タグ別アーカイブ: payme

Paymeにジョインしました。

と、タイトルの通りなのですが、6月より「Payme」に経営企画としてジョインすることにしました。(joinと言いたがる輩にロクな奴はいない、と言われたことを思い出しました)

>> Payme|福利厚生制度としての給与即日払いサービス



個人的に「個人がより生きやすくなればいい」。そのために「個人をエンパワメント」し続けたいと考えていまして、今回Paymeを選んだのもやはりその延長線上にあることが大きなポイントでした。

とりあえず始めた就活でいくつか内定を渋々辞退して、親含めめちゃ怒られたりしながらも新卒でまだまだ20名規模のクラウドワークスでインターンを始めたのも、BASEに転職したのもずっとその線を辿っているイメージでいます。

(大変恐縮ですがよろしければご参考までに…)
>> 再就活のハナシ。- つわものどもがゆめのあと
>> 転職しました。- つわものどもがゆめのあと

なので、2社ともとっても好きだったんですよね。特にBASEに関しては試用期間で昇級対象にしていただけたのも、半年経たずに新規事業開発を担当させてもらえたのも、その他日々の諸々も本当に感謝しかないです…。



また、やっぱりFintech好きなんですよね。個人をエンパワメントするツールとしての「お金」の流れ自体を旧来のフォーマットから脱却するサービスが。

最近は”貧テック”なんて呼ばれていますが、これからは貧テックがより多くの個人に浸透して、今よりも何倍も何十倍も当たり前になっていく時代ですし。今に見ていろ、って感じですかね。

(最近欅坂にハマったんですが、ひらがなけやきが「イマニミテイロ」という曲を出してますね)(ずみこ、なーこ、すずもん推しです)(調子乗りましたスミマセン)



自分自身、学生時代にお金に困った経験もありますし、社会人になっても何度か資金繰りきついなーという時期があったりしましたが、可能性が満ち溢れた若い層のチャレンジ機会、貴重な経験を得る機会を、金銭的な理由で潰したくないんですよね。自分のような経験をさせたくない。

若い層が一番に吸収力があり、成長性が見込め、意欲を持っているわけなので、おじさまにお金が集まるより、彼らに集めていく方が世の中もっともっと面白くなりますよね(ひとまず、現状では若者はお金がなさすぎる)。

その点、お金の流れを180度変えていかなけれならないなと。



Paymeは「給料」に目を向けていますが、実績がない、目に見えるスキルがない、物が作れない、そもそも働いたことがないといった層も含め、広いユーザーを助けられると良いなーと妄想していた中、「給料の自由化」を掲げている点も合理的だと思っていますし、他業界とのアライアンスを含め、時代にマッチしていそうな感覚を得ました。

また、ミレニアル世代のユーザーたちにこれほど目を向けている給料即日払いのサービスが国内にまだなく、クラウドソーシング、ECサイトといったフォーマットが確立しているわけでもないので、かなりエキサイティングだなと。

まだまだネガティブなご意見もあるかもしれませんが、使う使わない、どれくらい使うなどはお任せして、「Payme」という一つの手段があることでの心理的安全性って、絶対的にプラスだと思うんですよね。実質、アルバイト採用の現場で、即日払いがあるとないとで求人応募数が4倍近く変わる定量的なメリットもありますし。

貯蓄をしっかりしていて、サービスの重要性が全くわかりません…という方もいらっしゃることかとは思います。(おそらく自分の父親もそうですね)

ただ、社会人であっても、お金がなくなるタイミングが意外と簡単に訪れたりします。以前、こんなエントリを書きましたが、自分も前職が当月払いだったので、同じ苦境に立ってるので。

その点も含めて、愛される企業、サービス、組織になるために精一杯動いていければと思います。



そんな事業に対しての魅力に加え、今回一番に刺さったのはお声がけいただいた「タイミング」でした。

今年に入り、採用広報・営業代行などで業務委託の仕事を受けることが増えていたこともあり、そろそろフリーになることを選択してみようか、ないしは転職かといったことをずっと検討してまして、嬉しいことにいくつかオファーを頂いてたんですよね。

そのオファーの最終面談を次の日に控え、そろそろ決断せねば…といった本当に絶妙にギリギリのタイミングで代表の後藤くんからメッセージをもらい、オフィスに訪問し、口説かれ、断る理由も見当たらずに二つ返事で快諾したという、自分でも恐ろしいなと思うほどに急ピッチな決まり方でした。

とはいえ、やっぱりFintech好きだなーと再認識したタイミングでもあったので、これは何かの巡り合わせかもな…と感じています。



と、長々とまとまらないものを書いてしまいましたが、まだまだ10数名規模のフェーズだという点も大きな魅力だと思います。(とはいえ、人は足りていないのでご興味があれば教えてください是非に)

