WE ARE YOUR FRIENDS

金曜、仕事終わりに鑑賞。とてもファッショナブルで楽しい映画。大人が無理だとバカにしても、仲間はバカだなと笑って応援してくれる。いいタイトルだと思った。

物語はロサンゼルスのバレー地区。「ハリウッドヒルズの裏側に位置し、ポルノ産業とイカれた女が特徴で、自慢できるのは”BEST SUSHI”だけ!」という紹介でいかにも文化も食も二流かが分かる。丘を隔ててすぐのハリウッドが広がるこの地で、いつか成功をつかみ取り”あちら側”へと羽ばたこうと必死の友人4人組が、もがきながら青春するお話。

主人公がDJを目指していることから、EDMの世界的ブームもさることながら、DJという職業自体がいわゆる”アメリカン・ドリーム”を体現する存在になりつつあるんだなーと。今や世界でもかなり”稼げる”職業として名を馳せているし(アメリカの経済紙「フォーブス」に、2015年最も稼いだカルヴィン・ハリスの年収は6,600万ドル(日本円で約71億円))。

SFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)でも、なんか音楽作ってDJしてる人たちいたなーって端から見ていたけれど、今になって考えるとめちゃかっこいいな。先進的だったんですね彼らは。(とどうでもいい話はさておき)

ザック・エフロン、久々に見たけどやっぱりかっこいい。正統派イケメン役はかなり様になる。個人的には「ヘアスプレー」の役も好きだけどね。どうやら本人もこのバレー地区出身とか。自然と感情移入できたんだろうな。DJは機材を買って猛特訓したらしい。

すんごいムキムキやなと思ったら、これから公開される作品にライフセーバーとして出演するかららしい。これでも本作の為に少し筋肉を落としたとか。どうやって体づくりしてるんだろ。

ヒロインのソフィーを演じたエミリー・ラタコウスキー。どっかで見たことあるなーと思ったら「ゴーン・ガール」だった。浮気相手役だった。あと下記PVに出てたのね。

いやー、超美人。どうやら「NEXTミランダ・カー」との呼び声高いらしい。分かる気がする。にしても美人。

ニッキー・ロメロ、アレッソといった、本物のDJがちょっとしたシーンに出ているのには笑った。
爆音上映とかでもう1度観たいなー。目黒シネマさんあたりやってくれないかな。

フェス大好き系女子から、この映画のサウンドトラックをオススメされたので最後に掲載。確かにいい。



関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です