対話

嬉しいことに、とあるインタビューで自身のキャリアについてお話しする機会をいただきまして。

その際に、これまでの人生の棚卸しとしてライフログを作ってみたんですが、すごく良い体験だったのでメモっておきたいと思います。

作ったのはこちら

上記はインタビュー用に大学生以降に寄っていますが、一度見える化することで自分を俯瞰できる感じがして、だいぶスッキリする経験でした。

そのタイミングタイミングでのキーパーソンも挙げさせていただきましたが、本当に素敵な出逢いに恵まれてきたんだな…ということにも改めて気付くことができました。本当にありがとうございます。

またインタビューを通して色々と気づきがあり、やっぱり対話って大事というか、コーチングのありがたみのようなものを改めて感じました。

例えば、個人的に大事にしている「機会があればまずやってみる、動いてから考えてみる」という、ポジティブにいうところの思い切りのよさ、そのスタンスはどのように構築されてきたのか。

忙しく過ごす中で、そんなこと自分一人では考える機会もなかったんですが、きっかけは遡るところ小学生時代にありまして。

当時の自分といえば、母の作る料理が最高すぎて(言い訳)、肥満児認定ギリギリのぽっちゃり。

ただ、サッカークラブに入っていたからか運動神経がそこそこよく、頭も悪くはなくテストは満点が当たり前、親の影響か字が上手く、ピアノを習っていたため音楽の授業でも目立つ….。

しかしながら、デブ(クリティカル)。

そして周りより頭のサイズがBIGというコンプレックスをクラスメイトのみならず、5歳上の姉貴もいじりまくり、学校にも家庭にも逃げ場がない…。

そんな無邪気ないじりを気にしまくった結果、周りの目をひたすらに意識するようになり、それ故に引っ込み思案でした。

ただ、転機は中学生時代に訪れまして。

サッカーからバスケに転向し、鬼指導にしごかれた結果、めちゃくちゃに痩せたことも相まったんですが、殻にこもってる自分を変えたくて(小学生時代の鬱憤によるものかと思うのですが)、やれること全てに手を挙げてみたんですよね。

その結果、生徒会副会長、バスケ部部長、合唱コンクール実行委員長、運動会主将….とありとあらゆるところに自分の名前がある状態。

小学生時代から頭は悪くなかったので、学内テストは常に2位(1位の彼は生徒会会長でした)、単純に目立つ=人気ということなのか、空前絶後のモテ期が来たりと、まさにマリオでいうところのスター状態でした。

反面、まだまだ自分が未熟で、人間性が追いついていなかったせいか、かなり自己中心的な性格。

後輩から反感を受け校内中の黒板に「◯ね」と書かれたり、濡れ雑巾をバッグに入れられたり、他クラスの女子グループから目の敵にされたりと、今思うと懐かしいですが、当時はまぁまぁしんどかったイベントも数多く経験しました(遠い目)。

分かりやすい嫉妬、出る杭を打つ感じもあったと思っています。

塾に通わせてもらいながら、勉強せずに恋愛するという反省でしかないイベントもアンロック。(今風に言いましたが用法は合っているだろうか)(それでいて受験に失敗)(本当にごめんなさい、両親)

そんなこんなで、結果として良いことばかりではなかったものの、積極的に動いたからこそ得られた悲喜交交なあれやこれやの価値を実感でき、だからこそ、ひとまず動いてみるという今のスタンスが生まれていたんですね。

(代償として自律神経がイカれたことにより、汗っかき体質もここで爆誕しましたが)

ということを、対話を通じて改めて再認識できました。

もしかしたら、これは就活時点で自己分析をしっかりとやっていれば気付けていることなのか。(これまた自分の未熟さを思い知る)

フリーランスとして活動し3年くらい経ちますが、個人的に最も不足していたのは対話なのかもしれません。(コロナも相まり)

と、だいぶ雑に締め括るメモ的な何某でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA