カテゴリー別アーカイブ: 動画

三月のプリズム

去年くらいに知ったbonobos。(”ボノボ”と読みます)

(最初ボノボスって読んじゃうのめちゃわかりますので、言ってる人がいたら優しく教えてあげてください)

きっかけはこちらの曲でした。秋の夜長に聴きたくなる一曲。
>> bonobosの「Cruisin’ Cruisin’」にずっとどハマりしている。|つわものどもがゆめのあと


他の曲も聴いてみようといくつか漁っていた中、ああ、これはすごい。と思ったのがこの曲。

その名も「三月のプリズム」。

時間の速すぎる流れにも意味があるというのか
想い出もぶっちぎるほどに速く訪れる、無遠慮な未来にさえ

わたしたちは歌おう、悲しみにドッコイセェと土を盛り
そして、千年の一瞬を狂った渚にまっさらなあかりをつけよう 今

歌詞を見てもわかる通り、3.11を踏まえて作られてるんですね。上記MVの舞台も福島県。
>> bonobos 三月のプリズム 歌詞

どれだけ長い文章より、5分程度の音楽の方が刺さるというか、それ以上に音楽でしか表せないものってあるんだな、と思いました。なんというか、筆舌に尽くしがたい。とても文章では追いつかない感情を抱いています。これは圧倒的。

それぞれの日常が一定に続いていくという当たり前を、一瞬に覆した大震災。風化は進むものの、傷跡は今でも消えない。しかし、いつまでもくよくよばかりしていられない。だって、日々はこれからも続くから。

では、どう生きるのか。

という問いに対する答えを、「ありがとう」という感謝と、希望を持ち続けるという姿勢で示していることにあっぱれだなと。(実体験がない立場からの表現が相当ナイーブで難しい中で)

また、津波という出来事の刹那性と、(このPVのような)何気ない日常の喜びが続いていけばいいという永遠の両方に想いを馳せている、そのなんとも言えないバランスと、メロディ、歌声の温かさに心掴まれる。

この曲のリリースが震災から3年のこと。そして、今年でもう6年。

曲を知り、震災自体を思い出すのはもちろんのこと、あっという間に過ぎ行く日々の尊さを忘れないようにしなきゃなと。

Pocket

私的”夜道を歩きながら聴きたい邦楽”を20曲選んでみた。

25歳の4月に自分がどんな曲にハマっていたのか。

というのを(例えば)30歳になった時に振り返って、ノスタルジーを感じるためにも、まとめてみたいなと。

(youtubeにないものは省きます。サカナクションのmellowとかも入れたかった)

この曲は夜だよなぁ…と思える曲ないしは、夜道を歩く際に聴きたい曲が個人的には好き。落ち着くんだよなぁ。


七尾旅人 – サーカスナイト


orange pekoe – やわらかな夜


iri – ナイトグルーヴ


サカナクション – 聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに


indigo la End – 夏夜のマジック


Suchmos – BODY


Awesome City Club – 青春の胸騒ぎ


おかもとえみ -『HIT NUMBER – EVISBEATSとPUNCH REMIX』


EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY – 夜風に吹かれて


キリンジ – エイリアンズ


フレンズ – 夜にダンス


Avec Avec – おしえて


cero – Summer Soul


Yogee New Waves – CLIMAX NIGHT


cero – Orphans


bonobos – Cruisin’ Cruisin’


ペトロールズ – 雨


SHISHAMO – 熱帯夜


LUCKY TAPES – MOON


きのこ帝国 – クロノスタシス

Pocket

LINE MOBILEのセンスの良さを褒めたたえたい。

最近、好きなCMが多い。たとえば下記とか。

» dTVのふたりが素敵すぎる。|つわものどもがゆめのあと
» paymoの広告が映像も音楽(おかもとえみ)も良すぎて、これはやられた感。|つわものどもがゆめのあと
» 受験生を応援するカロリーメイトのCMがとっても素敵。|つわものどもがゆめのあと

今回はこちら。LINE MOBILE新CM「愛と革新。(デビュー)編」

のん(能年玲奈ちゃん)の表情、そして一言も喋らず(どこか喋りたそうだけど喋らないでいる感じもする)、ただこちらを見つめるという透き通った佇まいがよいし、背景と着用する服装(白シャツ)に爽やかさを感じる。

そして、なんといってもキリンジ「エイリアンズ」を選んだセンスに脱帽。

2000年にリリースした楽曲を持ってくること自体、作品に対する強い思い入れを感じるし、今回のCMとも不思議とものすごくマッチしていると思う。

この曲の歌詞は明確な意味を示していない点、情景を想像させる面白さがあって解釈が割れそうなところ。

» キリンジ「エイリアンズ」/ 歌詞タイム

今回のCMを通して「キリンジ」を知ったという方も多いと思いますが、この曲の頃は、兄弟二人組で「キリンジ」として活動していたものの、2013年に弟(ボーカル担当)が脱退。

今は6人組バンド「KIRINJI」として活動しています。

脱退の経緯などは下記あたりを参照していただくとよいかと。

» 一度ハマると抜け出せないキリンジのサウンドがハイセンスな件 – NAVERまとめ

KIRINJIのオフィシャルサイトはこちら。 » KIRINJI – NATURAL FOUNDATION LLC

いやぁ、一度でいいから生の「エイリアンズ」を聴いてみたかったな。

多くのアーティストにカバーされている点、やはり名曲である所以ですかね。

* 秦基博

* Goose house

* 星野源

Pocket