みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?

ああ、いい本だな。と思ったので、少し紹介。

働き方研究家の西村佳哲さんの著書。奈良の図書館で開催された「自分の仕事」について考えるフォーラム。そこで行われた8名のゲストとの対談を掲載。

西村さんの本でいうと、下記文章が印象的。

ところで、私たちが会社から仕事を買っているとしたら、そこで支払っている対価はなんだろう。それは「時間」である。そして時間とは、私たちの「いのち」そのものである。

実は自分はこの言葉がキッカケに、大学で「仕事論」を学び始めたということもあったり。確かこの本

今回紹介する本作でも、思わずハッとさせられる一節が多い。ので、記録的にご紹介。

1.誰に向いて働くんだっけ?というお話

…売上げを何十億と増やしていくより、うちのような規模のところが増えたらいいと思っています。そうしたらマーケットが広がるますよね。世界のフェアトレード業界の趨勢は、最近は拡大志向です。普通の企業のように力をつけようとしている。でも大きくなると組織は腐敗していく。最初の目的がおかしくなって、生き残ることが目的のようになってしまう。私たちは「生産者が北極星だ」ってよく言うんです。判断に迷った時は、常に生産者を見ましょうって。彼らにとって良いか悪いか。それも目の前のことではなく、5年後、10年後にどうだろうって。…

2.まずは3年続けろ?というお話

…子どもの頃から本が大好きで、就職の面接でも「編集者になりたい」と言っていて。「君、編集の仕事をわかってんの?」って副社長に質問されて、「いやわかってないです」と答えたのを憶えている。本当にわかってなかった。
 でも始めてみたらめちゃめちゃ楽しい。文章を読んで、その書き手に共感して、一緒に本を作りたいと手紙を書いて、意気投合する瞬間があって。そして、最初の打合せの時には想像もできなかったものが形になることが結構ある。働きながら、「僕は日本一楽しい仕事をしている!」っていう思いが、いきなりガーンときていました。
 人が3年かかると言うところを1年でと、土日も返上して仕事に燃えていた。けどある日、「最近旅してない」って気づいたんです。
 僕は学生の頃から旅が好きで、就職の直前も一ヶ月くらい中国を放浪していた。会社に入った後もその旅から戻った勢いのまま働いて、何冊も本をつくって、いくつかは話題になったり売れてもいたけれど、自分がどんどん社会化されてゆく感覚が一方にあって。
 売れるとか売れないとかそういうことより、本気で「面白い」と思うことや、内側から湧き出てくるものを追求しなけりゃ。無休で働いてはいるけど動いてないな・・・と思った瞬間、辞めたんです。辞表には「世界進出のため」って書いて。…

3.お金と関係性のお話

…言い訳としては、「お金が要る」とか「行き先はどうするんだ」とか。考えるといろいろ出てくるので、「もうちょい先だな」って。でも要するに腹が決まってなかったんですよ。
 次の建国記念日にしようって。お金はなかったけど、ないから出来る旅もあるなって考え方が変わって。お金ない方が僕らしい旅ができるんじゃないかなと。
 ヤップ島以来、お金のことを考えていたんです。お金ってけっこう関係性を切るんじゃないかって。お金があれば、誰に会わなくても、口もきかなくても旅が出来る。払えば泊めてもらえるし、電車にもバスにも乗れるし、別に何のコミュニケーションも要らないじゃないですか。僕は人間弱いですから、お金があったらそういう楽な方を選ぶんじゃないか。逆にお金がなかったら、いちいち人と関わることになる。それは今の自分に必要なことでもあるなと思って。実際なかった。部屋の敷金が返ってきて、それが所持金のほとんどでした。…

4.首都圏からは見えない東京のお話

…日々農産物を収穫しながら、「つくった米を盛る器も自分で作らないと」って、登り窯をこしらえて焼いてたり。最近は富山大学の研究室と一緒に山の水を活かした小水力発電の実験もしていて、電気自動車を走らせていたり。彼らを見ていると、限界どころか希望しか見えなかった。
 奥さんと話していた時、彼女にボソッと「東京こそが限界だと思うのよね」って言われて。言い返せないというか、グサッと刺さって。
 地域活性化ってよく言うけれど、多くの場合、どうやって経済を回すかという話になりがちですよね。でもお金が回って、人が多くなって、ヒト・モノ・カネが揃えば活性化するなら、そのモデルは東京になります。その東京で本当にみんな幸せに生きているのかっていうと、いや、いると思いますけど、東京で豊かに暮らせている人たちは結構お金のある人たちだと思う。
…今、水俣は国内有数の環境モデル都市で、世界的にも有名で。公害問題が深刻化した当時は、住んでいた人たちも「水俣」っていうアイデンティティを消したくて、街から出れる人たちはみんな余所へ移ってしまったり、人々の多くが地域と向かい合っていなかった。けど今は”環境”というキーワードで、新しいつながりが生まれている。無農薬のお茶をつくっているとか、無添加の海産物をつくっているとか、そういう人たちが集まっていて。会う人会う人が、みんな輝きを放っていたんです。
 希望を見ようとした瞬間に、絶望さえ希望に変わって、一人の人間が変わって、それが周囲も変えていって。そんな姿を見ていると、限界っていうのは物理的な条件のことじゃあないなって。…
…僕は今まで、「あれがあったら幸せになれるのに」とか「お金があったらいい暮らしができる」とか、そういう考え方を繰り返してきた感じがする。肩書きや職業のようなものも含めて。
 でも彼らは、なにかによって幸せになろうとしてないんですよね。この世界で生きていくって、腹が決まっているんですよ。そこで生きてゆかなければならない。ということを受け入れて、その上でいかに良い人生を送るかっていう覚悟が感じられて。僕が訪ねた地域には、そういう人が多かった。彼らはないものねだりをしていない。そして誰によって「限界」と決められることもなく、その状況の中で、思い思いに生きている。それでいいんじゃないかって。…

5.教育ってどうあるべきだっけ?というお話

…そして経済軸の判断は、どんどんプロセスを省略する方へいく。効率のいい方へ仕事の中味がショートカットされていって、その極端な形が「お金をお金で買う」ビジネスです。会社買うたりね。汗をかく必要がない。
 それは人間を、それも若者や子どもを損なっていく致命的な考え方だと思うんですよ。「こういう勉強して何になんねん?」みたいなことを言う。消費と同じ要領で、教育にコストパフォーマンスを求めている。でも本来、学ぶということは、自分が何をわかっていないかもわかっていないわけです。その初めの時点で「何になんねん?」なんて問いを立てていたら、何にもならへんだろうし、誰にも学ぶ必要ないじゃないですか。…

その他にも、なるほど。と思わせられることが多い一冊。

今の仕事をどうしようか。と考えている自分には割と刺さったな。

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です