今年上半期イマイチだった映画まとめ

絶賛終電帰りな忙しさに追われている日々ですが、
きちんと自分らしいこともしていかないと自分が廃れていく気がしますね。

映画も最近あまり見れてない。
2015年で何本見たかな、とメモ帳を見たところちょうど50本。
ペース上がらないですね。果たして100本行けるだろうか。。。(無理な気がする)

と、話は変わりますが、最近は面白い映画が多い。

バードマン、セッション、イミテーション・ゲーム、博士と彼女のセオリー、アバウト・タイム….どれも素晴らしい。

映画のことを久々に書こうかな。。と思いきや、
ただいい作品をいい!と言うのもありきたりでつまらない。ので、
2015年でパッとしなかった映画をご紹介。(急展開)

1, LUCY

3月にシンガポール旅行に行った帰り、機内で観た作品。
前に書いてた

ひょんなことから覚醒剤らしきものを袋ごと体内に入れられ、
その袋が破けて覚醒剤が体内を駆け巡ったら、
だんだんと体が覚醒、能力が芽生え出していく。

その能力をコントロールできるのか、、、
主人公(ルーシー)はどうなるのか、、、果たして!!!的なストーリー。

スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマンとキャストがかなり豪華な分、
ストーリーが単調すぎてちょっと残念。どうしたリュック・ベッソン。

バイオレンスなシーンも多い分、苦手な人は避けるべき。

2, 劇場版 サイコパス

こちらフジテレビ深夜アニメのノイタミナ作品のひとつ。
applimというビジコンに一緒に出た友人に勧められて見始めたらそれはまぁ面白いという。

アニメが面白すぎて、映画だとぱっとしないパターンですね。
NARUTOの映画化第二弾とかもそうだった(懐かしい)

舞台が日本から変わって、映像に迫力があったことはいいんですけどね。
期待してた分、あと少し展開があったらな。と。

3, あと1センチの恋

個人的にはワチャワチャした映画といった印象。もう少し落ち着こうよ。っていう。
10分ごとに展開が合ったような。

ただ、ヒロインは可愛いですよね。
最近人気急上昇中のリリー・コリンズ

でも、女子高生にはこういう作品がどハマりなんですかね。(偏見でしょうか?)
隣の女子高生4人組は大号泣してました。

4, イントゥ・ザ・ウッズ

主役級の登場人物を集めすぎると、まとめるのに苦労しますね。

っていう作品。

5, イニシエーション・ラブ

原作が好きだったので、期待していた作品。
全体的によかったと思うんですが、最後の5分が要らない。

どうしたんだ堤監督。と思った方も多いはず。

ただ、前田敦子は役にひたすらどハマりでしたね。素晴らしい。

6, アオハライド

いくえみ綾原作の「潔く柔く」の映画化が予想以上によかったから、
なんとなく同じ路線かな。と思って観た作品。

とりあえず、、、わからない、という感想。

高校生が主人公の恋愛ものというものだから、
作品のポイントとしては胸キュンするところとか、切ない恋愛模様だと思いきや、
中途半端すぎて、どこに「!」と来るのかが全くわからない。

7, フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

The 中途半端。途中で観るのをやめました。

主人公がなぜ恋愛が出来ないのかもわからないし、
ドS社長がドSになった理由も表面的にしか語られない。

撮り方も、ミステリーテイストにしたいのか、大人な恋愛映画にしたいのか。
作者の意図が全く読めない。

以上、6本でした。
50本中6本なので、相当に面白い作品を見れているんだな。

100本達成したら、ベスト◯◯も紹介しよう。乞うご期待。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です