わたくしのこと

* 書いている人 は

映画と音楽とおいしいものがあれば満足な社会人です。
書きたいことを書きたいように書きますので、どうか、お手柔らかに。

これまでのことは下記をご参照くださいませ。

幼稚園

入園式で一人だけ大泣き。人に注目されるのが嫌いな少年でした。(その点、姉貴は机の上に乗って鼻くそをほじっていたとのことなので、正反対な性格みたいです)ピアノ・サッカーをはじめ、中学入学まで続けることになります。

小学校

勉強も割とでき、やってきたサッカー効果なのか(?)運動もできる。しかしながら、母親と給食のごはんがおいしすぎてデブ化。いわゆる「動けるデブ」で、イケてる男子勢からのイジリの恰好の的だったからか、引っ込み思案な性格でした。

中学校

入学とともにバスケ部に入学。過酷な練習量に比例するかのようにどんどん痩せました。その結果、第一次モテキを迎えます(もどりたい)。バスケ部部長、生徒会副会長、合唱コンクール実行委員長、体育祭主将など、ありとあらゆるものを歴任し、学年テストでは常に2位(いやぁ、もどりたい vol.2)。目立っていた分、後輩などと対立してしまう、やんちゃな時代でした。

高校

校則が厳しすぎる進学校に入学。中学でのやんちゃな自分を反省し、少し大人なキャラを演じていたものの、自分のアイデンティティに迷い、スクールカースト要素ぷんぷんのクラスにもなじめず、一匹オオカミでした。この時代の友達というと、本当に数えるくらいしかいません。人のことを気にしすぎないようになったのは、高校時代の経験が大きかった気がします。

浪人

大学受験に失敗し、一年間の予備校通い。毎日池袋に通い、ラーメンを食べる日々でした。両親に対する申し訳なさを感じることも多々ありましたが、最も自然体でいれた分、友人にも恵まれて割と楽しかったですね。ラーメン休憩がよい息抜きになったのか、結果、志望校に合格。

大学

慶應SFCに入学。浪人生がちょっと大人びて見える現象(=いわゆる浪人モテ)で、第二次モテキ(いやーーー、もどりたい)が訪れました。(まずい、あと1回しか残ってない)しかし、浪人で真面目路線まっしぐらだったからか、ちょっとネジが外れていたのか、ことごとく女性を振るという稀有な経験をしています(はい、めっちゃ後悔してます)。「AIESEC」という学生をインターン生として海外企業に派遣する活動や、学生団体立ち上げ、ビジコン優勝、インタビューサイト立ち上げ失敗・・・などと、興味のあることはとことん手を出す4年間。マーケティングに関心を持ち、インターンを始めたことで、ほとんどキャンパスには行ってませんでした。

アドタイに載りました。

社会人
詳しくはWantedlyをご覧くださいませ。

お仕事ください

副業OKなのでもし何かございましたら、ぜひに、、、!

クラウドワークスにも登録しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です