テレビの偉大さ。

を、感じました。ここ最近。というか2018年。

年末にテレビが壊れたんですよね。掃除していたら地上波を見るためのコードを巻き込んでしまって、やばいと思ったら下図の通り。

EF9ECB2B-53A0-481D-9590-94B2C9EC22D7

年末の一番テレビが面白くなる時期に壊れるという。大みそかから実家に帰ったんで、特番の類は楽しめたんですけどね。

とはいえ、1月から好きな番組が観れなくて結構しんどい。

これは自分がテレビっ子だってことが関係している思うので、そもそもテレビそんなに見ないよって方は何不自由なく過ごせるんだと思うんですが。

自分は、実家で過ごした20年間くらい、寝る時間以外ほぼテレビがついている家庭だったんですよね。食卓を囲む時はつけないで会話を楽しむって方も多いと思うんですけど。うちは結構テレビをもとにして会話も発生するような家庭でしたと。

なので、どうやら割とテレビを軸にして時間が成立している節があるようで。

例えば、月曜に寝るタイミングといったら「月曜から夜ふかし」を見終えた後なわけで、できたらその前に「キスマイBUSAIKU!?」も観ておきたくて、

ジムに行きがちな木曜は一通りの筋トレの後に、ランニングマシンで「アメトーーク!」を観るわけで、

平日働きづめで疲れている時でも、土曜日は「王様のブランチ」の買い物の達人までには起きたいわけで、

土曜は夜更かししがちだけれどカウントダウンTVの後の「ランク王国」が終わる前には寝ないとさすがに遅いし、

日曜は「スクール革命」までには起きて、何もないときは「ニノさん」を観て過ごして、

旅ずきんちゃん」が終わったら、そろそろ寝なきゃなって思うわけです。

ってのは、ただただ個人的な好きな番組ラインナップなんですが。笑

上記の番組群が一切映らなくなってからは、Amazon Fire TVを買ったこともあって、youtubeとAmazonプライムばかり。ほぼお笑いと乃木坂の日々なんですが、結構生活リズムが乱れてきたんですよね。(乃木坂ほんとかわいい….)

時間も場所も自由ではないただのサラリーマン(皮肉です)なので、翌日の勤務に備えて仕方なく就寝するわけですが、それでもyoutubeを流しながら2:00、3:00までパソコンをいじっていることが多い。

でも、テレビを普通に観ていた時は、“あ、この番組が始まったらもう寝ないとな…”っていう感覚があって、割と早く寝ていましたと。

要は、今までなんとなく観ていたテレビ番組の数々(ほぼバラエティ)をもとにして、知らぬ間に自分の生活リズムは整えられていたんですね。(いや、どちらにしろ早く寝ろよって感じなんですけど、ほんとその通りですすみません)

って、困ったことにこの話に特段オチは別にないんですが、これから地上波がいきなり映らなくなって困る方がいたとしたら、同情しまっせ!と言いたい(ほんとか?)がために書きました。(ってのは嘘で、暇だからお酒を飲みながらぐわーーって書いてます)

にしても、乃木坂に浸りすぎた1月なので、その魅力はまた別の機会に書いてみたいですね。ほんっとかわいい….。


関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です