カテゴリー別アーカイブ: メモ

ウコンの力は飲んだ後でも効果があるらしい。

というお話。これからの新年会に役立つんじゃないかと思い、シェア。

ウコンの力のような飲んべえのあなたを助ける系ドリンクって、貰ったはいいものの飲むのを忘れて、忘れちった…的な感じになるドリンクの代表格だと思うんですが、(自分調べ)(だって、飲む前に飲む!って言いまくってますしね)

会社の後輩曰く、ウコンの力は飲んだ後に飲んでも効果があるらしいですね。

まず、どうしてウコンってよいんだっけ?というお話。
それは、ウコンに入っている「クルクミン」という成分に肝機能強化胆汁分泌促進効果があるから。

では、酒が入ってなぜ気持ち悪くなるのかというメカニズムは下記。
アルコールは腸で吸収されたら、一部は肝臓を通して血中に入り、脳関門をすり抜けて脳内に入り脳を麻痺させる=(酔っ払い)。しかし、アルコールは肝臓にとっては毒物と認識されるため、代謝分解が始まり、アセトアルデヒド(こいつが悪者らしい)に、さらに代謝分解されて最終的には水と炭酸ガスに分解される。

アセトアルデヒドは人体にとっては毒なため、分解が進まないと頭痛、吐き気、倦怠感など二日酔い特有の症状に悩まされることになるらしいです。ほう。

ウコンの力の働きとしては、そのアセトアルデヒドをクルクミンさんが分解してくれるんですね。
で、そのクルクミンさんの効果は実際のところ飲む前でも、飲む後でもあるそうです。

基本的にどちらでもいいと思いますが、アルコールが肝臓で分解される時にできるアセトアルデヒドをウコンのクルクミンによって通常の1.5倍に分解促進すると言われているので、お酒を飲む前に「ウコンの力」を飲むと普段よりも酔わずに多くのお酒を飲めてしまうこともあるため、結局ウコンの力のパワーも及ばず、多量の飲酒により二日酔いになってしまうということもあります。
とりあえずお酒を飲む前にウコンを飲んでおいて、飲みすぎたかなぁと思ったらお酒を飲んだ後にも飲む。ウコンの力ってお酒を飲む前と後どっちがいいんですか?? – Yahoo!知恵袋

上記ベストアンサーだと、飲む前後どちらも進めてるんすね。確かにそれが一番な効くか。

ちなみに、お酒にはコーヒーもいいらしいです。

アルコールにより肝機能が悪くなるのを、コーヒーが抑える お酒の後はコーヒー!?肝機能、痛風にも効果あり – 日経Gooday

飲んだ後に必ずドトールに行きたがるおしゃれな友人がいるんですが、その理由が実に合理的だったとは。いやぁ、おしゃれ。

Pocket

初の実験対象はサツマイモで、焼芋となったという。

1944年(昭和19年)、大日本帝国海軍は海軍技術研究所と島田実験所(現島田理化工業の前身)にてマイクロ波を照射して航空機などを遠隔攻撃するための研究をおこなっていた。初の実験対象はサツマイモで、焼芋となったという。

上記は「電子レンジ」のWikipediaから引用。可愛らしいと思ったのでメモ。

どうやら、ポケットに入れたチョコバーが溶けていたことから、仕組みを着想したらしい。偶然に乾杯。

Pocket

小説の一行目

せっかくのGWだから、やりたいことをやる。という意気込みで久々のブログ更新。
面白い本を見つけた。

昭和十年から平成十八年上半期までの、芥川賞・直木賞全受賞作品300作品の冒頭一行目がただただ書かれているというもの。

なんとなく琴線に触れたもの(いや、そこまではいかないけど、気になったもの)をメモ。

青白い夜が波のように寄せてはかえしている。

「しゃっくりが止まら、ないんだ」

ぼくは時々、世界中の電話という電話は、みんな母親という女性たちのお膝の上かなんかにのっているのじゃないかと思うことがある。

真っ赤な嘘というけれど。

さびしさは鳴る。

その疑いは、男がサラダに手をつけ始めた時からすでに生じていた。

「異議なし」

積もるほどではないが、やみそうにない。

「まるで馬鹿馬だ。」

知らないひとに、どこか愉快な場所の話をするときには、いきなり扉を開けてその場所の中身をみせちゃだめだ。

眼を開くと、闇はいっそう深かった。

私って、いったいいつまで私のまんまなんだろう。

ビニールシートが風に舞う。

それぞれの一行目がどの作品のものかの記載はあり。
気になった方、作家が作品の一行目にかける熱量を感じたい方は是非に。

Pocket