タグ別アーカイブ: 結婚

深津絵里とリリー・フランキーの関係性に憧れる

深津絵里とリリー・フランキーの関係性に憧れる

25歳にもなると、結婚というキーワードを多く耳にする。飲み会の席でも、恋愛トークをしている時も、上司との会話においても(全て飲み会?)。やはり段々と意識し始める年なのかもしれない。(そういう自分は高校の時、23で結婚するなんて思っていた)(若かった)

そういう話をするたびに、なんとなく窮屈な思いを抱くことが多い。それは、結婚を意識すればするほど、恋愛へのハードルが高くなるのか、減点法でパートナーを探す人が多いように感じるから。実際のところ、この前友人の友人ということでお話ししたお姉さまは、年収700万以下の男性は男性としてよくわからない。とおっしゃっていた(わお)。

いつまでも好きという感情に素直に恋愛をしていければいいのに、なんて思うけれど、そんなこと言ってられない年齢に差し掛かることも重々承知ではある。実際のところ、恋愛にすら興味がないと言っていた先輩も最近になって落ち着きたいと言い始めた。(恋愛に興味なくはないものの、自分もそういう感じになる気がしている)

そんなことをぼんやり考えていたら、山崎ナオコーラ先生のエッセイの一節にとても共感したことを思い出した。(下記)

…長く会わないでいた同世代の友人と会うとき、「パートナーシップ」についての話題がよく出る。「最近どう?彼氏は、いる?」「結婚の予定はないの?」等々。
私も聞くし、相手からも聞かれる。
結婚トークは面白いし、自分にその予定がなくても、盛り上がれる。
でも、たまに違和感を覚える。
久々に会う女友だちが、自分の彼氏の話をする。「彼は私にこういうことをしてくれる」「でも、こういうことをして欲しいのにしてくれないのー」「別れた方がいいのかな?」等々。
学生時代は「彼のこんなところが好き!」「先のことはわかんないけど、夢中なの!」と言い合っていたのに、結婚を意識する年代になると、恋愛観が変わるのか?
瞬間における人との心の触れ合いを重ねていくことを恋愛だと思ってきたはずなのに、いつの間にか自分の人生にメリットのある関係を築いていくことが恋愛であるかのように会話をしてしまっている。
私はやっぱり、立ち戻って、恋愛を捉えたい。
恋愛においては、「相手が自分に何をしてくれるか」「大事にしてもらえるか」ということよりも、「自分がどうするのか」「自分は相手を大好きだ!」と考えることの方が重要だと、私はこれからも、考えたい。
だから、大好きな人に出会ったときに「出会えただけで十分だ」と私が思う可能性がある。結婚しない人生も私にはあるだろう。
ただ私は、自分の結婚式で蝶ネクタイを締め自分で司会を務めたい、という野望を持っているので、それができなかったら、少し残念だ。

相手が自分になにをしてくれるか、ではなく、自分がどうしてあげたいかを大事にしたい、と思える人に出会えたら、、、それはそれは素敵なはず。(いやぁロマンチック)

とはいえ、恋愛もインタラクティブ。そこが絶妙にむず痒く、面白さでもあると思う。きっと、関係を深めていく中でこの人となら….という想いを抱けないと恋愛できないタイプだろうな、自分は。

いいか、ハッキリ言っとくぞ。三十すぎたら、運命の出会いとか、自然な出会いとか、友達から始まって徐々にひかれあってラブラブとか、一切ないからな。もうクラス替えとか、文化祭とかないんだよ

半沢直樹の影が薄れてきた堺雅人先生も、自身の著書でこんなことを述べている。

しかし、夫婦というものに憧れを抱かないわけでもない。中でもダイワハウスのCMは印象的で、思わずにんまりしてしまう。

深津絵里、リリー・フランキー、の声がいいことはもちろんのこと、ふとした映像、セリフ。全てが等身大なのが素敵。

結婚するならこんな夫婦がいい。

と、そんなことを思った映画があったことも思い出した。それが下記。


ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」。

モーガン・フリーマン、ダイアン・キートンの2人の演技がとてもいい。先ほどのダイワハウスの2人もそうだけれど、無理をしていない関係性に憧れるんだろうな。そして、好きという感情を通り越し、相手を人として尊敬・尊重し続けることが重要なはず。

しかし、それはかなり難しい。(継続という観点において)

結婚披露パーティにはもうなんども出席したから
もういくつくらい祝辞というものを聞いたことになるだろう。
そのなかで憶えているものはひとつしかない。あのひとつしか。

