名前にしてはしんどい。

「手足口病」流行 県内でも警報続く 夏かぜウイルス感染も増 奈良

東京で「手足口病」の患者急増 この時期としてはここ10年で最多

不思議な感染症にかかりました。その名も、”手足口病”。もう少しなんか良い名前なかったのか?と思っていたけども、症状はビックリするくらい名前の通りすぎてもう。

先週の月曜日、アルバイト先で、急に体が熱くだるくなってきて、早退。最初はインフルかと思いきや、次の日には熱は下がり、スーツでインターン先に出社。その時には手の発疹はそんなに出ていたわけではなく、ただ体は重く、頭痛は残るから風邪かな?と思っていたけども、二カ所くらい小さな赤い発疹が手のひらに出てきて、今時の蚊はピンポイントに刺すもんだなーとか、足がちょっと痒いのは、スーツの靴で靴擦れでも起きてんのかな?と思って早めに寝たら、次の日に、手のひらと足の裏に見覚えのない赤い発疹が。

出るだけならまだしも、その発疹が痒い。といって掻きすぎると痛い。そして広がる。何なんだこの症状は。と流石に思ってググってみたところ、この病名に至るという。

幼児や小児が罹患しやすい病気らしいですね。どうやら。笑

今年はロタウイルスという、これまた幼児、小児がかかる感染症にやられたり、正月早々に鹿児島でインフルエンザを発症と、どんだけ免疫弱くなってんだ自分という感じです。今日、医者に見てもらって、もう働けますよ?とか言われたけども、流石にこの手のひらの発疹が消えるまではちょっと気にしちゃいますので、暫くは安静にします。

今年は夏の暑さで免疫力が落ちている場合、大人もかかる人が多いのに加え、大人がかかるとまれに重症化するらしいので、皆様もお気をつけ下さい。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です