救いようのない「夢」と「現実」

救いようのない「夢」と「現実」 -ドリームホーム 99%を操る男たち-

観てきました。「ドリームホーム 99%を操る男たち」。久々の社会派サスペンス。2007~8年、連鎖的に世界を揺るがしたサブプライム・ローン問題とリーマン・ショック。100年に1度とも言われた金融パニックのなか、債務にあえぐ庶民が自宅を没収される現実という、かなり骨太な題材。

ちなみに題名にある”99%“とは、ノーベル賞受賞の経済学者・ジョセフ・E・スティグリッツの著書「世界の99%を貧困にする経済」の中で提唱した「世界の富の1/4をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」という説からの引用です。

幼い頃からの思い出がぎっしりとつまり、家族との絆を育んできた「家」を、強制的に奪われる現実。その過酷な実情は思わず目を背けたくなりました。そして、弱者に対する不正が繰り返され、腐敗した銀行が何も罰せられずにお金を稼ぎ、貧富の差はますます広がっていく。理不尽極まりなく、まさに救いようのない。

かつては家族を構成する起点として重要な役割を持っていた「家」も、本作では世界中をターゲットにできる、いわば”商品”。富裕層にとってそれは投資の対象であると。その点、主人公たちの家に対する考え方はまさに対極的。今回立ち退きを命じられたデニスにとっての家とは、たとえどんなに質素な家であっても、愛する息子を守れるという力を表す象徴であり、一方悪徳ブローカーのカーバーにとっては、利益を上げるために数カ月で売り払う箱でしかない。

自分も含め、ほとんどの人は家族と過ごしてきた生まれ育った我が家に対し、特別な感情を抱くはず。その家から突然に出ろと言われ(しかも2分で)、そして挙句の果てには”不法侵入”呼ばわりされるとしたら、人は簡単に豹変するでしょうね。また、差し押さえに抗議する裁判では、1つの裁判が60秒で終わる。それほど多くの庶民に被害があったと。

普段ニュースやデータを通し、数字としてしか見えていなかった実情をその過酷さに遭遇した人々にスポットを当て、かなり感情的に描いている点を考えると、社会派サスペンスというよりもむしろ、ヒューマン・ドラマ的な要素が強い作品でした。鑑賞後、思わず誰かと議論したくなる。

主演のアンドリュー・ガー・フィールド、マイケル・シャノンは、もう~素晴らしかった。(思わずスパイダーマンとゾッド将軍が頭の中で闘い始めましたが)今作主演のアンドリュー・ガー・フィールドは脚本を30ページほど読み終えたところで、デニス役を演じたいと熱望したとか。

そんなデニスが、家を差し押さえられた相手であるカーバーとともに働き、段々と理性を失いつつ金稼ぎのシステムに溺れていく光景はかなりの見ごたえです。デニスが最後に下した決断と、作品冒頭のカーバーが対照的なのも上手い演出でしたね。フランク・グリーンとの関わりがなかったら、デニスも死者を出すという一線を越え、カーバーと同じようにどこまででも溺れていったんだろうな。

最後に、マイケル・シャノン演じるカーバーの印象的なセリフを引用。

“アメリカは負け犬に手を差し伸べない。この欺瞞の国は、勝者の勝者による勝者のための国だ”
“ノアの方舟に乗れるのは100人にひとりだ。他は溺れ死ぬ”


関連するのはこちらとか。

Pocket

救いようのない「夢」と「現実」 -ドリームホーム 99%を操る男たち-」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 最近観た映画のふりかえり。 | つわものどもがゆめのあと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です