年長の方の、いわゆる「うまくやる秘訣」みたいなものはみんな
雑誌の書く「メイクの秘訣」や「収納の秘訣」ほどにも興味をもてず
私はいつも聞き流していた。そういうものじゃないと思うのだ。
うまくやるとか、つづけるとか、そんな言い方が嫌だったのかもしれない。

ただひとつ、私の胸には違って響いたスピーチがある。
友人の恩師の、ごく短いものだった。
好きだった理由を思い出せるということ。と彼は言った。

門出の祝辞なのに終わった恋愛のように言われて、会場はすこし笑った。
どんなに好きだったかを憶えているということ。
恋愛したそのことを思い出せる夫婦が、幸せなのだと思います。
それをブラックな冗談と受け取って、会場は拍手したのだったか。

結婚して5年、私と夫は仲良くやっている。
ときどきあのスピーチについて考えることがある。
冷めきったわけじゃないし、いまも好きだし、と思いつつ
ほんとうに思い出せるのかというと、内心はあれっととまどう。
それは両手で包んだホタルのような頼りなさで、でもたしかに
そこにあって、ちいさく光って、私を安心させる。そんなこのごろ。

上記は、コピーライター一倉宏先生のコピー。
出会った頃のあの想いを思い出す。出会えたことに感謝する。そんなことを繰り返せる夫婦関係を築ける夫婦。憧れちゃうなぁ。

今では夫婦が再度愛を誓い合う、「バウリニューアル」が流行っているけど、純粋に素敵で、すごくいい取り組みだと思う。

* バウリニューアル デイ

この人とよくぞ出会えた、と思うことが、まれにある。
そう思うからには、その人物は自分にとって少なからず重要な人間(例えば、恋人とか、恩人とか、特別な友人)なのだが、それにもかかわらず、出会いはと言えば、なんとも頼りない数々の偶然の上に起こっていることに、いまさらながら気づく。
あの時、もし違う学校に入っていたら、と思う。
もし違う学部を選んでいたら、もしあの時、僕があんな気まぐれを起こさず、違うゼミに所属していたら。
あの時、別の道を通っていたら、家を出るのが五分遅かったら、バスが一分早く来ていたら。
自分とその人との間に共通の知人がいなかったら。いたとしてもその知人が僕らを引きあわせることを思いつかなかったら。
もしそうなら、私とその人は、永遠に知りあうこともなかったであろう。
思えば人間の出会いとは、ぜんぶがぜんぶ、そんなことの積み重ねでできている。そう考えると、なにか心細くもあり、どこか空おそろしくもあり、よく考えると、胸をしめつけられるように切なくなったりもするのだ。
でも、人と人はそうやって出会う。
六十数億もの人間の中から、数えきれないほどの奇蹟のような偶然を乗り越えて、その人に出会ってしまうのだ。出会ってしまうだけではない。その人は自分の人生の中できわめて大切な役割を果たしてくれるのである。
そういう人に対しては、
「よくもまあ、お会いできたものです」
そう言いたくなりませんか。その人が自分にしてくれたことへのお礼というより、出会ったことそのものにお礼がしたい、祝福をささげたい、という気になってしまう。
「あなたに会えたお礼です。」
サントリーウイスキーのギフトコピーは、そんなことを思いながら書いた。贈るウイスキーに添えるカードに記す言葉。そんなイメージでさがした言葉である。
でも僕は、そうやって出会ったふたりを「出会う運命にあった」などと美化するつもりはない。出会うことはまったくの偶然である。問題は出会ったあとの関係のつくりかただ。
新しい人と出会い、その都度、その人との人間関係を、きちんとていねいに育てる人を見ていると、心から尊敬してしまう。

大事にしなくちゃね。(上記は、岩崎俊一さんのコピー)

ってことで、何が言いたいのかの主題を忘れてきたところでおしまい

Pocket

結婚は多くの苦痛を持つが、独身生活は喜びを持たない

独身貴族というドラマが好きだった。

登場人物の各々がすれ違う中で、「優しさ」のあり方、自分の本当の気持ちに葛藤する作品。
そういえば、過去に書いていたり。

独身貴族はどうして良かったのかを考えてみた。

番組公式サイトによると、現在、日本では30~34歳男性の未婚率は47%を突破、20代後半女性の未婚率はなんとおよそ60%と、”独身貴族”が増殖中。彼ら、彼女らは、「結婚できない」のではなく、「結婚よりも大切なもの」があるため、あえて「独身生活を謳歌する」、いわば”貴族”のような存在…らしい

