正社員フリーランスをしてみて。

子供の頃、意味もなく憧れていた芸能人がおりまして。それが「木梨憲武」と「所ジョージ」だったんですよね。

何故かを一言で言えば、それは“マルチ”だから。お笑い(?)という枠組みを取っ払って、色々やってて楽しそうだなと。イキイキしてる姿がめちゃかっこいいなこの人たちって。(ちょっと生きてる世界が違いすぎる例えかもしれませんが)

実際に自分も働くのであれば、一つの職場に身を置くのつまらんなーと。漠然と思っていました。

とはいえ、新卒のペーペーかつベンチャーの忙しさに揉まれていたところ、そんな願望もどっかに見失いかけましたが。

って下手くそな前置きを書きましたが、現在正社員フリーランスをしていまして。なんとなくあの時想像していた理想に近づきつつあります。

一つのところで結果を出しやがれ!って感じかもしれませんが。はい、すみません。(その点、副業OKしてくれてる会社様、本当にありがとうございます。といった感じです。)

昨年よりフリーランスでの活動はしていたし、その前もちょこちょこ副業で支援するなどはありましたが、割と本格的に正社員しながらフリーランスをした際の実感値を記録として書いておきたいと思います。


■メリット

・お金は貯まります

これはもう圧倒的かなと。まだ自分の相場感がわかってないのですが、正社員+交通費などを加味した分を上乗せしたくらいにするのが一般的とどこかで読みました。

やっぱり、お金がないと心がしんどくなるじゃないですか。圧倒的に余裕がなくなるし。(その結果、恋愛に失敗したケースの経験もあるので)

そういった状況に陥らないように保てるのは本当にありがたいですね。

またリアルな話、短期的な引っ越し資金、中期的な起業資金に充てようと思っている反面、このメリットは本当に助かります。

・色々なツールがいじれます

自分はマーケ・PRの案件をいただくことが多いですが、基本的な概念が一緒であっても企業ごとに使用ツールが違かったりするのが面白いですね。

例えば、MAツール一つとってもSalesforce入れてたり、hubspotだったり、KAIGANだったり…。

このツールってどう?という相談事にも乗れる回数が増えることもあり、結果として役立てる面が広がっていく感覚は純粋に嬉しいです。

・個社ごとの課題、注力ポイントが見えてきます

業種・業態が近すぎるところは受けないようにしていますが、今までIT畑の経験しかない分、使うことのなかったであろう頭を使う経験ができてるなーと思います。

・いつ辞めてもいいと思えてきます

辞めたいけれど、経済的にきついから仕方なく続ける…。という状況が無くなりますね。

あれですよ?いつでも投げ出してやる〜!とか思ってるわけではないですよ?

・他社の成功パターンを活かせます

一度経験してうまくいったことが自分の中でパターンとして蓄積されていくので、同じ局面の課題にぶち当たった時の対処スピードがめちゃくちゃ上がります。

・n倍速の経験をする結果、スキルがより身につきます

同じ業務であっても、n社n様の状況で対策するので、より太いスキルが身についているなというのがメリットですね。

また、正直そこまで得意ではない…という業務であってもやらざるを得ない場合が出てくるので、結果として経験値はすごくついたなと思います。

・結果としてネットワークが広がります

単純に業務を通して関わる人の幅が広がりますね。飲みに行ったりもしますし。

人脈を求めてさまよい歩く人がすごく苦手なんですが(言う必要ない)、仕事を通して結果として人脈になるというプロセスは気持ち良いですよね。

■デメリット

・自由時間は減ります

これは結構覚悟した方が良いですね。

土日も仕事しますし、飲み会は極力減らした方が良いと思います。(何社から受けるかによりますが)

・体調崩すと死にます

これが最大に怖い…。体調崩すと全ての企業に迷惑をかけることになるので、睡眠時間は削っても6時間は必ず寝ましょう。

・税金が高いです

高い。


と、あくまでもメモ書きでだいぶ粗いかもしれませんが。

より貢献できるよう努力するのみですね。尽力します。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です