タグ別アーカイブ: スカーレット・ヨハンソン

機内で観た4作品

行ってきました。シンガポール。
楽しかったです。暑かったですけど(非常に暑かったですけど)

まぁ旅行自体のことはまた後に書くとして、
そのフライト中に映画を計4本(行き2本、帰り2本)観たので、その感想でも書こうかな、と。

まずは、「イミテーション・ゲーム」

内容は下記参照。

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

ものすごくよかったです。最近観た実話の中では一番好きでした。
天才ゆえの苦悩と、中枢側から見た戦争中の葛藤。どうしようもない戦争の悲惨さに胸が痛かったですね。

その上、主人公アラン・チューリングの真実をイギリス政府が何年にもわたって隠していたこと、実際の戦時中にドイツ軍が使用していたエニグマ(暗号製造機)が毎朝そのシステムを改変するハイパー優秀なものだったこと、主人公たちが発明した暗号解読機が後のパソコンの原型だったことなど…..

色々とワクワクする要素が多かったです。

また、脚本のグレアム・ムーア氏がアカデミー賞受賞時の台詞で口にした「stay wired, stay different」という言葉。この作品のテーマはまさにこの一言に詰まってますね。

チューリングが発明したマシンの名称の由来の明かし方も、わざとらしくなくてグッときましたし、とびきり切なかった。

主演のベネディクト・カンバーバッチ。シャーロックシリーズやスタートレックでの演技も光ってましたが、この作品は彼の最高傑作だと思います。

頭の良さそうな芝居をするというより本質的に頭が良いと感じる。存在感が世間離れしてますね。葛藤する表情やマシンの設計に励む姿など、一つ一つの挙動がとてもセクシーで、数学者役にピッタリでした。

次に、「LUCY」

内容は下記参照。

マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。

テーマは好きですね。人間の脳みそは10パーセントしか使われていない。残りを解放したら何が起きるのか、、、という。どことなく「SPEC」シリーズと似てますね。というか、作品開始後の上空からのカメラワークなど、どことなく重なる要素が多かったような、、、、。

ところどころバイオレンスな表現があるので、苦手な方は観ない方がいいですね。+ストーリーが薄い。単調。自分はあまり好きじゃなかったですね。どうしたリュック・ベッソン。

しかし、モーガン・フリーマンとスカーレット・ヨハンソンは素晴らしい。至って素晴らしい。

3本目、「ベイマックス」

内容は下記参照。

西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。

面白かったです。正直なめてました。笑
まぁよくある心癒す系のあれね。現代人にターゲティングしちゃってる感じね。とか思ってましたが、純粋に楽しめました。本当の悪役の意外さ、そしてその悪役が生まれるに至るあらすじには、独特のディズニーらしさも感じましたね。

ベイマックスにはまっていた友人(ベイマックスフリーク)が一時急増した時期がありましたが、それも少しわかりましたね。あのぷにぷにフォルム、包み込む優しさ、的確な判断力、そして電池が切れると丸っきり役に立たないダメっぷり、、、でもそこもまた可愛いというずるさ。素晴らしいじゃないですか。もう。ごめんなさい。

最後に一つ、舞台の名前が「サンフランソウキョウ」って知ってる人どれくらいいるんだろうか。笑

ラスト、「ヘアスプレー」

内容は下記参照。

おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する。

最高です。もう。本当に。
帰りは日系の航空会社ではなかったので、映画に日本語字幕がつかず、すべて日本語吹き替えだったので、歌だけでも楽しめるこの作品を選びました。

大好きなんですこの作品。もう何回見たことか。笑

img_1

知らない人に言うと驚くのが、このお母さん役をやっているのが有名俳優のジョン・トラボルタだということ。
この人です。このダンディなおっさん。

b8f6f3014de3f1cd4c1d762e2c199fc6

黒人差別なども少しはテーマとして扱っていますが、基本的に意味のない作品です。
でもその分、とびきり楽しい。めちゃくちゃハッピーになれます。

ぜひ観てください!!!!!!!!!!!!!
使われている歌も素晴らしいので、もしハマったら言ってください。CD貨します。

ちなみに、主演のニッキー・ブロンスキーはこの作品のヒットとともに有名作への出演がさっぱりなくなってるんですね。ファンとしてはかなり悲しい。彼女は今どうしてるんだろうか。

Pocket

ナオコーラと「her」

山崎ナオコーラさんが恋愛に対して、素敵なことを書いています。

…長く会わないでいた同世代の友人と会うとき、「パートナーシップ」についての話題がよく出る。「最近どう?彼氏は、いる?」「結婚の予定はないの?」等々。
私も聞くし、相手からも聞かれる。
結婚トークは面白いし、自分にその予定がなくても、盛り上がれる。
でも、たまに違和感を覚える。
久々に会う女友だちが、自分の彼氏の話をする。「彼は私にこういうことをしてくれる」「でも、こういうことをして欲しいのにしてくれないのー」「別れた方がいいのかな?」等々。
学生時代は「彼のこんなところが好き!」「先のことはわかんないけど、夢中なの!」と言い合っていたのに、結婚を意識する年代になると、恋愛観が変わるのか?
瞬間における人との心の触れ合いを重ねていくことを恋愛だと思ってきたはずなのに、いつの間にか自分の人生にメリットのある関係を築いていくことが恋愛であるかのように会話をしてしまっている。
私はやっぱり、立ち戻って、恋愛を捉えたい。
恋愛においては、「相手が自分に何をしてくれるか」「大事にしてもらえるか」ということよりも、「自分がどうするのか」「自分は相手を大好きだ!」と考えることの方が重要だと、私はこれからも、考えたい。
だから、大好きな人に出会ったときに「出会えただけで十分だ」と私が思う可能性がある。結婚しない人生も私にはあるだろう。
ただ私は、自分の結婚式で蝶ネクタイを締め自分で司会を務めたい、という野望を持っているので、それができなかったら、少し残念だ。

