“表情って それだけでギフトだ”

というコピー、そして、その着眼点素敵だなーと。(出演する女優陣がこれまた豪華なこと)

その名も「資生堂 表情プロジェクト」。

表情豊かに生活してる人って、”美”ですよね、と。

しかしながら、意思とは反して増え邪魔をする(特に)女性の難敵である、”しわ”。

そんな中、そもそも表情って?しわって?といった根本に立ち返り、自社商品をやわらかくPRするものだそう。(と認識した)

生き方、想い、愛。
「表情」は、内なる輝きがあふれ出る、
何よりも美しいものです。
しかし大人になるにつれ、いつしか本来の
自由な表情をためらうことが増えていく。
その理由のひとつに、表情と「しわ」の
関わりがあると、資生堂は考えました。
しわは決して悪いものではない。
でも豊かな表情をしばりつけているのなら
なんとかしたい。
その想いを胸に2017年、資生堂は有効成分・
純粋レチノールにより、「しわを改善する」
効能効果の承認を、日本で初めて取得しました。
思いきり笑った顔はもちろん、
感動の涙を流す顔も、
愛情を持ってきちんと怒る顔も。
日常の些細なことにさえ、
素直に驚く、真剣に悩む、夢中でのめり込む。
そのすべての表情は愛にあふれています。
だからそれは、まわりの人との関係を
より素敵なものにできる、
世の中全体まで明るくできる。
表情の持つそんな大きな力を、
「しわを改善する」という
新しい価値のあるスキンケア商品を
さまざまなブランドから
送り出すことで応援していく。
(表情プロジェクトとは)

しわは人生の積み重ね。だと思っているので、それ自体を肯定して生きていく、つまりは年齢を理解し、受け止めた上でしっかりと人生を歩む=美だと思っている派ではあるんですが、(お前は男だし若いからだと言われそう)

やはり人間、特に女性である以上は、美しくなりたいという欲求があるもの(だろうし)、改善(小さなものも含め)で人生が豊かになる、そのキッカケとなる自信が持てるっていいですよね。

(とはいえ、こういう人生歩みませんか?こういうの憧れますよね?という世の基準を半ばラグジュアリーに訴えかけて、経済を回そうとするマスメディアが、ほとほと嫌い)

という話はさておき、(なかなかに脱線しましたが、)表情を”ギフト”と捉えたのは、とっても素敵だな、と思いました。

プレゼントの胸が高鳴るシーンにおいて、果たして贈り物をする意味とは?を考えた結果、導かれたものなのかな。

タイトルコピーの全文は下記の通り。プロジェクトのPRコンセプト自体、クリスマスと掛けてるんですね。お見事。

今年も、特別な季節がやってきた。調べて、
悩んで、吟味して。私たちはどうして、
プレゼントを贈り合うのだろう。それは
きっと、大切な人が喜んでくれる、その
表情をもらうためなんだと思うのです。

表情って それだけでギフトだ

>> 資生堂 表情プロジェクト

すんごい細かいけど、検索タブのアイコン画像が5秒ずつくらいに切り替わるの仕様にはちょっと笑った。

sisheido

ずっとニコちゃん表示でもええやん、と思うけれど、資生堂もこういった細部をいじるアソビココロを持った企業なんだなぁ、いいと思う。(イケてるかはさておき)

関連するのはこちらとか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です