今年、劇場で唯一泣いた作品「湯を沸かすほどの熱い愛」。

今年、劇場で唯一泣いた作品「湯を沸かすほどの熱い愛」。

自分は普段あまり泣けないたちで、絶対泣ける!とか基本信じてないんですが、唯一にボロボロに泣いてしまった作品がこの「湯を沸かすほどの熱い愛」。

ちなみに自分は、泣ける映画の定番と呼ばれている「アイ・アム・サム」では全く泣けず、去年泣いた覚えがあるのは「アバウト・タイム」、初めて劇場で泣いたのは「A.I.」といった人間です。(いやぁ、懐かしきハーレイ・ジョエル・オスメントくん) まぁ自分の話はこんな感じで。

あらすじは下記の通り。

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。(filmarksより)


なぜここまで泣けたんだろう。。。
と、ぼんやりと考えていたのだけれど、おそらくこの作品では「悲しさ」で泣いていたわけではないからなんだな、と思いました。“死の悲しさ”ではなく、どちらかというと“生きる強さ”、その熱すぎる情熱に胸を打たれて泣いてしまっているからであると。

生きること、立ち向かうこと、ぶつかり合うことを決して諦めない主人公。会わずともネットでコミュニケーションが済んでしまう現代だからこそ、その姿勢が響いてしまう。いやぁ、もう一度観たくなってきた。

また、この作品のすごいところが、めちゃくちゃしっかりと伏線を回収しているところ。ミステリー作品かと思うくらい、きれーーーにまとまっているかつ、観客を迷わせる部分も用意しているところがなんというか、ズルい。笑 成立しすぎている。

その点、最近正反対だと思った作品は「デスノートの最新作」で、この作品は酷いくらいに伏線がなく突拍子もない展開をしていて、なんの面白みもなかった。というディスりはこれくらいに

ひとまずもう悩んでる時間もない(そろそろ上映が終わる気がする)ので、さっさと観てほしいです。ええ、観ましょう。みなさま。そしてできれば、レビューとか、(上に貼っちゃってるけど)予告とかは全く観ないで観てほしいです。はい。

ちなみに、DVD作品で泣いたのも一本のみ。それが下記。
遠い空の向こうに(原題:OCTOBER SKY)

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です