好きだったハモネプ。

そう、ハモネプ。

知らない方はいないと思うんですが、とりあえずwikipedia先生貼っときますね。
ハモネプリーグ – Wikipedia

どうして好きだったのかというと、

  • アカペラが好きだから(一瞬やってた)
  • 知らなかった楽曲をよいと思える機会になるから
  • とことん上手くても一度も優勝できないといった、ドラマがあるから
  • 原曲よりもよいと思えたり、好きな曲を見直す機会になるから
  • 大学4年間(高校生も含む)をかけた活動の集大成として、全身全霊のパフォーマンスをしてくれるから(=こちらも出来る限りの感性で受け止めたくなるから)
  • 武田鉄矢のコメントが説教臭くてうるさくて嫌いだから(もはや名物すね)
  • 久々に聴いてみたのだけど、やっぱりいいものは色褪せないものですね。

    下記、個人的に好きな楽曲をご紹介。

    * ジュブナイル – 恋におちて

    なんといってもボーカルの歌声、そしてルックス。(しかも服装もオシャレ。)これはモテモテでしょうね。なんなんだ本当に。

    決勝では、いきなりタンクトップさんが歌い始めたことに驚いた方も多いはず。タンクトップさんも歌上手いんだけどね。

    このバンドは女性目線の歌が多い印象。aikoの「カブトムシ」とか。

    * Bam B Crew – さよならの向う側

    第七回で優勝した一曲。いつだって優勝候補と言われつつ、一つ前の大会では上記ジュブナイルに予選負けしてと、何かと苦労しているバンド。

    ボーカルに注目しがちだけど全く外さないベースが尋常じゃない。機械なのかな?

    ブログはこちら → Bam B Crew -official blog – アメーバブログ

    * ノーナイズ – かもめが翔んだ日

    ボーカルの歌声とリズム感のよいベース、パーカッションが最高。とくにサビの時のベースは本当にかっこいい。ただ、コーラス部隊はイマイチ。

    このバンドは「悲しみは雪のように」「川の流れのように」もよい。

    こんな実力を持ち合わせていても、優勝できないのがハモネプの面白いところ。

    * 食後3錠 – 部屋とYシャツと私

    最後のユニゾンは鳥肌。ボーカルかわいいなぁ….。歌声も好き。

    こっちの方がかわいいかも → 「食後3錠 – 木綿のハンカチーフ

    オフィシャルサイトはこちら → 食後3錠

    * ICU49 – Born This Way

    ちょっと別路線過ぎて、審査員も評価に迷ったはず。

    * beskey – Love Love Love

    女性ボーカルの歌声がよい。好き。歌出さないかな…..。

    ただ、ベースがへたくそすぎる。べんべん言い過ぎ。

    * シンクロシンプトンズ – 何度でも

    結構前の回に出ていたバンド。もう全てがうまい。完璧な気がする。どうやらハモネプマスターINSPiの後輩グループとのこと。

    やはりボーカルがうまいかどうかって相当大事なんすね。

    こちらもおすすめ。→「シンクロシンプトンズ – WINDING ROAD

    * joker – あなたのキスを数えましょう

    ここはリードもそうだけど、それにぴったりと寄り添うコーラス部隊が素晴らしい。

    このおしゃれさが、上智ですね。(目のつけどころが…風)

    * センメ – 海 その愛

    この歌を聞いて、加山雄三すげーじゃん。と思った。

    * 無花果 – 時代

    ボーカルもベースもコーラスも全てがトップレベル。

    なのに優勝できないという非常に惜しいバンド。


    ハモネプ、もう一度復活しないかな。できれば会場で聴いてみたい。

    関連するのはこちらとか。

    Pocket

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です