑賞。こちらもいい。
・純粋に青春ど真ん中を疾走する主人公。ためらいつつ、彼女の輝きに魅了されてしまう少年たちの葛藤。その描き方がお見事。思わず共感する人が多いはず。
・しかし、北央ノートをカバンに入れ、土砂降りになりながら走るのは…。
・割と興奮したので、パンフレットを購入しかけた。上の句は販売していませんと言われあきらめる
・興奮したからか、池袋から祐天寺まで歩こうという謎のイベントを企画(とはいえ、おそらく食べ過ぎが気になっただけ)
・帰りに聴いていたindigoの「夏夜のマジック」やっぱしいい。これからの季節に聴いてほしい


・途中、ネパール料理店を見かける。店名に少しほっこりする。

ネパールの方がつけた店名かと思うと、にわかにときめく。

Ryo Haraguchiさん(@ryoharaguchi)が投稿した写真 –


・祐天寺まで歩くつもりが割と時間がかかり、明日早いことを思い出して、渋谷で電車乗車
・その後はぼんやーりして、ワインとか飲んで、寝た気がする

うん、そんな感じ。思い出すのって疲れるな。そして、あんま詳細覚えてない

Pocket