タグ別アーカイブ: メルカリ

「メルミライ」から見える未来。

nanapi時代にお世話になってからずっと敬愛している上司がおりまして。(という、なんとパーソナルな書きだし)

その方がメルカリで新しくリリースしたメディアがかなりイケてるのでご紹介します。

その名も「メルミライ」。

merumirai

>> メルミライ – 未来を見るメディア

って、名前まんまやーん!って思った方いますか? 安心してください。自分も思いました。(だからどうした)

ちなみに、メルカリっていう名前の由来すら知らなかったんですが、ラテン語から引っ張ってるんですね。洒落てますな。

フリマアプリ「メルカリ」 メルカリ(mercari)とは、日本およびアメリカにてサービスを提供しているフリマアプリである。 … メルカリ」の名称は、ラテン語で「商いする」との意味の「mercari」に由来しており、「マーケット」の語もこの語が起源である。(Wikipedia先生より)


最近でいうとブロックチェーンのエントリがかなりバズってて、情報のハイレベルさとわかりやすさを兼ね備えてる感じほんと良質ですごいなと。

おすすめなのでぜひ一読あれ。
>> ブロックチェーンを10分で理解するための資料 – メルミライ – 未来を見るメディア

そんなメルミライのコンセプトが下記。これまたイケてますね。

『メルミライ』は、メルカリによる
「未来を見るメディア」です

テクノロジーの歴史を遡ると、
およそ250万年前に生まれた「石器」にたどり着きます。

それから人類は「火」「電気」「貨幣」「思想」など、
さまざまな発明によって生活を革新してきました。

そして、今。21世紀を代表するテクノロジーである
「インターネット」と「スマートフォン」の力を借りて、
メルカリは個人間の取引ができる新しい価値を創造しています。

このメルミライは、最新のテクノロジーの事例紹介や、
未来を創造する有識者のインタビューなどを通して、
近い未来から遠い未来までを見つめるメディアです。

「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。」

パーソナルコンピューターの父、アラン・ケイの言葉に学び、
みなさまとともに未来を見つめ、考え、創りだしていきたいと願います。


IT系企業×未来志向系(と勝手に読んでいる)のメディアでは「BizReach Frontier」あたりが割とよいなと思っていたんですが、他企業の先進事例を紹介する方向で攻めてるので、ここまで制限なしに未来を志向するメディアはあまりなかったかもです。

>> BizReach Frontier – ビズリーチ

しかも一記事一記事がとってもハイクオリティ。

これは採用ブランディングとしてもかなりよい一手だなと。(参考事例として真似する企業が増えそう)


スーパー余談なんですが、先週、メルカリで売れたプロ野球のチケットをファミマで発送したついでに、そのままSuicaで缶コーヒーを買うタイミングがあったんですよね。

その時もしブロックチェーンが働いたとしたら、中央主権的なシステムが不要になり、価値交換における対価受取がよりスムーズになる。

同時に銀行的役割も不要になるでしょうから、売れた金額の振込時期を待たずして、野球チケットの金額で缶コーヒーを買えるようになるだろうな…。とか妄想しました。


ってのはかなりどうでもよい妄想なんですが、未来を作りに行こうとしているメルカリなら近いうちにそんな世の中も実現できそうだなー。と思いました。

自分も負けじとがんばります。(またご一緒できる機会があればよいな)

Pocket

最近得たハックっぽい何某。

最近、気にしていることTOP2といえば「ダイエット」と「節約」の私ですが、二つほどよさげな方法論を見つけたのでシェアします。

松屋の定食は非常に糖質制限向き(?)

どこの駅にもあるし、安いということでササっと食べたいときに割と重宝するんですが、松屋って定食のごはんを豆腐に変更できるんですよね。

>> 「定食のライスをおろし豆腐に変更可能なサービス」のご案内! – 松屋フーズ

上記、遷移先の情報では「糖質約92%オフ」「カロリー約70%オフ」になるとのこと。

糖質オフって栄養バランス崩しやすい(糖質とらない→野菜とりにくい)ので、松屋定食には生野菜もついてくるしいいんじゃね!?とか思ってます。(ドレッシングどうなん?と思いますが、紅ショウガをのっければなしでもイケるかと)

ってことを、勤務先のゴリゴリマッチョ(毎日ジムに行く一個上男性)に伝えたところ、痩せるには脂質も抑えなければならない点、“ダイエットで松屋”という発想自体が甘い。間違っている。とのこと….(世知辛い)

(ちなみに、筋トレは一日置きなど筋肉の休息日を設けた方がよいとされていますが(いわゆる破壊と超回復)、ガチな筋トレマンに言わせると、一日一部位ごと攻めていくそう…すげえな…)

メルカリで本(厚さ2.5cm以内)を売るときは777円がよさそう

これはだいぶ局所的な話にはなるんですが、最近もう読まないだろうなと思う本を売り始めました。(賃貸の更新料高すぎ問題 かつ 来月台湾行くので少しでも稼ぎを増やそうかなと)

そんな時、やっぱりメルカリって楽ちんかつ、よく売れるなぁ…と重宝してるんですが、手数料が10%ならびに配送料で結構持ってかれるんですよね。(配送料はサイズで変わります)

その上で、一つの配送で少なくとも500円は稼ぎたいと目論むと、販売金額”777円”で頑張るのがマイブーム(?)になってます。

777円で売ろうとすると、手数料(10%)が77円。
コンビニで配送で幅2.5センチ以内であれば、配送料195円。
 
777-(77+195)=505円。

にすると、505円の利益が出ますと。

少なくとも上記を稼げれば、まぁ配送(封筒に入れ、ファミマに持ってく)の手間をかけてもいいかなと。(そしたらワンコインランチできるな…とか思えるので)(本以外だったらいやですけど。笑)


めっちゃ話変わりますが、コーヒーメーカー、バックパックなど様々載せてるので、もしほしいものがあれば是非お買い上げくださいませ。(切実)

>> ryo – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

Pocket