この作品が好きな理由はいくつかあるものの、その一つとして「恋愛・結婚に関する格言・名言」を盛り込んでいる点は面白かった。(北川景子がただただ美人だったことと同じくらいに)

人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。

アルマン・サラクルー

結婚しなさい。良妻ならば幸せになれるし、悪妻ならば哲学者になれる。

ソクラテス

結婚とは、熱病とは逆に、発熱で始まり悪寒で終わる。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク

我々は他人ではなく、自分自身を喜ばすために結婚すべきである。

ヴィッカースタフ

賢者とは、絶えず妻をめとろうと考えながら決して誰とも結婚せぬ青年のことである。

ピエトロ・アレティーノ

その女性がもし男であったら、親友に選んだであろう者でなければ、妻として選んではならない。

ジョゼフ・ジュベール

恋の望みが絶えた時にも、なお愛している男だけが、恋とは何かを知っている。

フリードリヒ・フォン・シラー

恋をしたあとの最も大きな幸福は、自分の恋を告白することである。

アンドレ・ジッド

深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。

レフ・トルストイ

恋の終わりは、自分から立ち去ること。

ココ・シャネル

結婚は多くの苦痛を持つが、独身生活は喜びを持たない

サミュエル・ジョンソン

上記11つの言葉は、毎週オープニングで出てくるもの。哲学者・思想家のなかなか皮肉めいた言葉も多い中、最終回(ハッピーエンド)では、結婚の素晴らしさ、その本質を見事に捉えていると思う。

社会人3ヶ月目、まわりに嬉しいニュースが多い。さすがはジューンブライド。大学時代から慕っていた社会人の多くが独身貴族だったこともあり、社会人になった途端のラッシュに驚く。しかも、25歳前後での挙式が多く、23歳の自分にはなかなかセンセーショナル。

あくまでも通過点ではありつつも、やはり結婚は素晴らしい。(と思う)こんなにも幸せが満ち溢れる機会を果たして人生で何度経験できるのか。(自分も続けるだろうか、、、。と柔く妄想したものの、まずは彼女からだった。)

(前置きが長いですが、)

みなさま、ご結婚おめでとうございます。
どうか、末長くお幸せにお過ごしください。

Pocket

独身貴族はどうして良かったのかを考えてみた。

image

独身貴族。木曜の楽しみが終わってしまいました。

今期、唯一最初から最後まで観た作品。
どうして良かったのかを、自分なりに考えてみました。

・セリフが良いから

「僕はずっと自分には結婚なんて必要ないと思ってました。
誰かが隣にいる人生よりひとりで生きる人生のほうが充実している、
そう思ってました。
だってそうでしょ?
趣味思考が違う
考えてることが違う
一緒にいても楽しいと思える保証がない
そんな誰かと人生の貴重な時間を共有するなんて
なんてもったいないことだと考えていました。

でも

彼女と会って、変わりました。
考えてる事が違うから、知りたい。
知ってほしい。
違うから面白い。
でも仕事をするうえで基本的な価値観が一緒で
お互いが面白いと思えるものを探していく感覚
頭を悩ませる時間は、このうえなく楽しかった。

でも彼女に、僕は必要ありません。

僕もこれ以上、彼女になにかを求めたりする気はありません
大切な事を気づかせてくれただけで、僕は彼女に感謝しています。

正直、僕とあなたは世間のカップルとは違うかもしれないけど
僕らのやり方で、僕らの関係を築けませんか?
僕は、あなたにとって必要な人間になりたい
そして、これからふたりで、穏やかな人生を歩いていきたいとおもってます。」

と、

「(きみの脚本を)最初に読んだとき、
書いた人間がどんな人か、すぐにわかったよ。
髪の毛や服にそんなに気をつかう人じゃなくて、
外で遊ぶより本が好き。本よりもっと映画が好き。
好奇心旺盛で、
ダイヤのネックレスよりは、野に咲く花のほうが好き。
いつも夢見てるけど、
物事の本質を見抜く目があって、
こだわりがあって、意志が強くて、
まあ、頑固とも言うけど。

いろんなとこが似てるなあと思ったんだ。
この世で、そんな人間、自分だけだと思ってたけど、
ついに見つけたと思ったんだ。」

素敵。

・高級感があって、お洒落だから

主人公宅の靴の一つ一つ、服装、書斎の高級感がいいんです。また、出演者の服装がお洒落。進が着ているファッションは、色合いが難しいのに本当に着こなしている。流石ですなぁ。伊藤英明。草彅君の服装の方が好きですけども。

