映画「帝一の國」はビジュアルだけでも楽しめるからよい。

先週の月曜日に観てきました。せっかくなので軽く書こうかなと。

あらすじは下記の通り。

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

結構くだらなかったけど、割と楽しめたなぁと。

なんといっても、皆さんイケメン過ぎてイケメン過ぎて。なんか別次元の生き物を眺めているような感覚。

登場人物と配役などは下記ページをご参照くださいませ。
>> 映画『帝一の國』公式サイト

主演の菅田くんの七三分けの似合い方はもちろんだけれど、氷室ローランド役の間宮祥太朗。彼の金髪長髪のハマり具合はなんだったんだろう…。あんなに似合う人いるんだ…って感じ。

しかも、下記を見る限り性格もイケメンなのか。(なんてこった)

しかし、個人的には竹内涼真くんがよい。

前々から思っていたけれど、生まれ変わったら竹内涼真になりたい欲が高まりましたね。ちょ、、イケメン過ぎません? 高校に一人くらい居そうなどことなく素朴な感じがこれまたよい。あの爽やかさはどんな生き方をしたら身につくんだろう….。

(と、これまたドルヲタっぽいのはおしまいにして)

キャストでは、お父さん役の吉田鋼太郎が光っていたと思う。さすがですね。一緒にテストの採点をするシーンとか、もう最高。

主人公帝一と彼女の美美子ちゃんの服装がよい。特にデートシーンの。おそらく、ヴィヴィアンとかポールスミスとかだろうな….と思っていたら、やっぱりそうだった。

主題歌はクリープハイプの「イト」。

無意識で今まで通ってこなかったんですけど、いいすね。クリープハイプ。バンド名に意味がないのは驚き。

-本誌でのインタビューが初なので、まずはバンドについてお聞かせください。バンド名や個人名義に意味はあったりするんですか?
尾崎世界観(以下 尾崎):バンド名は映画の台詞とかでたまたまあったものを合わせたりして、そんなに意味はないですね。“世界観”ていう名前は、「世界観があるよね」って言われてもよく分からないじゃないですか、世界観て。その時は、適当によく分からないものを「世界観があるよね」って言っておけばいいのかなって解釈していた時期で。だからもうふざけて名前にしてみようって。そしたらそれが定着してしまった感じで。
クリープハイプ | Skream! インタビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

エンドロールの永野芽郁ちゃん、ひたすらかわいかったな…。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です