そういえば、スター・ウォーズ。

を、観てました。先週末に。

観てよかったものと、何か書きたい欲に駆られるものをこのブログには書くようにしているんですが(どうでもいいですねすみません)、2年後のために何を思ったのかをメモ程度に残しておこうかなと。

あらすじは下記をご参照くださいませ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

(下記ネタバレは避けます)

所感としては、なんだか飛躍しまくっていてまだなんともいえない…というのが正直なところです。エピソード9で本作に入れたツッコミの数々をきちんと回収できるのかちょっと不安ですね。

その他、回収できないツッコミは下記など。

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』 ファン激怒の酷すぎシーン10選

ただ、序章と終章の間はやはり難しいんだろうなとも思っていて、それにしては見ごたえ自体は多分にあったんじゃないかなと。(そういえばエピソード2はひっちゃかめっちゃかではあった)(アナキンとオビワンの途上感が逆に好きだったりしたけれども)

スター・ウォーズというとなんだかいつの間にかお高く留まっているというか、高貴な作品になっていた印象なんですよね。

ただ、元はと言えばどこかもわからない辺境の地から出てきた主人公が活躍する話なので(アナキンは神話とちょっと絡められているので特別なんっだけど)。本作をそういったとこに原点回帰しようとしている心意気にはとても気持ちが高ぶりました。(ネタバレなのでこれ以上詳細には言えない)

文脈変わりますが、おしゃれというか、映画通なんすよ!みたいなアピールをしたいがためにスター・ウォーズを連呼したい大学生が多くて、そういうの見る度に絶賛”心の中で”中指を立ててもいました(脱線ココマデ)

また、前作にも増して見栄えのするシーンが多くて、例えばスノークとのシーンなんかは赤が存分に映える映像で最高でした。そういった意味では今回の7~9シリーズが一番好きかもしれない。

とはいえ、お前誰やねん!とか、このシーン要るの!?何?何何?みたいな頭にもなってしまったのは確か。次回作でぶっ飛ばしてくれることを期待してます。

あああああ、っと書きたいことは山積みなんですがもはやネタバレを通り越して、憶測でいろいろと語り始めてしまう気がするので、このくらいにしておきます。それでも一言言うならポーグ(ミレニアム・ファルコンに住み着いた鳥類)、かわいすぎませんか、、!

これを機に勢いあまって1~3を見返してみたんですが、エピソード2でパドメがアナキンへの抑えきれない想いを伝えたセリフが印象的すぎたので、最後に。

「Don’t be afraid.」
「I’m not afraid to die. I’ve been dying a little bit each day since you came back into my life.」
「What are you talking about?」
「I love you.」
「You love me? I thought we had decided not to fall in love that we would be forced to live a lie and that it would destroy our lives.」
「I think our lives are about to be destroyed anyway. I truly, deeply love you and before we die, I want you to know.」(英語字幕より)

「怖がらないで。」
「死ぬのは平気よ。あなたと再会して、毎日少しずつ死んでいたから。」
「どういう意味だい?」
「愛してるわ。」
「僕を愛してる? 愛は忘れようと決めたはずだ。偽りの日々を送るのは、人生の破滅だからと。」
「どの道、破滅は目の前なのよ。心から、心から、愛してます。死ぬ前に知っておいて。」(日本語字幕より)

あなたと再会して、毎日少しずつ死んでいたから。

何それ。そりゃ惚れるわ。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です