決まっていないことも、自分の守備範囲外を拾う機会も多いことかと思いますが、そういったカオス感すら楽しめる方であれば、絶対に面白いのでは?と思います。

若いメンバーが多いことはありますが、年齢関係なしにみんな素直で優秀なので、逆に彼らより年上の自分頑張らねばというなかなか稀有な焦り方も体感できるかと。


と、文章自体もだいぶカオスな感じになりましたが(やっぱ走り書き良くないですね)、これからも精一杯駆け抜けていきますので、引き続き何卒。

Pocket

給与即日払いサービスを応援したい。

と思いました。というお話をば。

最近、だいぶ仲の良かった同僚が転職したんですよね。

非本質で誰もやりたがらないイベントの司会なども文句言わずにこなすし、いつもまっすぐなので一緒にいて心地よいかなりの好青年でした。(あまり言うと気持ち悪いのでこれくらいに)

(転職理由もかなりポジティブなものなので、別に今の職場を批判したいわけでもありません)

そんな彼が転職時に悩んだのが、資金繰りでして。

というのも、現在の勤務先の給与払いが「当月締め当月払い」で、彼の転職先は「当月締め翌月払い」だったんですよね。

つまるところ、ひと月分の給与がまるまるなくなるような状況に陥ったわけです。

(とはいえ、入社時に前もって貰っていたわけであり、文句等は何も言えない)(かつ、おそらく自分と同じようにいい気になって使ってしまったのかなと)

(そもそも計画性がないのでは、というご意見もごもっとも)



で、そこで助けになったのが今流行り(?)の「給与即日払いサービス」だったと。

日経のメディアに載ったりと、だんだんと浸透してきているのかな…?
>> 日払い給料、正社員にも広がる 思わぬ出費も安心 : NIKKEI STYLE

あと、映画好きな皆さまは知ってるかもですが、ヒューマントラスト系列の劇場では下記のプロモーションが流れますよね。

(いや、もうエリカ様が美しすぎる….)



これから自身も転職をするでしょうし、アルバイターな方々や、今月から新入社員になった夢見る(?)若者たちにも強い味方になってくれるんじゃないかなーと思います。

ようやく手にした初めての給料はそれなりにうれしいものだけど、現実問題、飲み会やらイベントの多い4月を乗り切るのはきついですからね。

(上司がおごる文化でもあればまだよいかもしれないけれど、友人やら恋人やらいろいろあるだろうなと)



とはいえ、法律的に”場合によっては”グレーになりうる可能性があるとのこと。(下記参照)

給料前払いシステムは、2つの資金繰りパターンがあります。会社側があらかじめ前払い用資金をプールさせておいてそこから支払うものと、仲介業者が持っている資金から支払うものです。後者の場合、手数料という名の利息を取って、給料を担保に前借りをさせているのですから、貸金業と同じと見なされかねません。貸金業の登録なしに運営していれば違法と指摘される可能性が大です。

給料の前借りできる分にかかる手数料を利息として考えた場合、給与ではなく金銭の貸付に当たってしまうのではないかという懸念があるのです。仮に「手数料」の6%が「利息」であったなら、法律上は1年間で72%の利息とみなされ、法廷の上限金利をオーバーしてしまいます。これでは消費者金融に借りなくて済むどころか、経営者公認の消費者金融がいるのと変わりません。いわゆる貧困ビジネスじゃないかと指摘する声も上がっています。また、給料が一部とはいえ、雇い主からではないところから支払われる、全額払いされないことなどは労基法に抵触する可能性もあると懸念されています。いま増えている「給料日払い」の仕組みとは? | 10MTVオピニオン



っていう前置き(?)はさておき、前述の彼の転職先が「給与即日払いサービス」を運営する企業だったりするんですよね。(しかもCEOが実は同級生だったりして)

だから彼は自社サービスを利用して自分が助かるかつ、サービス理解にもつながるというめちゃいいフローを踏んでるという。笑



>> Payme|福利厚生制度としての給与即日払いサービス



もちろん、手数料高いよね問題だったり、最近黄色いフィンテック増えすぎワロタ問題とかはあることは前提として、これで助かるユーザーは一定数いるだろうなと。



>> Paymeは企業を隠れみのにしたペイデイローンではないのか
>> 給与前払いサービス「Payme(ペイミー)」という貧困ビジネス – R型思考



上記のようになかなかに辛辣なご意見もあるものの、法的抜け穴やら貧困ビジネスで勝負するためにリスクテイクして起業しているわけでもなく、上記の指摘も理解しつつそれでもより良い世の中を目指しているわけで。

そんなことを考えていたら、下記のことばを思い出しました。(いや、悪口ではないんですけどね)

「人間というのは、悪口を言う側か言われる側だけなんだ。やるべきことをやっている奴は人の悪口など言っている暇はない。悪口を言うぐらいなら言われる側になれ」(立川志の輔)

悪口を言われると、誰だっていい気はしません。悪口は、脅威を感じている人に対して言うのです。つまり、あなたに悪口を言う人こそが、あなたの実力を一番評価している人なのです。悪口を言われたら「評価していただいてありがとうございます」と心の中で頭を下げましょう。(作者不明)

悪口の中においては、つねに言われてる方が主役であり、言ってる方は脇役であるという宿命がある。(寺川修司)


評論される側に立つ彼らを、そして「給料の自由化」という彼らの思想を一個人としては応援していきたいなと思いました。



ちなみにメンバー募集中だそうです。気になった方は是非に。
>> 株式会社ペイミーの募集一覧 / Wantedly

Pocket