タグ別アーカイブ: ストレングスファインダー

ストレングスファインダーをやってみた。

前職の先輩におすすめされてからずっと気になってた「ストレングスファインダー」をやってみました。

こちらですね。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 64

質問項目は割と多かった印象だけど、すべて選択式でぱぱっと答えていけば25分くらいだったはず。

なので多忙な方でも、お昼の空き時間とかでできるんじゃないかなと。

本の一番後ろに専用コードが書かれていて、そのコードで下記ページからログインすると受験可能です。

(そういや大学生の頃にブックオフで面白そうだなーと思って、何もわからずに本だけ購入する暴挙に出たことがあったな)

https://www.gallupstrengthscenter.com/Purchase/ja-JP/Index

この本に書かれているコードだと、その人にある34ある強みのうちTOP5が診断できます。

ちなみに、自分の結果は【最上志向、内省、戦略性、競争性、適応性】だそう。

つまりは、よいものをベストに持っていくためにも、多分に考えるのが好きで、その中で見つかった勝ちパターンを構築することで、周りより飛びぬけていたい。しかも自身の方向性は固めずにその瞬間瞬間を適応して生きていると。

(って、自分で書くとスーパー恥ずかしいですね。笑)

ただ、個人的には結構図星だなーーーとは思ってます。

特に前職の上司にも言われ続けてきた内向型を言い表している内省、とっても(×5 by 大スキ!)負けず嫌いな競争性、そもそも何が起こるかわからんのにキャリアプランって?って思っている部分での適応性はかなりしっくり来てます。

書く項目の詳細な説明はこちら。

最上志向
内省
戦略性
競争性
適応性

上記に加え、強みの説明および特徴を理解するためのレポート、これからその強みを活かしていくためのアクションプラン作成のマニュアルなるものがついてきます。(各レポート、若干内容の被りを感じますが…)

理解レポート
洞察とアクション作成マニュアル
強みレポート

転職であったり、いわゆる自己分析を必要とする機会がある方はもちろんですが、もしお時間あれば興味本位でやってみても良いと思います。自分を説明するのが苦手な方などは特に。

組織体の場合はお互いの結果をミエルカすることで、よりシステマティックに分析できて、結果的に協働がスムーズになりそう。

Pocket