タグ別アーカイブ: メディア

「メルミライ」から見える未来。

nanapi時代にお世話になってからずっと敬愛している上司がおりまして。(という、なんとパーソナルな書きだし)

その方がメルカリで新しくリリースしたメディアがかなりイケてるのでご紹介します。

その名も「メルミライ」。

merumirai

>> メルミライ – 未来を見るメディア

って、名前まんまやーん!って思った方いますか? 安心してください。自分も思いました。(だからどうした)

ちなみに、メルカリっていう名前の由来すら知らなかったんですが、ラテン語から引っ張ってるんですね。洒落てますな。

フリマアプリ「メルカリ」 メルカリ(mercari)とは、日本およびアメリカにてサービスを提供しているフリマアプリである。 … メルカリ」の名称は、ラテン語で「商いする」との意味の「mercari」に由来しており、「マーケット」の語もこの語が起源である。(Wikipedia先生より)


最近でいうとブロックチェーンのエントリがかなりバズってて、情報のハイレベルさとわかりやすさを兼ね備えてる感じほんと良質ですごいなと。

おすすめなのでぜひ一読あれ。
>> ブロックチェーンを10分で理解するための資料 – メルミライ – 未来を見るメディア

そんなメルミライのコンセプトが下記。これまたイケてますね。

『メルミライ』は、メルカリによる
「未来を見るメディア」です

テクノロジーの歴史を遡ると、
およそ250万年前に生まれた「石器」にたどり着きます。

それから人類は「火」「電気」「貨幣」「思想」など、
さまざまな発明によって生活を革新してきました。

そして、今。21世紀を代表するテクノロジーである
「インターネット」と「スマートフォン」の力を借りて、
メルカリは個人間の取引ができる新しい価値を創造しています。

このメルミライは、最新のテクノロジーの事例紹介や、
未来を創造する有識者のインタビューなどを通して、
近い未来から遠い未来までを見つめるメディアです。

「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである。」

パーソナルコンピューターの父、アラン・ケイの言葉に学び、
みなさまとともに未来を見つめ、考え、創りだしていきたいと願います。


IT系企業×未来志向系(と勝手に読んでいる)のメディアでは「BizReach Frontier」あたりが割とよいなと思っていたんですが、他企業の先進事例を紹介する方向で攻めてるので、ここまで制限なしに未来を志向するメディアはあまりなかったかもです。

>> BizReach Frontier – ビズリーチ

しかも一記事一記事がとってもハイクオリティ。

これは採用ブランディングとしてもかなりよい一手だなと。(参考事例として真似する企業が増えそう)


スーパー余談なんですが、先週、メルカリで売れたプロ野球のチケットをファミマで発送したついでに、そのままSuicaで缶コーヒーを買うタイミングがあったんですよね。

その時もしブロックチェーンが働いたとしたら、中央主権的なシステムが不要になり、価値交換における対価受取がよりスムーズになる。

同時に銀行的役割も不要になるでしょうから、売れた金額の振込時期を待たずして、野球チケットの金額で缶コーヒーを買えるようになるだろうな…。とか妄想しました。


ってのはかなりどうでもよい妄想なんですが、未来を作りに行こうとしているメルカリなら近いうちにそんな世の中も実現できそうだなー。と思いました。

自分も負けじとがんばります。(またご一緒できる機会があればよいな)

Pocket

この場をお借りして、インスタントチームのご紹介。

もうスーパー唐突なんですが。笑

映画メディアを作る構想を1年前くらいから儚く持っている私ですが、下記インスタントチームを作成しました。(実は二度目)(一度目は本業が忙しすぎて断念しました)(まさかの毎日タクシー帰り)

もし興味がある方がいれば、ぜひお声がけいただきたく思っております。何卒。

>> 新しい映画メディアを作りませんか? – インスタントチーム

趣味は映画です!って言い切る人がいれば、じゃあおすすめ映画は?って聞きたくなるじゃないですか?って実質、自分はよく聞かれます(とはいえ、聞かざるを得ないのかもしれない)。

なので、そういった映画好きが選ぶこの映画!!!というのを紹介していきたいなって思ってるんですよね。

映画は、観る人それぞれでこれでもか!と思うくらいに作品に対する評価が分かれるコンテンツじゃないですか。そして、そこが醍醐味だと思っています。例えば、自分がどんなに低評価をしていても、その映画ひとつで人生が変わる方がいらっしゃったり。

そんな自分だけの“一本”との出会いを創出したいなと。

(私事ですが、自分も大学生活を通しての鑑賞した作品でだいぶ価値観が醸成されたように感じています)(それほどに暇だったわけですが)

そんなことを考えて思い出すことばは下記とか。

その他100人中99人が面白くないと評価する作品を面白いと感じたなら、絶対にその気持ちを殺してはいけない。その作品はあなたのために作られている。

ついでですが、星野源の言う下記のバランス感覚はとてつもなく共感してます。

「みんなが嫌いなものでも好きなら好きと言おう」というメッセージの曲はたくさんあるけど、「みんなが好きなものでも堂々と好きと言おう」という曲はほとんどないと思います。「みんなが好きだって言うから、嫌いになる」という人はとても多い。僕はそれをとても愚かなことだと思っています。

(脱線しましたね、これくらいでやめておきます)

初期の立ち上げ期は、おすすめ映画をまとめ記事化し、SEO的にロングテールに当てていこうと思っていたんですが、こちらなかなかに形式ばった依頼をすることになるため、記事というよりむしろ単純作業になってしまうのが申し訳ないのと、初期は特に収益モデルを描きにくいので、なかなかにやりがい搾取となりそうでして。踏み出せずにいました。

そして、2~3年前にはやった煽りすぎタイトルのアフィリっぽい記事にはしたくないんですよね。下記にブランドを考える観点でよいツイートがあったので引用しておきます。

「これ観てないのは人生半分損してる」って映画とかを勧めてくるネガティブ思考なんなの
僕みたいにちゃんと「これ観ると人生2倍得する」ってオススメして

自分一人で大まかに立ち上げてからにしよう…と思ってはみたものの、なかなかにきつい。(時間的にも金銭的にも)(時間は作るものですね、すみません)

なので、立ち上げ自体は少し遅らせて、まずは映画好き仲間を増やしていければなと思っています。話しましょうと。

本ブログの映画に関する記事がある程度溜まったら、バーティカルにジャンル特化したブログにしてもいいですし、映画好きで共感していただける方がいらっしゃったら、もう全記事移管して、複数人で共同執筆する映画ブログにしてもいいなと。運用ラクだろうし、何しろ書いてる方が楽しいはず。(直近のSEOトレンドを抑えるのであれば、そちらの方がよいかもな)

ちなみに環境としては、Wordpress取得済み、ドメイン取得済み、サーバーはこのブログと同じ環境にデータを作成済みとなります。ので、基本的にはすぐにでもスタート可能です。

WordPress用にコードを書いてくださる方、ロゴなどもろもろのデザインをしてくださる方などもチームにいらっしゃたらとっても有難いですが、初期はとにかく映画好きな方とお会いしたいですね。

なんて、妄想をしております。ので、この場を借りてご紹介しました。(とはいえ、今一番可能性が高いのは、このブログの映画関連記事を移管しつつ、ジャンル特化のブログとして運用するやつです)

幾分駆け足となりましたが、もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけくださいませ。(って、書いたからちゃんとやれよ。って自分にプレッシャーをかけたいだけなんですけどね。)

Pocket