タグ別アーカイブ: 音楽

三月のプリズム

去年くらいに知ったbonobos。(”ボノボ”と読みます)

(最初ボノボスって読んじゃうのめちゃわかりますので、言ってる人がいたら優しく教えてあげてください)

きっかけはこちらの曲でした。秋の夜長に聴きたくなる一曲。
>> bonobosの「Cruisin’ Cruisin’」にずっとどハマりしている。|つわものどもがゆめのあと


他の曲も聴いてみようといくつか漁っていた中、ああ、これはすごい。と思ったのがこの曲。

その名も「三月のプリズム」。

時間の速すぎる流れにも意味があるというのか
想い出もぶっちぎるほどに速く訪れる、無遠慮な未来にさえ

わたしたちは歌おう、悲しみにドッコイセェと土を盛り
そして、千年の一瞬を狂った渚にまっさらなあかりをつけよう 今

歌詞を見てもわかる通り、3.11を踏まえて作られてるんですね。上記MVの舞台も福島県。
>> bonobos 三月のプリズム 歌詞

どれだけ長い文章より、5分程度の音楽の方が刺さるというか、それ以上に音楽でしか表せないものってあるんだな、と思いました。なんというか、筆舌に尽くしがたい。とても文章では追いつかない感情を抱いています。これは圧倒的。

それぞれの日常が一定に続いていくという当たり前を、一瞬に覆した大震災。風化は進むものの、傷跡は今でも消えない。しかし、いつまでもくよくよばかりしていられない。だって、日々はこれからも続くから。

では、どう生きるのか。

という問いに対する答えを、「ありがとう」という感謝と、希望を持ち続けるという姿勢で示していることにあっぱれだなと。(実体験がない立場からの表現が相当ナイーブで難しい中で)

また、津波という出来事の刹那性と、(このPVのような)何気ない日常の喜びが続いていけばいいという永遠の両方に想いを馳せている、そのなんとも言えないバランスと、メロディ、歌声の温かさに心掴まれる。

この曲のリリースが震災から3年のこと。そして、今年でもう6年。

曲を知り、震災自体を思い出すのはもちろんのこと、あっという間に過ぎ行く日々の尊さを忘れないようにしなきゃなと。

Pocket

LUCKY TAPESという超絶おしゃメロウなバンド。

すごく耳に馴染む音楽だなぁと思うバンド、「LUCKY TAPES」。知ったきっかけはyoutubeのシティ・ポップつながりでたまたま聞いたからだっけかな。その時聞いたのが「MOON」という曲。

とろけそうなサウンドと歌声。PVのなんとも言えない優しさもすごくいい。武居詩織さんの透明度溢れる感じも合ってますな。

バンド説明は下記参照。

高橋海、田口恵人、高橋健介の3人組。2015年にデビュー・アルバム『The SHOW』をリリース。新人としては異例とも言える大ヒットを記録し、翌月に渋谷WWWにて開催された初のワンマン・ライブもソールドアウト。その後の全国ツアーでもソールドアウトが相次ぐなど、ホーン・セクションや女性コーラス、パーカッションなどを加えた総勢10名のライブ・パフォーマンスも各地で好評を博す。2016年1月にシングル「MOON」をリリースし、5月に全国公開された映画『オオカミ少女と黒王子』(主演:二階堂ふみ)には挿入歌として新曲2曲を提供。同年7月には、共同プロデューサーにtoeの美濃隆章氏を迎えた2ndアルバム『Cigarette & Alcohol』をリリースし、フジロック・フェスティバルへも出演するなど話題を集めている。(公式サイトより

公式サイトもオシャレ → LUCKY TAPES – Official Website

というか、ボーカルわけわからないくらい頭が小さい…。どうなってるんだろうあれ。

一番のお気に入りは「Gun

この軽やかさとオシャレさが共存している感が素晴らしい。朝方に集まってドライブするにもいいし、この曲を流しながら代官山とか歩きたい。(できればピザ スライスとか行きたい)(あとはおいしいハンバーガー屋さんとかね)

LINE MUSICで設定したい一曲なので、楽曲の追加をお願いしますLINEさまさま。

Pocket

シティ・ポップ独特のやるせなさがいい。

最近、いわゆる「シティ・ポップ」という類が好きらしい。とはいえ、定義はよくわからん。ということでひとまず調べてみる。

シティ・ポップとは、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 主に1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称である。「和製AOR」などとも呼ばれる。

上記はwikipedia先生参照。

きっかけは、今年のVIVA LA ROCKで、Suchmosあたりを聴いたのと、back numberのボーカルがAwesome City Clubを聴いているのを知ったから。例えば下のやつとか。

* Suchmos – “STAY TUNE”

このボーカルの絶妙な気持ち悪さがポイント。非常にジャミロクワイチック、

* Suchmos – “MINT”

おしゃな日常を送ってるんだろうなぁ、この人たち。

* Awesome City Club – 4月のマーチ

かわいい。

* Awesome City Club – Don’t Think, Feel

うん、かわいい。

なんか落ち着くんだろうな、あまり無理して歌ってないところとか。歌詞も重たくなくて、アーティスト自体も非常にファッショナブルでなんだかイマドキというか。(カタカナ多い。笑)

そんな中でも自分は、独特の軽やかさとゆるさ、そして、やるせなさを感じる曲が好きらしい。下記はその中でも大好きな4曲。

* LUCKY TAPES – Gun

これはもうおしゃれすぎる、超popeye系男子。
あとの3つは夜に聴きたい曲。

* bonobos – Cruisin’ Cruisin’

the 落ち着く曲。

* おかもとえみ – 『HIT NUMBER – EVISBEATSとPUNCH REMIX』

おかもとえみさん、もっと売れればいいのになー、。

* Yogee New Waves – CLIMAX NIGHT

帰宅途中に聴いてしまう。番組?ラジオ?で、乃木坂の橋本奈々未ちゃんがオススメしてたとか。いいセンスやなー。

あ、cero先生を紹介するの忘れてた。まぁまた今度。

Pocket