フレンズの”夜三部作”がとってもよい。

今となっては、結構有名になってきたフレンズ。(ご存知ですかね?)

いわゆる“シティポップ“に属す彼らですが、都会的な曲調の中にもどこか温かみがあって、去年くらいからドはまりしてます。

(そういえば一回書いてた)
>> “フレンズ/おかもとえみ”をレコメンドしたい。

盛り上がる曲、しっとり系バラードなどの幅広いジャンルを手掛けてるんですが、中でもタイトルに“夜”がつく(それぞれにアルバムのリードナンバーになりがちな)曲があって、これまたすごくよいのです。

そして、今年の11月22日に発売予定のプチアルバム「プチタウン」、そのリードナンバー「NIGHT TOWN」もよい!!!!!(とてつもなく)

(なんなら今日ずっと聴いてた)(そしてこれまたリードナンバー)

っていう超個人的熱狂(?)をお伝えしたく、ちょっと紹介したいと思います。(どんな入り)


夜にダンス

夜道でこれを聞くと120パーくらい踊りだしたくなりますね。120パーくらい。うん。

ちなみに、撮影場所は恵比寿駅周辺。先日のリキッドルームでのライブで披露したのは結構感慨深かったな…。

にしても、えみそん歌うまい。そしてこのMVのひろせひろせのダサさがもう感慨深い。

(どことなく親目線)


夜明けのメモリー

二人の夢に溺れたり

歌詞も歌声もメロディーラインもすべていいことを前提にして、このフレーズが大好きです。

そして、MVがただただ楽しそう。ああ、夜明けのメモリーごっこしたいなぁ。


NIGHT TOWN

もうイントロからいい!ってのが分かる感じ、さすがだなーと思います。開始5秒で引き込まれる。

また、下記のキラーフレーズがすごく印象的。

君の感覚をちょうだい

同じ体温で眠りたいよ

…って抑えきれないよ、君はどう?

そして、メンバーが着用している衣装は、ワンマンツアー「シチュエーション・コメディ season2」の時のものなんですよね。参加した身として思い出せるのはファンとして嬉しい(めっちゃ派手だな…と思ってたけどw)

どことなくPVの舞台(目黒らしいですね)が、paymoを連想するな。

>> paymoの広告が映像も音楽(おかもとえみ)も良すぎて、これはやられた感。


そんなフレンズですが、たった一つこれはもったいない…。と思う点を挙げるのであれば、やっぱりその名前かなと(グッズなど、全体的にどことなくダサいってもあるけれど、そこがウリなので仕方ない)。

日本ではレベッカのフレンズ(ぉぉぉおお、ふれえええんずっってやつです)の認識およびSEOが強すぎて、検索で全く引っかかってこないんすよね。(とはいえ、最近ようやくLINE Musicに登場し始めてうれしい)

ちなみに、上記夜三部作のようなしっとり・リズミカル系(?)の曲をリリースすると、「こういう曲待ってました!!!ネタ路線の曲は要らないっしょ!」というコメントをよく散見するんですが(youtubeなどで)、そんな方はぜひライブに行ってみてくださいね。(めっっちゃ盛り上がるので)(たとえば、夏のSAYにして…とか)

そして、なんといってもボーカル二人の掛け合いが最高。

来年1月にはZeppデビューですからね。これは行かねば。

>> フレンズ OFFICIAL WEB
>> petit town release tour 〜 グランパーティー 〜 @東京編
>> petit town release tour 〜 グランパーティー 〜 @大阪編

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です