・浮世離れ、現実味のないキャラが引き立てるから

とにかく、デヴィ夫人と礼子さんの存在感ですよね。すごい。最終回の礼子さんはただただイケメンでした。

・オープニングに出てくる名言が良いから

出来るだけ早く結婚することは 女のビジネスであり、 出来るだけ結婚しないでいることは 男のビジネスである バーナード・ショー

夫婦を長続きさせる秘訣だって? それは一緒にいる時間を なるべく少なくすることさ ポール・ニューマン

急いで結婚する必要はない。 結婚は果物と違って いくら遅くても季節外れになることはない トルストイ

結婚とは, 彼の権利を半分にして 義務を二倍にすることである ショーペンハウアー

良い女房を貰おうと思ったら、ダンスの輪の中から選ばずに、畑で働いてる女性の中から選ばなくてはならない。プリボイ

・毎回違った映画の曲が流れるから

モダン・タイムスの”Smile”、オズの魔法使いの”Over The Rainbow”、ティファニーで朝食をの”Moon River”、エデンの東の”East of Eden”、スティングの”The Entertainer”などなど….毎回毎回素敵なんです。映画好きにはたまらない。

・友情出演の手法が上手いから

同じフジテレビ系列で、草彅君主演のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で共演した美山加恋ちゃんの友情出演シーンが、たまらなくお洒落でした。お互いに微笑むだけなのに、尺を少し長く持たせてることで全くわざとらしくなく意味を持たせている。シーンの情景もとっても素敵。ただ、デヴィ夫人の「お・も・て・な・し」パロディはいらなかったですね。

・最終的に超円満になるから

最後一人として嫌みのある役どころの人がいなくなりましたね。人間関係的にも誰一人いざこざがない。(弟の離婚調停はあれど)皆、笑顔で「8月のボレロ」のクランクインを始めるところで終わる。まぁなぜデヴィ夫人まであの場に居合わせたのかは謎にしろ、思わず笑顔になる終わり方だったかと。

・主役の兄弟が良い人すぎるから

あれだけお金持ちで、一人で生きていけると豪語する兄と、八岐大蛇呼と呼ばれ、離婚調停進行中の弟。全くといって普通ではないですよね。だから、感情移入がすぐに出来るかといったら、そんなこともないはず。でも、そんなの関係ないくらいに、主役の二人の人柄がとにかく良い。目に見える優しさ、見えない優しさ、色んな優しさがあるけれど、主役の二人はその塊のようで。その優しさに応援したくなるという。

・映画のセリフが出てくるから

トム・ハンクスとメグ・ライアンの「めぐり逢えたら」もそうだし、サンドラ・ブロックの「あなたが寝てる間に…」のセリフも出てきましたね。

・制作陣が、映画好きだから(おそらく)

主人公達が好きな映画として話題にする「あじさい」は、ソフィア・ローレン主役の名作「ひまわり」を連想させて作っているんでしょう。制作陣の映画に対するリスペクトが垣間見えるシーンが沢山あるのが素敵なんです。

・激しさがないから

ストーリーとしては、かなり古典的だと思うんです。「三角関係」「サクセスストーリー」「家柄や身分を超えた純愛」と。それでも何故いいのか。といったら、激しさが全く無かったからだと思います。草彅剛演じる守の丁寧語がそれを更に引き立てる。よって視聴者は安心して観られる。最近のドラマではかなり珍しく、逆に良かったんでしょう。

・草彅剛の声が良いから

セリフの一言一言、丁寧語の発言の一つ一つを引き立てるんですよね。あの優しい深みのある声が。羨ましいくらい良い声でした。

・スーツ萌えするから

草彅君演じる守のスーツ姿が素晴らしくカッコいいんです。身体に本当にぴったりなサイズに、全体的のモノトーンの服装。ネクタイにちょっと遊び心を持たせたりして。やはりスーツは短髪の男性の方が似合いますね。

・北川景子がとにかく美人だから

image

もう言うことなしです。

・主題歌のサビが耳に残るから 

SMAPの「シャレオツ」。悔しいけど、サビは耳に残って思わず口ずさんでしまうんです。パッとしない歌だなーと思っていたのに。(いや、いまでもしないんですけど)

・山Pが本人役で出てるから

斬新でしたね。

ジャニーズを出す事による視聴率稼ぎなど色々ありますが、毎回10%以上はかなり良かったのではないかと思います。全体的な世界観がきちんと統一されていた、かつ、その雰囲気に惹かれていたんでしょう。

スペシャル版が放送されることを、楽しみにしています。

Pocket