相手が何がしてくるかではなく、自分がどう思うか、相手をどんなに好きか。
まさしくごもっともだと思いました。自分の想いがいくら強かろうと、相手にそれを押し付けていいわけでもなく。

この言葉は、映画「her」にも通づるものがあります。

この作品、ご存知ですかね。
「ザ・マスター」で難しい役どころを演じきったホアキン・フェニックスが、彩り豊かな色調の中でいい演技をしていたあの作品です。
スカーレット・ヨハンソンの声の良さの方がfeatureされていて笑いましたが。
(個人的にはエイミー・アダムスの地味目な役どころのマッチ具合もすごかったと思う)

アバウト・タイムが日本で上映する前に、ちょっと話題になっていました。
(どちらも渋谷のシネマライズはしっかり上映していたな。やっぱあそこはすごい。センスがいい)

ストーリーは以下を参照。
近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。次第にセオドアは声だけで実態のない彼女の魅力のとりこになり……。

OSと人間の恋。今でいうiPhoneのSiriとの恋。
実態のないものとの近未来的な恋といった点で、とても注目されていました。
(その分、埋めることができない肉体的・身体的な部分を映し出す描写が多めでしたね。)

この映画にも、上記の文章を物語るシーンがあります。それも結構重要なシーン。

主人公のセオドアは、OSのサマンサに恋をするんですが、サマンサが内臓された機器はセオドアのみが持っているわけではなく、アーリーアダプターを中心に広く普及し始めているんですね。

セオドアはそのことに気づいていなかったんです。
自分とサマンサという一対一の純粋な関係に恋をしていた。

外に出て、街を見渡すと、みんなが同じ機器を持ち、みんながサマンサと話している。

主人公がその状況に気がついて狼狽するシーンがあります。

セオドアは自分の一途な想いに対するサマンサの状況に憤慨するわけです。
ユーザーであればみんなにいい顔をするのか。と。

ただ、サマンサとしてはどうすることもできない。そういったプログラムなので。

最終的には、、、、、、、(まぁここは観ていただこうと思います)
(暖色の使い方と、ロサンゼルスのやわらかいネオンが素敵なので、注目してみてください。)

この作品も、恋愛は相手がしてくれたことに焦点をあてすぎるとうまくいかず、恋愛は始まった時と同じ速度で走り続けられないということを示していたんですよね。

求めあうフェーズは勿論あれど、それは長く続かない。
(いや、続く関係もあるのかもしれないですね。経験したことないだけで)

じゃあ、どうすればいいの?となると、相手から何をしてもらうかではなく、自分が何をしてあげたいかにフォーカスする。

ずっとそう思える相手と恋愛ができれば、これほど幸せなことはないでしょうね。

そんなことを書いていたら、「ニキの屈辱」を思い出しました。

はじめも、おわりも、ナオコーラ。

Pocket

映画「シェフ」にはジョン・ファヴローのマルチな才能を感じた。

観ました。

ストーリーは下記の通り。

ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、口うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて故郷のマイアミを訪れたカールは、そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。カールはイネスやパーシー、仲間たちの協力を得て、マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けていく。

とにかくハイテンションで、南米の雰囲気が素敵なハッピーな映画です。文句なし。

南米料理の脂肪と糖分たっぷり料理のシズル感がすごすぎて、ひたすらお腹すきました。
各種SNSの盛り込み方も、主役の不慣れ感も含めてよかった。

本場のキューバサンドは、外側にもバターを塗って焼くんですね。
サブウェイとかこれに則って、キューバサンドキャンペーンやればいいのにって思ったけど、コンセプト丸崩れか。

息子に作っていたクロックムッシュも美味しそう。
カフェ・デュ・モンドのベニエも気になる。

また、この作品の主演・製作・監督・脚本を、ジョン・ファヴロー(主演の太っちょの男性)が務めているのが驚きでしたね。

「アイアンマン3」「アベンジャーズ」の製作総指揮後に手がけた作品だと思うと、この役者は本当にマルチな才能に惚れ惚れしました。
前半部分、あんなにガタイのいい人が繊細な料理を作る画はちょっと面白いけれど。

他キャストも割と豪華。

印象的なのはやはり、スカーレット・ヨハンソンかな。
もう「her」で散々取り上げられていたけれど、この人のハスキーボイスは本当にエロい。
アーリオオーリオがあんなに色っぽく見えるとは。。

ナオコーラと「her」

そして、奥さん美人!と思っていたら、42歳なんですね。すごいな。
ソフィア・ベルガラ(Google画像検索)

最近はこういう映画が好きです。
日常の延長線上にあると感じられて、飛躍しすぎず、一人間の転機を描いているのだけれど、とてもリアリティがあるような。そして終わり方がナチュラルでおしゃれな。

考えてみると、「はじまりのうた」もそうだったな。細部とかめちゃこだわってるんですよね。”自然を表す演出”が本当に自然に見えているから良い。

演じようとする歌手、歌おうとする役者

あと、この作品がいい!と思ったら、ぜひパンフレット買うといいですよ!
本作品に出てきたメニューのレシピが、コウケンテツの監修とかで載ってるので。

キューバサンドパーティとかやりたいな。(絶対やらない気がする)

Pocket